四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2017年 12月 31日 ( 1 )
ついに大晦日!玄関、家周りの飾りも昨日やっと「揃えた」。飾る吉日は25日だったはずが、
毎年こんな感じで、世間の責めも時折、聞くことも。つきたての餅も三日目の大晦日に分けていただくと云う非礼である。そんなマイペースすぎる日常なんであるが、撮影のヒント、インスピレーションはきっちりと即断でいただく!(笑)。これが肝である・・・風景写真家に目覚めたのは「二十四節気」と云う、テーマを頂いた時に「閃いた!」デスクトップに北海道から沖縄までの「四季」のイメージをピックアップして持ち込んだら、即決されて。あとから、判明したことで「今は時効?」ぐらいの年月が経っているからいいだろう。世間で言う「入札」でごった返していたところ、写真がどうもビンゴしてなくて。決め切れないは納期は迫るでクライアントも制作会社もにっちもさっちもとなっているところへ。

マッキントッシュデスクトップ持参である。究極の描写にリズム良くチェックが展開できる!この方法には絶対的な自信がある!すぐ、請求書を上げて下さい。だった(笑)。こんなことも「たまには」ある。

これも「人」との出会いである。感謝の一年、最終日は大晦日、お正月の準備であるが、雨の予報である。一つ、残っている「忘年会」を大晦日にやるのもなんなんで、新年会にするか?なんて「電話」もあって、ただし、大晦日ー元旦も撮影はあるんで、正月気分は無い!?

で、クルーはよりによって「野郎」ばっかしで、早朝「すき家」と「吉野家」を交互に変えて定食を食っているのが、例年のパターンでもある。これが、結構美味しいんである!









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-12-31 01:59