四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2017年 11月 02日 ( 1 )
朝一の予定は、歯の治療で。これが何時になくたっぷりの時間を要した・・・生きてる歯を支柱にして
被せるので、取り外しのタイプでは無く固定するタイプらしい。それまでは部分入れ歯で、とにかく「異物感」があり、いくつか作ってもらったが「途中」で使わなくなった。で、焼肉とかステーキの類はガツガツ嚙め無い生活が続き、胃にもよろしく無い日々であった・・・これで、解消か?医術の進歩に感謝となるだろうか?初体験なんで、疑いの本音も実のところある。出来上がりを楽しみに待つ(笑)。

これでスケジュールが崩れた。どれがどれだけ「時間」を要するかも未確認でマイペースの談であり、そうは思い通りに効率よくゆかないのが人生である。

ただし、日中の伊勢市内は車の往来がほとんど無くて通勤時間帯には30分以上有する道が20分かからなかったので。遅れるとの電話は入れたが、当初の予定より20分遅れでオイル交換をディーラーに入れれた。実はその前に運転免許更新手続きを組んだが、さすがにオイル交換の後にした・・・

警察では免許返納の手続きをしている「老夫婦」と警察事務員とのやりとりが耳に入ってきた。凄まじかった、会話が繋がらないほどの「会話?」で気が滅入ってしまった・・・いづれは小生もそうなるんだろうか?いや、絶対なるに違いない・・・

その入り口に入った「記念日」が11月1日であった。年金初入金日であったのだ!企業年金に入っていた時期があり、それは60歳から支払われるものだったんだけれど。知識不足と後のフリーランスの流れで、最終リミットの65歳で通知が来て、年金事務所で申請したら、企業年金とはなんぞやとかいろんなことを説明されてなんだそうだったのかと納得した訳で。

年金の入金は大きい!仕事を減らして、体を労わろうと思った訳で。まさに一気の「老後」である。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-11-02 02:36