四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
日本には素晴らしい季節の巡りがある。四季彩、二十四の季節がある・・・性懲りも無く野山を
Tシャツ、短パン、ローソックスにサンダルの出で立ちで。足首にチクリときて、かゆみが襲う!針で刺された感じなんで、ヘビではないが痒さが厄介である。それでもお気に入りのアングルになるまで草むらをゴソゴソとやる。まさに餌になっている感がある(笑)。で、気づいたことがある?短パンがずれ落ちてくる感触があって、ご飯おかわりの業を差し控えて、5年の歳月の賜物であろう?なんで、こんなシチエーションでやってくるのか?

短パンを時折、腰骨の上までたくし上げて再度、アングルを拾う「無駄」をやってたけれど。被写体は逃げず?

彼岸花をと思い、故郷散歩に出たが。以外と咲いてない・・・ただし、いつもの場所に「白い」のが三つ。今年も咲いていた!アマガエルが茎にとまっていて、アクセントになった。買い物がてらの散歩がてらで、出会ってたっぷりモデルになってもらって「意気揚々」の満足感を感じながら小一時間「買い物」をして、白い花のところへ戻ったら。まだアマガエルが居て、今度は場所を変えて掴まっていた。

まだ居たのか?と、声をかけ撮影に入る。夕陽が最後のひと光の頃で、素晴らしい光線状態になった!手には一枚5円なりのレジ袋に紙パック2Lの牛乳に同じく野菜ジュース、惣菜1パックが重い。こんな光に出合うとは思いもよらず、楽しめた。

日が落ちて大粒の雨になる。涼しい夜である・・・








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-09-21 01:20