四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
窓からは、伊勢~志摩線が見える。正月以上に交通渋滞を起こしている。
3時間遅れの昼飯を喰って「身内」が、約1名?ぶりぶりいって「出勤」していった。約、1kmを観光客の流れに「逆走」して、車を走らせないといけない。まともなコースをとると、一時間では、済まない。このままでは「伊勢」の評判はますます「悪くなる」一方で、先ず、リピーターは、望めない。それでも「観光客」はどっと押し寄せてるんで、今のうちに「手」を打っとかないと?波が引き始めたら、止まらないだろう?歴史は繰り返すってことだ?

ところで、Nikkor/PC24なんだけれど。とんでもない「性能」を秘めていた!あと、45、85とラインナップがあって、一本30万円なり。この高額なレンズなんだけれど。十二分に金額に見合うだけの「ポテンシャル」を秘めている。重ねてくどい表現になったが、まだ見たことの無い「世界」へ誘ってくれる(笑)一言で言うならば?あおり撮影自由自在!?24は超広角のパフォーマンスを使いきると、最短撮影距離から無限遠まで、カリカリにピントが合うんである!その逆の光景もまた、自転車のコマーシャルフォトから料理写真まで、スペシャルに演出してくれる!

実は「学術的」な撮影で、導入したら?すべての「ジャンル」の全ての「シーン」で、撮りたくなって、今。まさにハマッテしまい「現在進行形」(笑)Canonも2本、使いきったが?Nikkorに軍配は上がった!

ストレスフリーで、限りなく100%に近く「アート」した「イメージ」が「思うがままに」連写され続ける!これは快感である!感性を揺さぶってくれるのならば?基本的には「メーカー」は、問わない(笑)

デジカメプラス。今、非常に興味がある機材があって、パナソニックのAVCHDメモリーカードカメラレコーダーAG-AF105、である。新時代の扉は、おもしろい「方向」へと、開かれてきた?VTRもあせらずに「導入」せずに良かった?ただし、これもまた「使いきって」なんぼ!映像作家「新時代」へのアタックにもってこいの機材が、リリースされてきた!表現無限?いいじゃないか!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-23 16:50