四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
来年の話をすると「鬼」が笑う?再来年のオファーがある?
大笑いになるのか?その逆か?スポーツイベントの週末は花盛りである。うまく「動きたい」。ただし、日本の悪しき「慣例」と闘うことにした。出すものを出さない「所」ほど「権利」をなびかせる。老後の貯蓄のために闘おう!

近頃の「合言葉」は?挨拶は?還暦。

この間。一脚のねじを締めすぎて、戻らなくなった。ハスキーの欠点である。ロクヨンやヨンニッパを装着すると、撮影中に「自然降下」する(笑)近頃の撮影の「王道」は、サンニッパ。

週末に限って、夜更かしになる。時折「チーム」を組む「フォトグラファー諸兄」は、小生よりも過酷にやっていて?大台ケ原方面で、プジョーが、何回転かして「全損」、、、。警察の電話で「撮影に入れないんだけえど」、、、。「撮っといてくれる?、、、。」と、相方に。もう一人は、中国道?で、BMWをスピンさせた。角々のデザインが、変わった?どーしたの?って、聞いたら?そーゆーコトだった(笑)生きてたんだから?笑うしかネーだろ(笑)と、古い話(今年の話だけどな)を思い出していた。

で、かくして?10月が最終日!

後。2ヶ月で、今年も終わる、、、。やるべきことが済んでなくて。老後がどんどん、迫ってくる。幸か?不幸か?シーズンオフが、小生には無い。オフを取れるほど「稼ぎ」が無いといったほうが、分かりやすい。

四季自然、風景写真の仕事が、入った「話」は、前にも書いた。

ライフワークで?秋、冬が。神宮界隈。春が沖縄、座間味諸島。夏が北海道知床半島。
歴史街道では?美杉、名張、伊賀上野、大和高原、京都、滋賀。
目の前のミッションで、伊勢志摩。

どれも?ぱっと見た目?自転車とシーカヤックが?撮影の移動手段である。どー見ても?どこから見ても?仕事に見えない?カモシレナイ?まあ、カメラをかまえてても?仕事に見えない(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-31 01:44
降って?湧いた?話?いまだ、実感がないんだけれど?
フランスは「パリの宝石」ReneHERSEのシクロランドナーが、パジェロのリアシートに寝そべっている。某スタジオへ「慎重に」「緊張」しながら、ドライブした。

ひょんなことで?話の流れで、小生が撮影することに。比較するのはナンセンスだけれど。今の時代に分かりやすく「例える」と、小生の自転車人生の中では?フェラーリコルナーゴより、ランクは遙かに高い!

で、しみじみと「至近距離」で、見つめる。実に良い!究極の「旅」への「かほり」が、随所にあって。車種は「ランドナー」という、ポジション。一世を風靡した!レイノルズ531と言う、クロームモリブデンのパイプが、フランス人の職人によって、自転車と言う名の「宝石」に姿を変えたのであった。で、パーツもまた、アルミ合金を芸術の域でフルに「創造」し、独創的で、魅惑のデザインを世に送り出した!


自転車と言う名の「宝石」が、まさに。ここに「存在」するのだ。今の時代にここまで「魂」を揺さぶる「自転車」は残念ながら、ほかに?存在しない。

で、一日。雨にも風にも会わず。自転車の撮影移動はスムースだった。夕方、志摩地方に「波浪警報」が出た。伊勢は静か過ぎて、本当に台風は来るのかな?でも、経験上。熊野灘からの進路では、いきなり「強風」が襲来する!

それでも「台風」の襲来を予想して、明日の仕事が延期になった。そんな、こんなで。今週は「稼ぎ」が悪い、、、。肉体労働の日雇いの出稼ぎには「悪天候」は?辛い!ここで、ふて寝を決め込んでも?睡眠不足による体力回復は「老人」には期待出来無い。

で、今宵は伊勢うどんをすすりながら?デジカメのローパスフィルターのゴミを?モニタ100%で、どこまで?クリーニングするか?格闘しているのであった(笑)処方箋は?NPS,CPS&銀一バージョンが、あって。気温、湿度で「薬品」の調合を変えるのが、CPS。市販で、即。手に入るのがNPS。銀一のは?フルセットで。2万円近くて。高価だ!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-29 23:43
特に意識はしていなかったのだが?自転車に関するオファーが、
増えている。趣味は趣味。道楽は道楽と。割り切れなくなった感が、強くなってきた?今週はそんなこんなで、サイクリングコースを作成するつもりだったが、台風が去るまで、延期。いままでで、近郊で、一番、良かったのが。奈良から名張、伊賀上野方面の大和高原。学研とか山渓の自転車雑誌にも掲載。信楽も含めると焼き物、歴史、地酒、四季風景、味覚街道は「魅力」がいっぱいである!

で、もっと「地元」の伊勢志摩の魅力も。取り上げたい!

ただし。雨の秋季休暇?になっている、、、。

今宵の「夜食」は?北海道のさんま。

雨の慕情も「風景写真」には良いんだけれど。納期が来年の夏過ぎまでの「ミッション」なんで、それは「初夏」に譲る?台風が過ぎたら、11月の空と雲を演出して、アートしたい。ただし、A4見開きのグラビアには、長辺8000ピクセルは必須最低条件?パソコンの外付けHDはとうの昔にテラの単位。画像セレクトや画像処理で、探し出すのに四苦八苦が、延々と続く。

マジ。フィルムに戻ろうかと?思案葛藤の今日この頃?4X5機材はとんでもない「価格」で中古市場に眠っている。で、いまさら?4X5には興味は無い(失礼!)8X10が「下落」したら?今、心中はルアーをチェイスする「カジキ」の心境である!?

見せる「写真」よりも「魅せる」写真が撮りたい!

NikonF2を手にしてから、延々。モードラをフルパワーにして、連射に次ぐ、連写を「モットー」にしてきた。ただし、近年は「ワンショット」のレスポンスが、極めて高く、精巧になったため。秒間連写は「無意味」となった。たまに「かってに」3連続切ってるが、2連続「シャッター」が降りても「今」は、しまったと思う「とき」がある。

複数点動体予測AFも使いきってしまうとMFに「感動」は譲る。

写真は「なんで?」こんなに楽しいんだろうか?飽きない?小学校高学年で、押入れで「眠っていた」蛇腹の645にフィルムを通した「感動」が、今も。脈々と鼓動している!

ゴールは「寝たきり老人」1歩手前か?いや、目が見えて?右手が動けば?女のケツを触っているより?マウスを触っているかもしれない(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-28 21:06
なにをするにも?まずIDにPWが必須な時代になって?
使わない「順」に忘れる。銀行のカードもあれってときがある(笑)痴呆症は確実に進んでいる!?この間は「同級生」の名前が出てコナカッテ?焦った、、、。ところで。先のパーティーのお礼をメールしようとして、パソコンをクリックしたら、社長さんから、メールが届いており、出遅れた「感」が、ひしひしと、、、。今更、手遅れなんで。このタイミングの「キャラ」を通すことに「居直る」。

週末は台風が直撃しそうで、仕事が延期になるかもしれないとTELも入った。

今宵の夜食は餃子、サツマイモ、紀州みかんなどなど。

水分補給はスポーツドリンクが激減。全く摂らない「日々」がつづく。ここんところ、もっぱら、水だ。コーヒーは一日、一杯。で、街から、半そでが消えた。小生はいまだ。半そで、短パン。街の風景から「完全」に浮いているのが、自分でも自覚できた。正直、昨日、今日はさすがに「寒い」。

もうひとつのところでがな話。取材現場が「激変」している。カメラマンの動向が激しい。十数年前になる?勝ち組負け組と言う「コトバ」の走りの頃。デジカメ導入にお誘いを受けた。小生も同じくして、すでに「購入」していた。で、勝ち組になるか?負け組?になるか?後にパイオニアになる「大先輩」に「リアル」に問われた。で、今がその「とき」なんだよと。歳月が過ぎ、歴史が繰り返される。現状が「今」非常に酷似している。

が。内容は非常にきびしい!?デジカメはある意味「同時スタート」に近かった。今のは「同時スタート」ではまったくない。キーワードは同じ土俵では相撲は取らない?プロの世界で「成功」するには、当たり前のことか?

ただし。いつの世もいえることは。努力は裏切らない。で、もっといえることがある。肉体的精神的に極限で、もがき、苦しみながらも、その葛藤をどれだけ「楽しんで」いるか。これに尽きる。楽しめていなければ?身にならない!努力こそが、知力、体力を蓄える「術」であるに違いない。

大阪行きは。ヒントと刺激をもらった「2日間」だった。街を歩けば?素敵な作品と出会うし、人が集まれば?知恵が集結する。で、酒の席は楽しい!んっ?どーゆーコト?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-28 00:01
写真販売サイト「F社」の大阪支社設立5周年に招かれて!
場所はヒルトンホテル!19時から21時。2次会は新地へ繰り出す!!24時まで、呑んで喰らって、宿泊ホテル付のいたれり、つくせり。昨日の話。で、先ほど「帰還」、、、。往復電車の巻であったのだが、新鮮な旅でもあった。

伊勢市内のパーキングへパジェロをデポして、近鉄で鶴橋まで。ネットで検索した時間どうりに進んだはずが?90分ほど「余裕」が出て?とりあえず、環状線を経由して、大阪駅に。

で、NPSへ顔を出し、カタログをゲットしてから、ヒルトンのロビーで、ソファーの人となる。Nikonのカタログを熟読してたら、パーティーの時間になった。

パーティーはいい雰囲気で進む。仕事をいただいているのに「数年間」会社にご挨拶に一度も行っていない「ふとどき」なカメラマンなんでありますが、ぎゃくに「やっと会えた!?」などと「感激」していただく場面が、ああっちこっちであり、これも「有り」かな?と錯覚するきょうこのごろ(笑)

で、ホテルは大阪駅の真横!朝はチェックアウトいっぱいまで寝た!極楽極楽(笑)

祝!5周年!!F社スタッフ一同さま。ますますのご発展を!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-27 13:58
撮影のオファーが「小生」の場合。少し変わっている。
数年前には?「立って歩ける内は撮ってください(笑)」。だったが?今年は「手が震えて、カメラが持てなくなるまで撮ってください(笑)」に変わった、、、。???
b0169522_064349.jpg

(C)TAKADA Kenji  2010SUZUKA8hENDURO

あいにく。500を標準レンズにして「手持ち撮影」健在である!
b0169522_091131.jpg

(C)TAKADA Kenji

週末は鈴鹿8時間エンデューロで、鈴鹿サーキットで、2日間ぐわんばっていた!移動はミニバイク、ミニベロ、徒歩、撮影は時折、大型バイクをピックアップして、タンデムで国際レーシングコースへ!ライダーは元実業団のエリート選手なんで、指示を飛ばさなくても「ポジション取り」は最高!?ただし、振り落とされないようにするので、知らず知らずに力が入る。後部で時には立ち上がり、空気抵抗をまともに受けたりもする。で、両足をふんばりすぎて筋肉痛となる、、、。画像納品で睡眠不足!くたくたなんだけれど。本日はサイクリングで、用を足したのでありました。
b0169522_0174626.jpg

(C)TAKADA Kenji
b0169522_019154.jpg

(C)TAKADA Kenji
b0169522_020317.jpg

(C)TAKADA Kenji
地元、出版社。NAGI手漕ぎ隊、波兎2号は自転車「脚漕ぎ隊」むーんらびっつで、昨年に引き続き「8時間」にエントリー!オリジナルチームTシャツのセンスが光る!?
b0169522_0235737.jpg

(C)TAKADA Kenji
b0169522_0245982.jpg

(C)TAKADA Kenji
b0169522_0262063.jpg

(C)TAKADA Keni
何時もお世話になっている。NPSのN社のサイクルレーシングチーム?

(余談の巻)この週末、バッティングしまくって?口だけ約束で、現場にいない?C社のCPSは自転車ロードレースにもサービスデポを展開!北海道に続き、宇都宮にもサービスを出そうと思ってんだけど。どう?って言われたんで。是非!と答えたのが「たしか?」真夏の鈴鹿8耐のプレスルームであった。で、小生が、鈴鹿。言いだしっぺは?もてぎ。自転車という「病気」が、プロの現場にも蔓延していて、あのタイムスケジュールが「超タイトな」プレスルームで、顔を合わせば?自転車談義の今日この頃(笑)まっいっか?で、11月半ばまで、ビックイベントが続く。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-26 00:57
週末は秋たけなわ。ビッグイベントが目白押し!で、体はひとつ?
機材の準備、着替え、雨天対策、補給食、電源ツールもろもろ。24時近くで、完了。風呂に浸かってから寝るか「葛藤」中。
b0169522_05974.jpg

(C)TAKADA Kenji

天候がいまいちだが、明日は晴れる感じがする。願望をこめて。
b0169522_071989.jpg

(C)TAKADA Kenji

夕方。怒涛の電話がとぎれたので?廻る寿司に行った。メニューが、変わっていて「楽しかった」んであるが、しょうがを喰いすぎたのか?腹がゆるむ?
b0169522_010101.jpg

(C)TAKADA Kenji

2回ほど。トイレで唸る、、、。
b0169522_0112722.jpg

(C)TAKADA Kenji

で、ついでにトイレ掃除をした。
b0169522_0123676.jpg

(C)TAKADA Kenji

画像は時速300Kmの彼方にある「夢」に向かって、フル加速するF-1マシーンである。大気を切り裂き、異次元の重力と体力と精神力の超限界のゾーンへ、命をかけて「アクセル」を全開し、エキゾーストノートが、悲鳴を上げる!ゴールは果てしなく遠く、それでいて、2時間で、終わる、、、。あるモノは力尽き、たったひとりの「勝者」は、太陽光線さえも、ぶっちぎって行く!最終コーナー「立ち上がり?」まさしく「神」の領域に違いない。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-23 00:27
大阪堺市臨海をパジェロで往復!?40万キロを軽く越えた
「走行距離」に敬意を表し、いたわりながら「走る」つもりが、ついつい「追い越し車線」にいた?往復とも伊勢道の津は雨。往路は未曾有の渋滞で、うんざり、、、。津在住のライターA氏をピックアップして、再び。伊勢道へ。西名阪を経由して、奈良、大阪へ。順調だったが、松原の先が通行止め!とばっちりを心配したが、阪和道の朝の渋滞は終わっていた。

昼前に堺駅で、東京からの編集K女史をピックアップ。打合わせと食事を兼ねて、2時間ほど過ぎた。ランチは300gのハンバーグにチーズのトッピング?ライスはノーマル。食後のドリンクはコーラ。ダイエット宣言は空論と化した!

臨海のS社で、大型ストロボをセットして、撮影終了は17時過ぎ。暗くなった、堺の町を後にR310から、迂回して、堺ICへ。阪和道が少し混んだが、後は。津経由伊勢まで。高速が、がらがら?ノンストレスのドライブで、帰還した。

お後は、お気に入りの「檜」のかほりの風呂で、「ふーっ」をして、休む。途中、香芝SAで食事をとったので、本日の夜食は「おかし」をつまむ程度(笑)

画像を東京へ「電送」したら、寝れる。デジタルカメラマンは本当に「疲労」が疲れる!?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-21 00:46
涼しさを越えた「寒さ」も覚えるきょうこのごろ。熊の出没を
連日「報道」しているが、その行動は分かりやすい。冬眠にそなえて「餌」が、欲しいだけ。自然界を破壊し続けた「人間」が、何故?などとほざいているのが、おかしい。で、人間は「エゴ」で、動く「動物」である。地球上で、最も「始末」が悪い。小生もそのうちの「ひとり」。で、現実の被害ナンバー1は「人間」であるが、二番目は「鹿」である。車との激突?1回。急停車、数え切れず、、、。登山での「危険」遭遇も数え切れず、、、。3番目が「猿」。攻撃を受けた回数も数え切れず、、、。ただし、小生は元野球選手で強肩は衰えず。小石をビシバシ「投げつけて」激波する。4番目が「いのしし」。出遭って「どきっ」てするが、こいつは不思議と一目散に「逃げて」行ってくれて?危険は感じたことは無い。爆竹系の花火で「夏」の水田から、小学生の頃、よく追い払ったものだ。

今年は「紅葉」を撮り逃がさないように!?

伊勢近辺をきめこまやかに?自転車散歩?で、現在、自転車のタイヤがよく減る。とくに「リア」のトレッドが無くなって来た。これは目に見える「嬉しい」話。

夢と言うか?願望がかなって?来年の夏すぎまで。風景写真家になった!山も登るし、もちろん。撮影移動は自転車がメインなんだけれど。けっこう、シーカヤックの出番もある。嬉しい!

ストックフォトの整理も溜まってるんだけど。微妙に「そこそこ」忙しくて、時間が取れない?早く「ひのめ」をあててやりたい。

今晩の「夜食」はチキンラーメン。見た目以上に「量」はある。

さて。眠気が誘う。DVD3枚焼いたら?寝れる(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-20 01:05
野生との境界線などと言うものは、元々無くて、人間が、勝手に
思い込んでいるモノである。昔から、大台山系と朝熊山は密接に生態系が連鎖していて、伊勢志摩の最高峰は、絶好の越冬地であった。ただし、近年。山頂の鹿の食害は目を覆う。連動して、大台ケ原も全く同じ「光景」を朝熊山の前に見せていた。宮川水系でつながっているので、熊が、伊勢に来てもなんら、不思議ではない。出会ってないのは「熊」だけだ。

自称。ネイチャーフォトグラファーとしては?撮影を成功させたいが、あんまり深い「意味」は無い。カモシカを見る確立のほうが、はるかに高いが、これも同じ、、、。

小生は天体写真もやるんで、野生動物との「遭遇」は、怖くて気が気では無い。で、先ほども犬が盛んに吠えるので、ぬきあしさしあしで「鹿」の姿を確認した。身近では五十鈴公園の横断歩道を集団で渡ってゆく。きつね、たぬき、いたち、うさぎ、イノシシ、さるも冬の夜長(昼間も)の散歩者たちである。伊勢道路は鹿のビューポイントになっている。冬は特に「姿」を確認しやすいので、そう「表現」したが、年中出没するのはする、、、。

柿の木や楠木や大きな木の「ムロ」なども、四季365日何気なく「見ている」と「ふくろう」の類と出会う。峠道で谷川がある地形ならば、夏は珍鳥と出会う。ただし、夏中そこを「歩ける」暇人でないと「願い」はかなわないかも?

海辺でもおなじ。海上でも同じ。

2010年秋は特に。山も海も町もレッドゾーンなのである。絶滅危惧種の「熊」が、毎日「射殺」されてゆく国。日本でもある。なぜか?「こころ」が、おちつかない?きょうこのごろである(合掌)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2010-10-19 01:20