四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2017年 11月 30日 ( 3 )
生活のリズムの中に。「通院」が「ふたつ」加わった!これはとりもなおさず、述べ、二日間を費やすと言うコト。
心肺機能のツケはよくわからないまでも。歯がこの年齢になって、強化できるとは医学の叡智に感謝である!で、歯の治療補強の通院が迫る。あの独特の削る音に脳天まで上る突き抜ける振動は、永遠に耐えがたいが、我慢のしどころで有り、まだ。削れる「歯」が残ってるんだと変な言い聞かせをして、なすがまま・・・。

ここのところ、冷え込みもなく。ちょうど良い日々を送っている。で、秋深まりゆくの筈が「さんま」の旬を逃している?店頭に見当たらないんである・・・。何かで見た、鴨肉入りのそばも食したい。食欲は十二分にあるのも「歯の治療」「心臓の安定」の賜物である!後は是非、美味しいカニ、地元の「旬」がもう、一つ!牡蠣である!これは胃袋にまっしぐらの前に「写真」にしたい!独創的に作品にして「ストックフォト」に加えたい!そんな、下心で喰らう!(笑)。

偶然別ジャンルの撮影で訪れた場所で、地元の観光協会の方に遭遇、秋刀魚寿司をいただき、雲海の絶景の場所まで教えていただくという「幸運」にニンマリ!行く先々の人との出会いに感謝して、帰路は「みかん」満載の車中はみかんの香りも満載になる!足元はBSのスタッドレスで最強の補強!ナビゲーションも装着して、どこでも来い!(笑)。近年に無い、最高レベルの「紅葉」が晴れて良し、時雨れて良しの当たり年!

閑話休題!(続)分水嶺紀行!帰還して、天気予報を見ていたら、かの地は雪に閉ざされて、通行止の報が入っていた!小生の愛車TOPPOでは走行性能が車高がと雪道には向かない。まあ、場所を南に向けて?東紀州〜和歌山から「雪」を見る、様子を伺いながら「雲海」と師走のスケジュールである。良い写真が撮れますように!(合掌)



b0169522_22485910.jpg



記憶に間違いがなければ?左が「長良川」。右が「荘川」である。えらく遠くまで来たもんだ!どうやって、帰るんだ?(笑)・・・。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-11-30 22:58
長良川源流から分水嶺へ!大きめの落ち葉が重なり、独特の歩きごごちの紅葉真っ盛りの山に歩く!
b0169522_13561210.jpg



雨脚もそこそこ強く、湿った風は山の匂いを運び、天候悪化と熊との遭遇も脳裏をよぎり、落ち着かない。まあ、何事もなく「分水嶺」をカメラに収めて、一つ。テーマを完了させた?普段見ることのない風景、光景なんで。なかなか、落ち着いて「アングル」が決まらないもどかしさは「まだまだ」修行が足りない証。それと「なぜか?」ここでも三脚を使えない?セットする時間が持てない精神状態に「これも」修行が足りない、人間力の無さ?

じっくりと被写体に向き合う「心」を養わなければ?風景写真家と言えない?ファインダーを覗いて、吟味する「足し算」「引き算」の先ずはシンプルなプロセスを磨く。何が何でも三脚ではないが、三脚の作品も「わずか」でも創りたい「想い」はある。

屋久島へは登山の日々で。毎日、三脚(ハスキー)を担いで行ったが、使った「記憶」が皆無で(笑)。重い、どっかへ置いとこう・・・」とかの話と疲労困憊、筋肉痛で「宿」では這って、浴槽に浸かりに行った!」などなどが思い起こされる(笑)。いや、何?三脚だけのせいでは無いが、念のため・・・。白神山地では熊と万が一、闘うことになったらと。三脚を担いだ!実に動機がよろしく無い!

座禅でも組むしか?救われない?・・・









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-11-30 14:21
今。仕事で600ミリを多用しているが、現場を見渡すと「短い!」ことに気づく!
800ミリ以上の「世界」が主流になってきている!で、ジャンルの違う。風景写真ではもっと長いのが要る!反対に超広角の世界も次から次へとリリースが止まらない!魚眼ズームなんて、夢であったが「メーカー」は夢を現実にした!頭の固い、型に捉われた人間とタッグを組む時代からデジカメになって、「それ」が一掃されたのが大きい。で、いわゆる「紙媒体」が消滅の一途をたどったのも頷ける。クリエーターならば、創作に制限を加えてはならない!自由自在、フリースタイルこそが全てを拾い上げ「進化」の芽を育む!常識では無いのに常識として、振り回す奴、大義名分を口にする奴とかっこつけんじゃねえ!(笑)。



b0169522_09551785.jpg




くだらん人間関係、街の暮らしのストレスが。知床半島の東の海岸に吹いた風があっという間に全てを「一掃」する!自然の力は偉大だ!「神様がきっと見ていてくださいますから(微笑み)」・・・と、人生の転機になるような「言葉」と出会うひとときが、あって。小生には時折、幸運と幸せが舞い降りる!(感謝!)・・・。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-11-30 10:02