四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
昼夜逆転は「通常勤務」のローテーションなんで、快適にデスクに向かっている?
もっとも国内移動なんで、時差ぼけと比べれば?「屁」でもない!(いや、失礼!)。この頃とみに思うのが、デジカメの飛躍的な「描写」に感嘆する日々である!一世代前と比較して、雲泥の差で。仕事では使えなくなる!この辺がフィルムとは?とついつい、考える・・・。大判なんて、何十年も付き合えるのである!どーも、複雑な「きょうこのごろ」であります・・・。まことに勝手な話であります・・・。

四季折々、二十四節気の「旅」も結構な年数を重ねて、還暦を越え。観る目も肥えて来たと「自画自賛」の「自己満足」の「わがまま」の「言いたい、やりたい放題」の「今」である(笑)。もう、「FAX」の役目を終了させた話は前にも書いたが、大元の電話も年明けには撤去する。幼少の頃、電話を引いた我が家が自慢したいほどの感動に喜び!携帯電話ではステイタスを感じ!「今」、スマホである!先に書いたフィルム。革命的なデジタルへの変換!

凄まじい時代にプロフェッショナルで活動できた「幸運!」で感謝感激!ただ、時代はもっと面白くなる!人間がそうさせる!半世紀にも及ぶ過酷で厳しいプロフェッショナルとしてなんなんと長い長いアナログ時代の経験、体験が「今」ワンタッチで叶うのである!夢のまた、夢の中に居る!最高のポジションである!

思えば?中学生の頃、親に無理を言って買ってもらった6cm屈折天体望遠鏡が「ルーツ」である!天文ガイド、天体と気象なる月刊誌への投稿で「謝礼」を貰って、掲載の喜びが「勘違い?」のプロへの始まりで。自転車雑誌への投稿もしかり(笑)。これで、プロになって、毎日「写真と文」でと「思う」ようになった。と、ここで「告白」をする!

だから、集大成の「ストックフォト」を成功させる「義務」と「覚悟」と「本気」がある!と、テンションがハイになった頃合いで「消灯!」・・・

PS.
「今」、娘を中心に買ってもらった反射式天体望遠鏡が床の間に飾られている!(涙)・・・。

















[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-12-21 03:50