四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
陽のあるうちに水場まわりの正月飾りを降ろして、伊勢のお正月の
区切りをひとつ、終えた。暗くなってから、自称「我が家の料理長」は、お好み焼きに挑戦した。で、ようやく「プロレベル」の焼き上がりに大満足するに至った!!苦節57年??帰還した家族から、大阪の美味しそうな臭いがする?と「大賛辞」もくれた。実は主な材料もソースもレシピもメイドバイ「おたふく」なのであった。もっと早く出会いたかった(笑)これには少し、布石があって、最初は美味しい「たこやき」が、喰いたい!から始まった。これはすでに、子供の頃から、専門店に入り浸って、全てを習得?していた?次に取材で出会った「美味しい」焼きそばに続いた。それまでの焼きそばとの出会いは、良いものが無く。強いて、食す「メニュー」ではなかった。ところが、3年前に富士宮市で、本物に出会い、レシピもインプットされ、考えが払拭された。

で、お好み焼きだけが、外食を越える「食感」に至らずに居た。ところが、本日?おたふくのレシピに忠実に臨んだら?納得の領域に到達したんであります!!感激!!

で、くしくも。スイッチを入れたTVでは、ジロデイタリアにつづき、ツールドフランスの総集編が、連続放映で、その間。5枚もお好み焼きを喰った。喉の渇きをミネラルウォーター、赤ワイン、そうけんび茶で、潤し?さすがに「途中」の何区間かは「睡眠」の彼方で、記憶無く。全ステージ「完走」ならず。

ただし。お好み焼きが、最高ランクのできばえで、さらに世界最高峰の自転車レースをTV観戦なんて、これも最高の「ひととき」で、伊勢での正月は、めでたしめでたし。締めくくられるので有りました?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-10 21:54