四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
デジタル最前線にリリースされてくるレンズの進化が止まらない!東京オリンピックに向かって
日本の威信をかけてるんだろうか。その切れ味は感性を刺激して興奮をマックスに押し上げる!静止画と動画。この表現にも慣れた!ワンタッチツウタッチで表現を切り替えられる時代に生きている悦びを堪能させてもらっている!これでもかって速度で4Kから8KとかへTV画面の描写をアナウンスしてきているが、現実離れの感もあって。人の目に近い感動を超えても意味がない。とも、思う今日この頃・・・(笑)。

伊勢ー伊勢志摩ー東紀州ー強いては紀伊半島。

四季自然の風景、歴史。そして、味覚・・・。二十四節気で表現する人間の感性のルーツは感謝と稲作で育まれた長い時間の中での人づくり。やがて、エネルギーがマックスで降り注ぐ「猛暑」の後で「収穫」の「ひととき」が来るが、台風が人の心のおごりとか感謝の心を失いかけようとするときに「何かを」戒める・・・。

すべての天候に撮影機材を向ける。その先に見えてくる「世界」がある。サボったり、手を抜いていると永遠に「見えてこない」。人生に唯一「無駄」があるとするならば?そこかな?持って生まれた力を振り絞るには年齢を取りすぎたと「言い訳」も並べ始めた「きょうこのごろ」。いや、これではいかん・・・。

(笑)・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-07-11 10:04