四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
嘘のように「鼻水」が止まった!ランチタイム「王将」で昼食。夕飯、王将で「テイクアウト」の餃子!
きっとこれだ!Nikon D5 も64GBレキサーで武装した!世間ではXQDの速さを絶賛してはいるが、速さだけの話題で「中身」が無い?(笑)。要は自信をたっぷり持って世の中に「傑作」を何枚リリース出来たかの方が断然重要である。撮影時の速さは小生に取って「意味」を持たない。確実にじっくりと、となると信頼の持てるCFで、勝負は十二分に出来ている!

風景の中から、ベストアングルを拾い出すのに速さは邪魔でさえある場合がある。ただし、パソコン上の作業では「速さ」が絶対であるところが「矛盾」の最たる悩ましさで。う〜ん答えられねえ〜(笑)。で、ストックフォトのワークフローを全開で突っ走る為に4TBの外付けHDを2連装で組んだ!これでも足りないのは判ってはいるが。独り身なんで、作業はこれくらいの方がと「限界」を感じている・・・。

で、桜桜と騒いでいたが。新世界の風景と出会い!桜は毎年咲くからと。それに強力ライトを新調して、遥か「先」を満月の明るさ以上で「照射」する「武器」を手にして。LEDライティング3連装になり「大自然界」をスタジオライティングでアート出来るまでになった!600 F4 手持ち撮影の「妙」が見たこともないこれも「新世界」を叩き出す!

何十年も使ってきた500はアングル的に物足りなさも感じ始めていた。で、「飽きた?」・・・。200−500があるんで断然こっちの方がアングルのバリエーションは多彩だ!それもこれもNikon D5 のなせる技のおかげである(感謝!)。で、70-200 F4 が「超軽量」で「超描写!」であり、スナップの守護神となった!最短撮影距離に不満があった F 2.8 のウイークポイントを一蹴させたと言って良い。

風景写真はこれに「超広角レンズ」のコラボレーションで「二十四節気」が「完結」に向かって歩む・・・。

ただし、週末は「鈴鹿サーキット」で「瞬間」の「描写」の「技」を磨く!








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-31 22:25