四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2011年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
朝から、ゴミステーションへ2袋、運ぶ。つぎに自転車で、昨日の
大量の「料理写真」のDVDをクロネコ便営業所まで、届け「本日便」へ乗せた。で、ひと段落?伊勢は寒いけれど。自転車をこぐと汗ばむ。くどい話だけれど。週末の沖縄より、あたたかい気がする(笑)伊勢は良いところだ。季節風が、大気をとても「クリア」にしていて、気持ちが良い!ただし、天気待ちのミッションが重なる!?今、最大の武器はNikonD3XにPC24!!1月いっぱいは、このセットで、頑張る予定でいる。Nコートのレンズが、心強い。

沖縄回想記?番外編!?タイトルは「那覇からセントレアへ」

b0169522_13114443.jpg

b0169522_13123130.jpg


沖縄の島々は「珊瑚礁」に囲まれてるのが良く分かる。地球とは自然とは不思議なモノである。脅威もあるが、守ってもくれている。飛行ルートは奄美、四国、紀伊半島で、伊勢上空。熊野川河口上空も面白い。自然の河口堰があって、大自然の冥が、見える。で、高高度なのに「沖縄行き」は、強風の向かい風。帰りは「もちろん」追い風。飛行時間に影響する。これもまた、偏西風の摩訶不思議?

b0169522_13214026.jpg

b0169522_13221970.jpg


天気予報はずっと「曇天」のはずが、撮影の「神様」が居て、「晴れ間の風景」を楽しませてくれている。一番、嬉しいのは、シーカヤックで「旅」した「熊野灘」の海岸線を機上から、トレースできたことだ。実にこれも「不思議」な体験。座席の位置もあるので、思うように行かないが、思いが常に「通じて」くれて、神様とANAに感謝!!いつも「良い席」をありがとう(笑)

で、2011年沖縄美ら島センチュリーライドは、アールビーズ「ファンライド3月号」グラビアで、掲載予定!?

これにて、沖縄回想記は「完?」めでたしめでたし?


                      (   文と写真   たかだけんじ   )
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-20 13:48
本日は終日「料理写真撮影!」だった。三ヶ所を転戦する「実に」
過酷なモノだった!サブロクの合板「3枚」をベースに大型ストロボセットの移動である。しょっぱなから「Tシャツ」1枚になって、それが、最後まで、続いた(笑)週末には沖縄では登山用アンダーシャツを重ね着した上にさらにフリースにヤッケまで、着込んでも「寒かった」のに。「内地」で、こともあろうに「Tシャツ」になるなんて、ゆめゆめ?思わず(笑)

で、先の「おきなわ」回想記の続編?

b0169522_23481672.jpg

b0169522_23484279.jpg

b0169522_2349083.jpg

b0169522_23492868.jpg

b0169522_23495194.jpg


ほろ酔いは「泡盛」に限る!?

で、本日なんだけれど。もークタクタで、帰還した。朝からマイペースで順調に進んでいたところ。昼前に同じく伊勢から、出張撮影のカワイカメラマンが、雑誌の取材で、先行撮影!同じミッションを小生はレストランの看板やらWeb、広報用と使用目的は、違うんだけど。カワイ君が、良い写真を仕上て、好評で。夕方からの小生は、もはや、体力、知力も限界で、プレッシャーもかかった(言い訳?)

閑話休題。

沖縄なんだけれど。帰還する日も、風が吹き荒れた!みんなから、羨ましがられた「沖縄行き」だった筈が?ただし、それでも。違う「おきなわ」の魅力が、たっぷりあって、ノーマルな沖縄より、数段「ドラマチック」だった。

b0169522_072321.jpg

ホテルの朝。窓から見える「絶景」にアルカンシェールが、かかっていた。今回の沖縄では、毎日、何回も「虹」を見た!こんな経験は今までに一回も無い。

何時もなら、ぎりぎりまで「睡眠」をむさぼってるんだけれど。ちかごろ、朝はたっぷり「早く」起きて、動き出す。
これって、歳のせい?



                    (   文と写真   たかだけんじ   )
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-20 00:18
沖縄「美ら島」回想!寒かったけれど。まず、オリオンビール!
次に「泡盛」。50度あっても、半分に割れば?25度だ!なんてえ「会話」から始まり、笑いが絶えない?話も絶えない?人生はこれだなって、確信する!で、明日があるからと、深酒はしない。これが、おきなわライフの良いところ?さて、さて。その「話」の沖縄料理を今回は「まじめ」に記録撮影したのだった?だったと言うのは?途中で酔っ払って、撮り忘れた(笑)

b0169522_14734.jpg

b0169522_151580.jpg

b0169522_161123.jpg

b0169522_163240.jpg

b0169522_165564.jpg

b0169522_17383.jpg


で、今宵は?沖縄料理回想は、これくらいで?続きは次回?なんど「旅」しても、飽きない「旅」が、ある。それが、おきなわ「美ら島」である。



                  (   文と写真    たかだけんじ   )
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-19 01:18
週末から「ロケ」で、沖縄に行っていたのだけれど?中国大陸から
トンデモナイ?寒波が黄海、そして。東シナ海の沖縄へと吹き荒れた!?どことなく「記憶」の彼方にある「沖縄」の太陽の陽射しを捜し続けたが?この日の沖縄は、過去に経験したことの無い「寒さ」の中で、降雨が波状攻撃をかけ、風速10m~15mの台風並みの烈風を体験した。Nikkor500ミリが、踊りまくり「様」は、ピンともアングルも「確認」できないまま「撮影」を続けた。普段使わない「筋肉」まで、フル動因で、強風に「飛ばされ」ないように全身で踏ん張った(泣)どんな風かと言うと、カメラマンベストのサイドポケットに入れていた「タオル」が、なんと「風圧」で、吹っ飛んで行くのである(笑)二回飛ばしたが、二回とも同行の「S氏」に確保していただいた。すみません、、、。

ところがなんである。スタート時はびしょ濡れで、レンズもボディーも水滴が、滴り落ちたが。その後、夕暮れまで?ミラクルが連発された。なんと、絶景ポイントでは、快晴に近い、しかも「天候不順」が、幸いして。青空、白い雲、自転車のある風景が、たっぷりと記録された!

持ち帰った「画像」も、先ほど。フォルダ分けを完了して、クロネコ便に乗せた。

セントレア、那覇はANA303便。例年より、1本後。出発ロビーでゆっくりと、遅めの朝食を摂った。座席は窓際で、最高だったのだが、後部座席には、ロビーでしゃべくりまくっていた「おばはんたち」が座り、前はやたら「おやじ臭」のする御人たち」で、とにかく「寝る」しかないとイヤホンを耳にねじ込んだ(泣)

那覇では東京便が先着していて、フォトクリエイトのエースフォトグラファーチームのNチーフと再会。情報交換?で、しばし?談笑?小生は例年どうり、ファンライド誌のミッションに臨む。サイスポ、BCのPRESSチームもいつもの顔で、再会を喜ぶ?

b0169522_20431613.jpg


この広い「部屋」の一人で寝るだけなんで「なんとも」もったいない「超ビップ」な「待遇」で、ありまして。背後にはこれまた「普段」では、ありえない?ひろーいひろーいバスタブがあって、いたれり、つくせりの万座にある、ANAリゾートホテルなんであります。前には万座ビーチのひろがる「風景」があって、バルコニーから展望できるんで、ありますが。小生は?AM3時に起床して、冷蔵庫にたっぷりある酒などにもまったく手をつけず「撮影にそなえるんで、ありました(笑)

b0169522_20525629.jpg


ドライブ中は「雨」なのに。撮影しようと「車」を降りると、こんなミラクルな「快晴の風景」が、広がる!?車はHondaのブラックのハコバン。快適な移動と撮影をサポートしてくれた。豪雨も強風も「車」の移動で、なんくるないさ(笑)終日。ドライバーで、サポートしていただいた「S氏」には、大感謝!!実は彼との相性が、抜群で、仕事の流れが、過去最高を実感した。昨年末から「人」に恵まれている。

で、次回は「おきなわ料理」をレポートしたい(つづく)




                      (  文と写真   たかだけんじ   )
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-18 21:07
年末から。料理と言う料理「すべて」に大量のニンニクが、つかわれて、
おり。おなかがゆるめなのは、そのせいか?ただし、おかげで、風邪気味になっても、腰痛になっても。つねに「社会復帰」出来ている。喉の調子も、本日は良くて、うがいをしてない。すぐ「調子こいて」しまうのは、ニンニクでも治せない?本日、もうひとつ。PRESSパスの更新と言うか、申請で、最後の一件をクリアした!近頃、契約が全て「Web」で、どうも、その「操作」に苦手意識があって、クリックを躊躇してると、おしかり?のメールをいただき、しぶしぶ?〆切りギリギリの談となる。

閑話休題。

気圧配置は小生の基準では「快晴」なのに、とんでも無い「寒波」らしくて、日本列島「広域」で、雪模様らしい。昨年は、某沖縄の某国際有名リゾートホテルのビーチで、某航空会社のスタッフ諸兄諸姉と「寒波」に震えながら、バーベキューでの「酒宴」だった。日中は短パンTシャツでも汗ばむが、夜間はいくら、沖縄でも「冬は冬」なんでありました。皆様におかれましても、冬の沖縄の夜間のアウトドアは「防寒衣類」をお忘れなく(笑)

(続)閑話休題?

本年はPRESSパスの所属とかを「異業種」とコラボレーションすることを提案。快諾される。時代はまさに「模索」と「努力」と「提案」がキモとなる。先ずは「家族」構成の基本は、三世代の共存と伝承。次世代にいかに「快適空間」とか「生活空間」を楽しむ余裕があるかどうか。レジャーもしかり。リゾートもしかり。

真冬の夜の「音」があって。昔、昔のJR(旧国鉄)の話。真冬の凍てついた「闇夜」に聞こえてきたのは、JRが走る音。ガタンゴトンと子気味良く、聞こえたものだ。それは「子守唄」だった。時代が変わって、今は。伊勢湾を挟んで、セントレアにランディングするジェット機の降下中のターボチャジャー?フルスロットル?の音。いかにも「大気汚染」って感じなのは?伊勢市民の中でも小生だけ?心地よく「眠れる」音では無い?

そうそう。その昔は伊勢から東京上野駅までの「各駅停車」の汽車があって。よせば良いのに「衝動」にかられ、乗車した。東京への目的は覚えてないし、帰路もなにで、帰還したかも、記憶無し(笑)

覚えているのは。愛知県に入ってから、暖房が強くて、大汗をかいたこと。早朝の上野駅では「カラス」が、鳴いていた。この、ふたつは、いまでも。鮮明に覚えている、、、。当然、リクライニングなんて「装備」されてないんで、ただし。ご法度?の座席外しで、ベッドをつくり、熟睡。この時から、どこでも「熟睡」できる「特技」を習得するのだった。ただし、東京はとんでもなく、まさに永遠に長かった。で、エスカレートして、学生の頃は、網棚でも寝た。今の時代ならば?JR出入り禁止の図?である。ただし、周遊券と自転車の「輪行袋」を駆使した「旅」の時代で、車掌さんも「黙認」していた。古きよき時代の話。

古き良き時代の「旅」をもう一度。老後はこれだな(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-14 21:54
実働上の「範囲」と「体力」と「知力」と「創造力」と「決断力」と「財政」を
考え合わせた時?本日、届いた「宅急便」により、何年か振りかに「機材」が、今晩。完璧な布陣になった?万が一まで含めた「ラインナップ」を網羅した?後、ひとつ、ふたつ、みっつ「要る」が、無ければ無いで、応用は効く。水没、落下などで、欠員が生じるのも、ローテーションしなければならないから、余裕は無いが、、、。ジャンルは変わってないが、流れが良くなったことは「前」にも書いた。機材が増えると言うコトは、そーゆーことだ。

若い頃から、ひたすら「不変」の定義がある。「自己新記録」への挑戦!なんという「ここちよい」響きだ(笑)撮影が完全燃焼ならば、納品は胸をはって「届け」られる。

ただし、納期がゴールでは無い!ネキストワンが常にある!!繰り返し「感動」を共有することこそが「写真」であり「創造」であり「アート」である(笑)

で、じっさいの「ところ」。睡眠不足で「情熱」も眠っていることの方が、多い(反省)。(笑)と入れようと思ったが、笑っている場合で無い、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-13 01:32
地図にカラフルなペン。多量の資料に、パソコンのWeb画面!?
で、ペースノートを模索してたら?こんな時間になっていた(笑)同日に2ステージのオファーを請けていて、スタート時間に時差があって、撮影のコトなんか、当然、考慮されている筈も無く。物理的には「無理」なんだけれど「最大の努力」をするのが、プロ!?ただし、当日の天気次第で、さらに「窮地」に落とされる。天気予報は良くないんだけれど、冬型の気圧配置なんで、波状的に季節風が、晴れ間を運んでくれる筈?運を持ってると信じている(笑)

で、石の上にも3年!?の3年目のチャレンジの年。

絶対、決めてやる!!

風呂に入ったんで、ものすごい「睡魔」が、きている。朝が明けたら。カメラの清掃をして、スタジオ撮影に入る。デジカメの「ゴミ」をなんとかしてくれー(泣)

睡眠不足くらぶ。只今、閉店、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-12 02:37
しばらく?PASSPORTの写真を見ていた。自分の顔なんだけれど、
良くこれで、10年間の長きにわたり?なんの疑いも無く「使って」いたことを不思議に思う(笑)とにかく「最悪」の顔写真で、職業が「写真家」なのに「いっさい」気配り無し(笑)とにかく?ぱっと見ではあきらかに「ブラックリスト」の人種には違いない。自分で言って、どーすんだよーって「話」なんだけれど?

ただし。次回が格段に「男前」になるわけでは無い。ウサンクサイ「はなひげ」を止め、薄くなりすぎた頭髪はスキンヘッドにした。気が付けば?自然に名前で呼ばれなくなっていた(笑)ランク3は「親分」。ランク2は「組長」。ランク1は「先生」なんである。まあ、57歳の年が過ぎ、58歳の年度に入った。今更、うろたえても仕方ないので、呼ばれるままにいる「今日この頃」。

仕事はいわゆる「タイトロープ」状態で、この先2件。知り合いに助けてもらって「進行」する「撮影」がある。昨年から、バッティングしても流れは良いから「運」は、相変わらず良い。全てが、うまく、消化されている。もう少しで、作家活動も「夢」では無い?年末、伊勢神宮の外宮、内宮と感謝を込めて、参拝させていただく。初詣はまだ、いけてない。1月中にはと思っている。

県外ロケと言うか?海を渡り、空を飛ぶ「移動」は、今年も南の国から、始まる!?日本列島は寒暖の差が大きく、北ほど、荒れている。

で、その前に。顔写真を「写真館さん」で、きっちり「撮って」もらおう。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-11 20:45
陽のあるうちに水場まわりの正月飾りを降ろして、伊勢のお正月の
区切りをひとつ、終えた。暗くなってから、自称「我が家の料理長」は、お好み焼きに挑戦した。で、ようやく「プロレベル」の焼き上がりに大満足するに至った!!苦節57年??帰還した家族から、大阪の美味しそうな臭いがする?と「大賛辞」もくれた。実は主な材料もソースもレシピもメイドバイ「おたふく」なのであった。もっと早く出会いたかった(笑)これには少し、布石があって、最初は美味しい「たこやき」が、喰いたい!から始まった。これはすでに、子供の頃から、専門店に入り浸って、全てを習得?していた?次に取材で出会った「美味しい」焼きそばに続いた。それまでの焼きそばとの出会いは、良いものが無く。強いて、食す「メニュー」ではなかった。ところが、3年前に富士宮市で、本物に出会い、レシピもインプットされ、考えが払拭された。

で、お好み焼きだけが、外食を越える「食感」に至らずに居た。ところが、本日?おたふくのレシピに忠実に臨んだら?納得の領域に到達したんであります!!感激!!

で、くしくも。スイッチを入れたTVでは、ジロデイタリアにつづき、ツールドフランスの総集編が、連続放映で、その間。5枚もお好み焼きを喰った。喉の渇きをミネラルウォーター、赤ワイン、そうけんび茶で、潤し?さすがに「途中」の何区間かは「睡眠」の彼方で、記憶無く。全ステージ「完走」ならず。

ただし。お好み焼きが、最高ランクのできばえで、さらに世界最高峰の自転車レースをTV観戦なんて、これも最高の「ひととき」で、伊勢での正月は、めでたしめでたし。締めくくられるので有りました?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-10 21:54
日中は晴れてれば?気温も7度~8度を推移して、無風陽だまりの
「アルバイト」はそうとう汗ばむ。夜間は時折、季節風が吹き込むが、どんと「昔」。小学生の頃に「霜柱」を踏んで、登校した「寒さ」の記憶には近年、届かない?高校生の頃にもひとつ。天体写真を撮っていて、カメラに付着した「白いモノ」に気付いた時には、ヤッケがぱりぱりに凍てついていた。サイクリングで、ボトルの水が凍ったのもその頃の記憶。さらに学生の頃に「紀伊山系」の冬では「温泉」帰りに濡れたタオルが、凍ったコトも。調子こいて「峠」をはさみ、日が暮れて、一気に氷点下になり、半べそをかいたのを思い出す。幸い「野営」ではなく、温泉旅館の暖かい、食事と布団と宿の方のお出迎えで、いっきに「ほっこり」。

今は異常気象で、日常の行動範囲での気温の厳しさも、その頃よりは、日数や期間が短い。

ただし、体力も知力もどんどん低下している。それをおぎなってくれるのが、近代のウエアーの進歩だが、風雨、風雪のなかで、保温や発汗をコントロールしてくれる。時として、自然は人間の物差しの基準をまったく「無」にかえるから、過信は禁物だが、非常に有り難いのは事実。

で、不思議な話。近頃、スポーツシーンから、様々なドリンクや携帯食が、リリースされてるが?いままでは、小生にとって「三種の神器」だったのだが、最終的に辿り着いたというか。結論が出た。三食プラス、補給食の一番は、梅干入りの塩で、握った「おにぎり」と味噌汁。砂糖たっぷりの紅茶。水分補給は真夏も真冬も水が一番。寝る前はワイン。これに多少のオプションが付くが、季節によってかわる。スポーツシーンからの転用は「過剰摂取」による「逆効果」と元来からの、体力を時に停滞、減速させる場合が、摂取方法を誤るとかなりの確立で、マイナス作用が起こる。

もう、ひとつ。野外活動で、減塩、糖分ゼロの飲食物は、ご法度である。

なんてえ「話」を深夜にかいてるなんてえのも?ご法度である(笑)良い事書いてるのに?説得力が無いのはそのせい?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-10 01:39