四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
土、日、月、火とれんちゃんで、仕事を請けて、死に掛けている、、、。
デジタルな時代の最悪のパターンになっている。フィルム時代には無かった?納期の過酷さがそれである。神経が、擦り減って、再生してくれない?そこへ、今回はRAWとJPEGが2パターン混在してる画像をセレクトして、納品しなくてはならず。久々にアクションとバッチ処理が、入り乱れている。まあ。パソコンが勝手にやってくれるワケナンダケレド。

またまた、ハワイの土産をいただく!さきいかにチョコレートのブロックが、くっついているヤツで、初対面した!味はことのほか、絶品で。さらに「話」を聴くと日本でちまちまやってるのもいかがなものかと?

だいたい「写真」の色が、ここまで違うか!フィルムの時もそーだったけれど。デジタルになるとさらに「趣」が、激変する!

で、仕事はハイパワーマッキントッシュが、さくさくと進めてくれている。これだけが、唯一の救い(笑)。パソコンの数だけ、もう一人の自分が存在する訳で、これは「快感」である。お金が出来たら、パソコンとデジカメをどんどん「増やしたい」、、、。まあ、それにしても「コノ」睡眠不足には、正直、たまらん。あしたは、GWで、宅急便の出荷の時間も繰り上がる。カット数が多いんで、電送は「物理的」に苦しいんで、DVDで、宅配なんだけれど。これも「うんざり」で、「異常」な納期のせいである。誤解を招くといけないんで「ひとこと」。宅急便のせいではない。念のため。

お後。1時間ほどで、日付が、変わる。納期との闘いが延々とつづき。葛藤の連続となる、、、。おまけに「明日も」朝から、撮影を入れてしまっている(泣)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-30 22:55
本日もどーにか?完了!どーゆー訳か?サーキットでは、
かつて無かった「タイムスケジュール」が発覚!過密スケジュールに慣れている小生には、逆に新鮮な驚きと急に睡魔が襲う。真昼間の話。場所は1Rに居たんで、プレスルームには戻らず、少々陽射しのキツイ、虫が乱舞するカメラマン撮影台の2Fにて、日向ぼっこがてら?ランチタイム。で、腹いっぱいで、さらに睡魔(笑)。風はさわやかなGWの心地好さ、、、。1Fへ降りて、日陰で昼寝と相成った。普段のレースならば、昼飯もそこそこにピットウォークやレセプションやイベントを激写してるんだけど。本日はレースもイベントもオンコースで、それはそれで、大変なんだけど。お昼休みを「初体験」した(笑)。

なんと。小1時間もあって、超贅沢な「昼寝」となり、「爆睡」して、フル充電となり、気持ちよく、目覚めた!コンナコトハ、久しく記憶に無く。

人生「苦」あれば、「楽」もある。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-30 00:05
どーゆー訳か?GWは毎年、1日はこれ以上無いと言う、
すばらしい快晴になる日が、訪れる。それが、今年は「本日!」。で、仕事は鈴鹿サーキット東コースで、バイクレース&バイクイベント。すぐさま、カメラマンベストが、サウナスーツとなる(笑)。気温の割には風が爽やかで、湿気が無いんだろうか、爽やかだ。それが、救い?

屋外の撮影で、必須アイテムがある。クーラーボックスである。いわゆる食事に水分、補給食を満載。冷えたお手拭きもいろんな場面で、大活躍する。さらに、休憩時の座椅子にもなる。優れものである。

ただし、仕事が楽になるわけでは無いが、モチベーションを最大限「保つ」には、心体のコントロールは必須である。

で、なんとか「激務」完了!後、二日あるんだけれど。こつこつと一歩ずつってトコか(笑)。

例によって、500手持ち撮影に「疲労困憊」で、思考能力もあっちむいてホイになっている。眠い。

途中だけど。このへんで、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-28 21:04
夜来の雨も、止んでいた。日の出と共にみるみる快晴となって、
神宮の山並みの新緑が、見たことも無い「萌黄色」の総錦絵。五十鈴川の風も心地好くて。最高の朝は「光と風」が、乱舞。春爛漫の「野」に「山」に光が、溢れ、こぼれた!

電話が鳴って、夢心地が、やぶられた。

Kカメラマンからで、借りてる「SB900」を返せ。で、五十鈴川で、合流。なんとランクル80で、登場!小生は自転車。

で、小生は立ったり座ったりを繰り返し。マクロ撮影のあげくに「貧血」状態、、、。風景写真家は大変なんだぞ。コメダで、モーニングをKカメラマンに「ごち」になり、自宅前まで、ランクル80で、送ってもらった。どーも。

今日は飲み会があって、美人のデザイナーさんに迎えに来てもらう。ただし、夜更かしの次の朝が、早起きで、ふらふらである。午後からは「ひと眠り」して「夜?」に備えねば(笑)。

で、明日も。仕事は早朝からなんだけど、、、。

そして、GWは、休み無く。激写がつづくのであります。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-27 12:11
カレーうどんをすすりながら、最後の一仕事。デスクワークである。
電話が鳴って、夕飯の確認。で、広島焼きにたこ焼きに焼きそばが、追加された!?飲んでるのはコーラ。パワーの源だと割り切って、不摂生、、、。先ほど、エクセルにデータを打ち込んで、作品の納品作業を完了!明日の便で、(祝!)出荷。

久々にゆっくり、眠れそうである。

パソコンの電源を落とそうとして、モニタに目をやると、まだまだ「ドラマチック」に構成をしないといけない「風景写真」が、けっこう溜まりだしていて、初夏と真夏を加えれば、超大作間違いなし(自画自賛)の作品素材が並ぶ。

で、撮影スケジュールをガチで組み。たっぷり時間をとった。あるときは「やじさん、きたさん」はたまた、おそれおおくも「芭蕉」。まあ、どっちにしたって、遠く及ばない(笑)。予報どおり、雨が降ってきた。雨の日は心置きなく「作品作り」で、終日。パソコンに向かえる(笑)。とにかく、撮る量が、作業能力を遙かに超えている「話」は、前にも書いた。そこへ、どんどん「イマジネーション」が、膨らんで、撮影に出かける。作家活動は、苦しくも楽しい!体に良いストレスと悪いストレスがある。作家活動のストレスは「常に」自分との闘いが、あって「極限」にまっこう勝負出来る。

人生は常に自己新記録と向き合いたい!デジタルカメラのポテンシャルが、その気にさせる。今年はさらに「熱く」なりそうだぜ!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-26 01:02
極力?15kmまでの移動は。徒歩と決めていた?
あまりの天気の良さに「自転車」に乗った。で、DVDを2枚。市内まで納品。その後?そのあまりの天気の良さに、マクロを一本つけて、五十鈴川の源流の「旅」に出る。いわゆる「ポタリング」である。

b0169522_2131815.jpg


野の花や新緑の新芽を「ひろいながら」水田の光景やなんかもスナップ。途中、野鳥撮影の「達人」と出会う。情報交換をして、光線が良いんで、昼飯抜きで、次のセクションへ?WTCC(世界ツーリング選手権)でもらった「お気に入り」のデイバックには、スポーツドリンクと鈴鹿8耐記者発表で貰った「プロトタイプ?」のコカコーラ。

あまり、遠出するつもりは無かったのだが、犬も歩けば、、、。次から次へと「被写体」との出会いがあって、気が付けば?峠を登っていて、五十鈴川の源流に居た(笑)。そこは、まぎれもない「神宮林」真っ只中!大自然の冷気が五十鈴川と森をさらに「演出」させる。生命感「たっぷり」で、新緑の季節の魅力はすてがたい。

大収穫は、カワセミのつがいが、乱舞する「水辺」と出会う!里山に伏していると、ちょうちょが「風」に乗って、小生の顔の数センチのところを飛んでゆく。熊蜂が、視線を感じる「至近距離」で、ホバリング!小ばえが、顔に群れてきて、脚をブヨに刺されて、出血!

いよいよ。初夏の被写体をアートするための「ストレス」が、ひとつ。ふたつと増えてくる。

b0169522_235083.jpg


岩盤に張り付いた「無数」の苔やしだ。湧き出した「水」が、したたりおちる。源流の水を集めて、「清流」五十鈴川となり、伊勢神宮「神々」の森をうるおし、生物多様性の「自然」の営みを延々と巡らせ、四季自然、四季彩を奏でる。風景にも音色。良い「国」だ、日本は、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-25 02:47
お土産をいただく「日々」がつづく(感謝!)ハワイからの
ホワイトチョコレートが絶品。で、中身のマカデミヤナッツが、いままでの人生で、最高に美味しいのに当たった!超しあわせな「ひととき」となった。次は国内便。有馬のクッキーが、届く。これはさすがの小生も、次から次へと開封は出来なくて。楽しみに取っておく(笑)。

GWが微妙な「混み」具合で、5月もありがたいコトにそのペース?MTBと加賀のロングライドの撮影のオファーがあったが、お受けできず(残念)。

しばらくはサーキットの転戦!60肩の「悪夢」にもめげず?一日「超望遠」の手持ち撮影で「歯」を食い縛っている(笑)。もう、これ以上「持ち上げて」いられないという、本当の限界も数度体感したが、根性で乗り切った!

近頃は「まじめに」作品作りにも精をだす?で、100%拡大での画像処理に「葛藤」の日々。急げば、焦り。心身は不安定になり、病気になりそう?で、さすがにこれも「限界」を感じて、腹をくくったら?気分が急に良くなった(笑)。躁うつ病かもな?マイペースが一番トイウコトカ(笑)。

人間、欲を出さず、でしゃばらず。与えられた「仕事」を全力で、こなす!

一生懸命にやっていると「撮影」のポジションが、どんどん良くなっていて。今、考えられない「環境」になっている。感謝の気持ちは「最高」の写真で、お返しすればいい。

本日は学校案内の撮影で、平日は「一応」コマーシャルフォトグラファーをやっている。後は、2800カットほどのサーキットの画像をチェックすれば、本日のお勤めは完了?現在同時進行中の風景写真の作品も、350カットのRAWをTIFとJPEGに画像処理を完了!再チェックして、納品作業に入れる。

三重県在住の知り合いが、Nikonサロンで写真展をやったり、Canonのカレンダーを撮り降ろしたり、がんばっている。身近な伊勢の若者は「顔」を見ないと思ったら、F1を転戦している。近辺が、刺激だらけで、おじいも「ぐわんばりたい!」。

で、そろそろ。いい時間になってんだけど。もう、一仕事だな、、、。
b0169522_23114940.jpg

b0169522_23142762.jpg


精神を研ぎ澄まし、シャッターを切る「風景」がある。命を削って、闘う「若者」がいる。だから、ボクも、体をはって、そうしよう。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-23 23:19
連日、つけっぱなしだった「PC」をOFF。へろへろの「気分」
も休めたい。画像処理作業は、先ず「視神経」をやられる。で、蓄積された疲労が、売りの体力までも、根こそぎ奪ってゆく。一度モチベーションが下がったら、復活は容易ではなく。

美味いコーヒーの呑める「静かな」喫茶店に逃避する。観光地なんで、これが容易ではなくて。さらに「自炊」する気力もなくなってしまうと、外食に頼るしかない。これはけっこう「恵まれている」。

今、視覚を刺激する「風景」と出会っていない。花粉症もひと段落した。これからは害虫やへびや蜘蛛やハチなんかが、出没する「嫌な」季節を迎える。野に伏し山に伏す小生の撮影スタイルには「天敵」が、目白押しなんである。

撮影は、殺虫剤を体に皮膚に吹き付けてから、突撃する!「桜」の作品。画像処理が、折り返しを過ぎた!4月いっぱいで、なんとか「リリース」できそうだ。日本の四季自然風景で、世界戦略を企てている(笑)。1歩二歩と歩き始めたばかりではあるが。日本の春夏秋冬、二十四節気を巡る「旅」は、まことにすばらしい。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-21 01:59
桜の花の撮影が、ひととおり「済んだ」。残り桜を見送りながら、
新緑の眩しい「芽吹き」を迎えていた。天気は不安定だが、三寒四温も差ほどではなくなり、二十四節気を追う日々である。「桜」の作品をセレクトしたら、なんと500カットもの画像になった。日々、RAWからTIF、そして。8ビットJPEGへの画像処理が、延々と続いている。あきらかに「撮影」のペースが上回り、素材から作品作りへのプレッシャーは、筆舌に尽くし難い。毎日が作品作りに「真っ向勝負」出来る気分では無い。すべてがアスリートと同じである。モチベーションが低いままだと「パソコン」の作業にも大きく反映されてしまう。アーティストもアスリートなのである。

デジカメもここへ来て、オールランダーからの脱却が進み始めている。いわゆるジャンル別にスペシャルなボディーが、リリースされてきた。撮影方法から、バックアップのセクションでも、大きく変化した。ワークフローもまた、ますますプロフェッショナルに特化されてゆく。

NikonとCanonを使い分けるんだけれど。これが、けっこう楽しい(笑)。

今年は機材のラインナップが、大きく変更されるだろう。特にCanonが、楽しみだ。

夜食はぜんざい。焼餅を2個いれた。

夜なべの画像処理はさくさくと進むんだけど?後々の「後遺症」の大きさも、結局はマイナス要因、、、。で、ぜんざいを完食したんで、寝る(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-20 02:58
実質、撮影は午後からで。先ず、移動を2時間。セッティングに
30分。いわゆる出張撮影で、料理と向き合う。で、モチベーションを最大、最高に上げる。三交代をクリアして、外はすっかり、暮れていた。予報どうり、小雨。

場所を移して、ファイナルは、日付を軽く越えた。メールをチェックしつつ、人騒がせな「PC間」の初歩的「レベル」のどたばたも終息、、、。

で、本日は、早起きで、鈴鹿サーキット2&4へ!2&4とは正しく、バイクの最高峰、JSB1000であり、国内最速、フォーミュラ日本である。その速度は世界最高峰でもある。未来と現在とレジェンドの融合が、ここ「鈴鹿」には、存在するのだ。だからこそ、鈴鹿は、他のサーキットと一線を画す。

そこは、ファンにもアスリートにもすべてのかかわる「人々」の聖地に他ならない。鈴鹿サーキット50周年の「重み」は、筆舌に尽くしがたく、語りきれない。言葉を越えた「魂」の魁の思いと共に、永遠である。

で、問題は「雨」である。

で、この夜更かしである。いつかは「本当」に倒れるだろう、、、。ワインを一本空けた。酢豚にピリ辛モツ。一度「ほろ酔い」になり、全てをリセット(笑)。

昨年、初冬。トラックのモータースポーツが、シーズンオフに入り。じゃあ、来年。なんてえ声を掛け合った記憶が、甦る。で、4月で、桜満開、花吹雪の鈴鹿サーキットに。人生の「時」の流れは、相変わらず、速い(笑)。

世間では、定年の年齢だぜ(笑)。正直、人を選び、仕事を選びたい。2時には寝たい、、、。

魂を震わす、エキゾーストノートを楽しむ「週末」の後は。新緑に移行する、四季自然を追いかけて、野に伏し,山に伏す。カワセミの狩場と大型動物の水場を発見した。伊勢神宮のお膝元、伊勢界隈の大自然はまさに、神と仏が「存在」する。進化した「デジタルカメラ」が二十四節気の回廊を「写真」に創造する。里から、山岳へ「食物連鎖」が、移行する。吉野、熊野、大台ケ原へと「旅」は、拡がり、進む。

なんというすばらしい「ひととき」にたちあえる「よろこび」を知る。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-04-14 01:35