四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
快晴の太陽では無く。薄曇りの曇天の雨のと「柔らかい」時に「光浅き」。光線状態の「妙」を今シーズンは、
楽しんでいる。それはデジタルカメラの独特の「描写」「表現力」のおかげであり、その進化に感謝の気持ちでいっぱいである。で、見たことのない「新世界」が撮るたびに「すべて」がそう、新世界の小宇宙なのであるから楽しい。そこに感動感激の連続でメインは200−500となって、久しい。このレンズ「描写」「解像感」「色のり」は定評のあるところだが。小生にとっての「いちばん」は「手持ち撮影」に特化して「結果」が最高なんである。解放F値も「絶妙」の設計になっていて「これも」最高の結果をもたらしてくれている。

で、本日は曇天の桜開花を「やっと」。地元に戻れて、五十鈴川界隈を点描できた!この描写もくどい話だが(笑)「素晴らしい!」の一語の尽きる!今までの「デジカメ」は一体何だったんだろうかと云うくらいの違いで出ている。

明日は「嵐?」らしいんで。部屋のこもって?パソコン?かな?・・・(笑)。












[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-04-10 19:30