四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2017年 04月 06日 ( 2 )
北日本、遥か。洋上の高気圧が大きくてさらに意外と居座っていて。絶妙な気圧配置を演出している。
で、予報も外れて?雨が無く、晴れ間から薄日へと移行する中で、これも絶妙な光線で、デジタルカメラにはうってつけの好条件が続き。夕刻、暗がり迫る時間帯に雨になり、桜の花びらについた滴(しずく)が生命感たっぷりの瑞々しさ!そして、風情を巧みに変化させてバリエーションを残せて。思わずのガッツポーズにニヤリと一人ほくそ笑む。桜の花はなかなかジャストミートが難しい。やったーとそのときは思うんだけれど。慢心に過ぎず・・・。宿題だけが残される「毎年」の繰り返しの学習能力ゼロ?

ところが、人生初!毎日ジャストミートを繰り返し?今年は何故か何かが違う?一日2カ所に最高でも絞っているのが「幸い」してるんだろうか?ただし、その移動での間にロケハンを組み込んでいて。撮影の「旬」を見極める。これが効いている。明日移行は予報通りの「雨」で「恵みの雨」となるんだろうか?週末前後まで崩れるらしいが?

歯の治療、家族サービスを挟んでの?四季自然風景写真家の思惑をどれだけ「完結」させられるのか?今年はお後、3か所の桜開花を撮影できれば?予定完了である。知られざる場所で知られざる「旬」を迎えていて、地元の人の安らぎの場所になっている「絶景」が存在する。素晴らしき日本!美しき日本!伝えたい日本!が、そこにはある。

ただし。相変わらずの「春眠暁を覚えず」現在進行形・・・。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-04-06 22:14
桜、開花!花曇り朝霞雨上がり!日本の四季の絶景!足元の野草をマクロレンズでクローズアップして、
中遠景をバックに前景を浮かび上がらす「手法」で、海辺の山あいの川辺のと歩く「旅」である。東西南北「素晴らしい風景」が展開する。出会いには一つ、二つ、三つと「いや」それ以上の手間をかける。その苦労が多いほど、好い「写真」と出会う。雨の予報の雨が上がった!この辺の微妙さを捉える準備ができている時は「幸運」に恵まれる。ただし、日々の機材を担いで、しかも。フル動員なんで「心身」気だるいが、春眠も襲う。

誘惑に流されてはいけない。ところで、明晩は「お食事会」のスポンサーである。伊勢で「焼肉の宴」となる。桜開花で「焼肉」は定番だ。スタミナを付け、心身リフレッシュで「桜」撮影現在進行形を加速させる(笑)。きめ細やかな心はエネルギッシュな身体に宿る(笑)。小生の写真はまさにスポーツの流れである。芸術は体力だ!

ただし、「珍鳥」の遭遇で?さくら開花、オンリーワンが揺らいでいる(笑)。やっぱ、桜には「縁」が薄い?・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-04-06 08:27