四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
(続)Nikkor 200-500 F5.6 モノ語り !
撮影環境から、もの申せば?モータースポーツの現場には「究極」のエッセンスが、凝縮されている!で、このズームレンズ。¥100万円なりの「値」がついても、納得するレベルのハイポテンシャルを無限に秘めていて。それは、正直言うと200−400f4よりも好感触を究極のシーンで、発揮したからである。で、実際の価格が、十数万円也であるから、ニコンの本気は相当な覚悟であるに違いない!

先ず、高速で走り去るマシーンを的確に追従するAFと手ブレ補正の決定力はまさに感動的な瞬間を演出した!あえて云うならば、F5.6でのフレーミング、レンズの長さ、バランス、重量を完璧に使いこなす「スキル」が、このレンズを100%使いこなす為の最低条件にはなるが。

で、肝心の描写であるが。晩秋の傾きかけた太陽の下で、マシーンの塗装のカラーリングを滑らかに艶かしく色彩を乗せたダケで無く、グラデーションを美しく魅せた!ハイライトからシャドウを「光と影」の演出をものの見事に演じきった!



b0169522_20574090.jpg




官能的でさえ有ると「感動」したのが、スローシャッターでのコーナリングとストレートの流し撮りにあった。それは意図した「効果」以上の感動的な仕上がりに久々に満足した至福の「ひととき」をアート!



b0169522_211353.jpg
b0169522_2111730.jpg




最も「賞賛」されるべきは、すべてが「手持ち撮影」で、なせる技であることであった。このスポーツシーンで味わった驚愕の驚きを。野生圏、いきものたちや四季自然、二十四節気の風景でもはやく「味わいたい!」・・・。そう、まったく違う、別ものの「表現力」を手にすることとなった!

Nikon に「感謝!」である・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-10-26 21:09