四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2009年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧
睡眠不足は「いかん」と思いつつ?もー昨日になったが、
伊賀上野からの帰還で、嬉野PAでしばし「熟睡」その後もスピードは80から90Km/h、、、。昨晩?餃子の美味しい「焼き方」を伝授されたのだが?フィニッシュでフライパンから目を離し、焦げた(笑)夜食は鯖とイカの昆布〆三杯酢!ところが?二人で買出しに行ったのに「アルコール」を買い忘れた?ありえーへん話だ、、、。そうそう、F-1におもろい「日本人ドライバー」がデビューしてきた。撮って見たいと「ひさびさ」に思った。今から、中東へは行けないし?週末はTVで我慢するか?余談だけれど。スポーツシーンは800ミリの超望遠の世界が面白い!この辺はCanonの独壇場である。で、超広角側は14-24のズームでNikonの独壇場である。さらにつぎからつぎへとあの手この手のデジタルカメラ?ますます、使いこなしてナンボ(笑)で、相変わらず?撮影「即」展開が基本。ハイパワーマッキントッシュなくして「プロフェッショナル最前線」は成立しない!とにかく。クライアントのPCにはCS4のセットが搭載されている時代になった。未来はますます?おもしろい?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-31 02:27
先週の第七回富士スピードウェイ、富士チャレンジ200Km
の撮影で、金曜日のお昼過ぎに富士スピードウェイの東ゲートで、編集チームと待ち合わせた。暖かな昼下がりで車中は汗ばむほど。で、本日は広告用写真のロケ。TOYOTAの新型プラドと自転車(ロード)のコラボをアートすることに。チームTOYOTAの中にパジェロがひとりで、きまづい(笑)で、さあ、移動ってなったときに「運」悪く?バッテリーが死んだ?1時間が経過!撮影がどんどん遅れる。いや、ぜんぜん進まない中「陽が傾き」だした。実は別件のロケがもう一本あって、時間は無い。ところが?悪運は尽きない?実は陽が傾いて、絶妙の空気感と言うか?富士の裾野なのに、いまだ?半そで短パンの気温?かぶり始めた「光」がさらにドラマチックに柔らかさを温かさをかもし出してきた!通常はフィルターワークにライティングにあの手この手を駆使するが。本日はドノーマル!で、そのまま?スタッフを巻き込んで「バッテリー」の交換までやっていただくと言うあつかましさ。富士スピードウェイのスタッフの皆さんと車も巻き込み、大騒動が20時過ぎに幕がおりた。皆様、本当にありがとうございました!(感謝)で、メールに手紙に留守電の返事が「随分」溜まっている。なんで?こーなるの?それに「最新」デジカメをテストで借りたのに?時間が無いので「封」も開けずに送り返す始末、、、。申し訳ない、、、。デジカメ最前線もさらに「次」が来る。そのときこそ「水中写真」のジャンルもカバーして。オールランドを「自称」したい。わっはっは?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-30 01:33
食欲の秋!近頃はシーカヤックの旅の思い出話や、
次の「旅」の予定を酒のツマミに「深夜」のエンドレストーク?今の季節?鯖とサーモンの刺身がやけに美味しくて。で、そこで見せて貰った「画像」が衝撃的で、まっこうくじらの親子にシーカヤックが至近距離!手で触れられる「距離」なんであった。で、はやいもんでケラマのザトウクジラのシーズンが近づく!テーマはけっこう「壮大」である。四季、生命、地球、、、。すべてが「宇宙」の鼓動である。北の果ての楽園「知床」と南国の楽園「おきなわ」のひとときが、見たことも無い「風景」の連続なのに?「みょうに」心地よい、きょうこのごろである。そうそう「神宮林」の小宇宙もすばらしい、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-29 01:44
そー言えば。今年は「津祭り」へ出勤せず、伊勢トピアで
CS作品展の受付に二日間座っていた。それはそれでよかったのだが?売り上げはゼロ。昼夜お小言をいただくはめに、、、。小生に似合うのはのんびりとやってるんじゃなくて。時間と納期に追われて、プレッシャーの真っ只中に身を置いている方が、災難も無く?無難。余裕があると「喋る」。で、口は災いの元。今の時代、他人のせいにして、置き換え逃げる「人間」ばかりで、やりにくい。やはり、相手を見て喋ろう?みざる?いわざる?きかざる?本日は撮影はせず。AMうちあわせ。昼前にMフォトグラファーとのコーヒータイム。午後、台風の増水がいまだ「残る」みやがわ界隈。水が引けば、落ち鮎の季節。大河の風景が一気に秋色に変わる。渓谷から大台ケ原へは登山道ではなく、川を遡上するしかない。命がけの超ヘビーなクライミングもある。今、河原は毒のきつい「まむし」のるつぼである。ただし、見たことも無い「風景」が展開する、、、。今週末は菰野町でマラソンを4人がかりで撮る。そーゆーシーズンに入った。そこを縫って、紅葉最前線をおっかける!?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-14 22:17
(続)デジタルな話?最新デジカメで撮影すれば?
すべてがニュージャンルと言える?もっとも「フォトショップ」を極めれば?話はもっと「前」へ進む。時代の流れはもの凄く速いけれど?本物は永遠に本物だ。パワーのある「画像」を叩き出す「公式」は必ず存在する。さて、そろそろ?本日の夜なべは修了しようか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-14 01:53
(続)デジタルな話?オリジナルを極めろ!セオリーは捨てろ!!
デジカメは「走り出したら?」「とまれない!」NikonD-1が鮮烈にデビューした時。世界最先端の講師がはっきりとその「ジャンル」の未来を言い当てていた。現在進行形!ただし、ここへ来てニュアンスが違ってきた?プロフェッショナルのエッセンスとは?2400万画素のパフォーマンスが「高精細」と言う「エリア」を創造させてくれる。NikonD3XかCanon1DsM-3の世界がまさに「プロ」の扉を開けた。光と影の演出にデジタルの魔法がさらにドラマチックな創造をフリースタイルに「無限」の可能性を与えてくれる。それはリアルタイムにあるときはタイムトンネルであったり、ときとして「ワープ?」する。プロの画像は印刷で「色」が出る。ごく最近まで、いろんなレベルが混在した。ここへ来て、誰にでも使えこなせる「レベル」ではなくなった。とりあえず「金」さえあれば、機材は手にすることは出来る。それは「錯覚」その先はいろいろある。見よう見まねでは出来上がらない。デジタルの鉄則がある。同じ写真は要らない。コピーすれば済む。いかに「オリジナル」を吐き出し続けられるかにある。先頭集団からこぼれたくなければ?セオリーは捨てろ!!自問自答?葛藤?挫折?放棄?で、ときおり?プライドと執念が「雑念」を追い払う?来週末。富士スピードウェイから「死のロード!」が始まる。鈴鹿サーキット、沖縄と続き。さらに年が明けて、沖縄でニューイヤー「激写!」が幕を開ける。体力の限界が先か?精神力の限界が先か?最高と極限が「現場」にはあって、それが見えるうちは、シャッターをきり続けてやる(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-13 23:32
デジタルな話?ちかごろ。撮影はRAW&JPEGが主流。CS3塔載の
のクライアントならば「全く」問題なく「即」納品可能!何も足さない、何も引かない。実に軽快な仕事となる。雑誌関係もWeb関係も同じ。企業関係は数年以上前から「納品」はRAWだった。で、撮影の基準とレタッチの基本が大きく「変化」してきた。後はモニタである。画素数も、描写も申し分なく、レンズワークもストレスフリーになった。後は全天候型防水になれば、最高なんだけれど。後は「著作権」の管理だけである。無断2次使用の「罪」の重さを問う時代はすでに動いており、社会的「制裁」は大きく、重い。交通費やギャラを払ってても「著作権」は写真家にある。知的所有権の理解なくして、業界に生きてゆくことは出来ない。歴史がそれを「証明」している。話がかたかったかなあ?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-13 16:27
3年ほどになるかな?北欧製?のベッドに寝ている、、、。
小生がオーダーしたものではないんだけれど。これが優れものと言うんで買った「現場」にも居た。毎晩が首のウエイトトレーニング見たいなもんで?首に全体重が集中する感じである。筋肉強化には良いかもしれないが?案外、最悪かもしれない。何がベストかは分からないが?快眠にはほど遠いと思う「今日この頃」である。レーシングドライバーじゃないんで、首が太くならなくても良い?で、ふかふか?ぶにょぶにょなマットが曲者である。いまのところ?対策はない?まくらも重要である。趣味がひとつ?増えた?寝床研究家(笑)閑話休題?寝室兼サブ事務所の壁には道路地図が、エリア別に北海道から沖縄まで、全国くまなく貼り付けてある。横になると「目」で旅が出来るのが、唯一の楽しみ。これは小学生の頃に目覚め?中学生で、開眼して、今に至る。テレビの上には地球儀も置いている。行きたい「所」を念じていると?いつはか100%実行されていて、それが自分自身の自信にもなっている。ただし、今は気分がいつも「中途半端」なんで、すべてが良くない。それは「充電中」とゆーことで。納得させている。消灯!?!?!?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-13 01:54
先月の終わりにオーダーした「白川郷」のそばをゆでた。
本場の「そば」は旨い!つゆは伊勢の実家のおりじなるに「伊勢うどん」のたれを加え、かつおだしにしょうがをすっていれて煮る。いたって、オーソドックスな「味」となる。砂糖のさじ加減がキモ。で、つゆが熱い内に「だいこんおろし」と「わさび」を好みにあわす。気分良く「食す」はずが、留守電にトラブルが入っていた。町内会でまとめるというので、警察への通行許可証の申請を車検証に免許証のコピーを回覧板に添付したのに届いてないという内容。最悪であるが、この手の話が近頃多い。世間とは違う時間帯に「行動」する小生にとっては、昔ながらの「町内会」と言う組織が非常に辛い。とりあえず?宇治橋渡り始め式の日は我が家の二台の車は動かせない。まあ、じっさいに出る事が無謀(笑)本日も夕刻の伊勢道。津から名古屋まで渋滞が繋がった!朝は事故で渋滞だし。ETC1000円でこれなのに「無料」になったら、高速道デハナクナル。なんとも?良くなる要素が皆無のニッポン?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-12 20:41
作品展も無事終了?打ち上げと例会も終了?
ノンアルコール「ビール」まがいをアメリカ映画のワンシーンのように「カッコ」つけて、2本。ビンで呑んだ(笑)で、酒の席の会話で「波紋」がひとつ?まーどーしたものかと?閑話休題?帰路、低速度のパトカーと出会う。人生とはこんなもので、通常ならアルコールが入っているが、ちょっとぐらいならは「卒業」して、呑んだら乗るな!は徹底している。並走して、抜く。アルコールを呑んでだら?こうは行かない。堂々と行動を取れた(笑)そうそう、誕生会もついでにやっていただいた。うれしかった。ただし、別件で気分はブルー?伊勢の人間がどんどん「小さく」なってゆく。歳を重ねたら、成長しようぜ?明日の機材の用意もできないまま。もー寝る。あー疲れた、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2009-10-12 02:06