四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
還暦の思い出がひとつ、増えて!地元の
伊勢志摩経済新聞さんにF1鈴鹿、日本GPの撮影現場を取材していただいた!いま、寝ぼけ眼で、Webサイトを流していたら、アップされているのを発見!感動の早朝を迎えた!

で、今頃?なにをしてんだと言う話なんだけれど。延々、F1の画像を配信してるわけで、現時点では報道用をリミットギリギリで最後のミッションと云う訳だ。

小林可夢偉選手、F1日本GP鈴鹿。3位おめでとう!鈴鹿サーキット50周年おめでとう!!鈴鹿に集った熱い心のファンのみなさんにありがとう!!!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-10-09 06:48
10月4日より10月8日まで、すべてのパソコンの回線が、
F-1専用になり、外界としばらく遮断となった。で、4日にめでたく「還暦」となり、早速の手痛い洗礼を浴びている。体調不良に陥り、食欲は無く、喉、肺まで絶不調。仕事は人生をかけて対応する最高のミッション。

もー最悪で、それが延々と本日も続いていて、歩くのやっとで、息がたえだえ。もー泣きたくなる、、、。朝、息をしてないかも知れないと本気で思った毎日だった。

で、本日。なんとかミッションを完了!中盤で、大汗の後。2時間ほど寝込んだ場面もあったが、決勝日はなんとか踏ん張ったけれど。途中で、力尽き、転倒。

いろいろと、あったF1鈴鹿日本GPなんだけれど。

おいおい、詳しい話は書く。

一応、いま。うどんをすすっている。悪夢からの生還はなんとかしたが?

完全復活ではない。

明日も仕事があって、病院へは行けてない。なんという生活なんだとのろうけれど。好きでやってるんで、なんとか生きている?で、今朝。道路で知り合いのGPフォトグラファーとであった。と言うことはヤツは朝まで画像処理で、プレスルームにいたことになる。小生も昨年は朝の5時に電送を完了させた。で、ヤツはすぐに韓国GPへ。これも好きとは言え、ひどいひどい生活だ(笑)。

本日の今年は最終日は早朝から鈴鹿サーキットへ出勤して、可夢偉の写真を撮る。

人間として、生きてゆける最低の条件を遙かに逸脱しているに違いない。もうひとつ、書くと。二日間連続で、プレスルームに泊り込み、画像を整理したことも、、、。

で、かっこつけて云うと、生命をかけてまで向き合える仕事がそこに存在する!すばらしい人生である。全ての仕事に感謝したい。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-10-08 22:08
瑞穂の国、うまし国、日本。山々に紅葉が折り始め、
天高く、馬肥ゆる秋。味覚も最高になるひととき。24節気でもっとも華やかなひととき。その日本に今年も鈴鹿にF-1GPがやってきた。鈴鹿に集う人々の顔がとても晴れやかである。F-1はやはり、特別。夕方、鈴鹿への出発を迷っていたら公式WebのF氏からで、もう(鈴鹿へ)入ってる?今から出るところです。と言って携帯を置いた。ちんたら国道で行って切りで入ってパスコントロールを済まそうかと思いきや?打合わせと回線チェックをしたいようだ。LANを一本確保出来てるが、無線の方も確保したいようで。どんだけ仕事すんの?って環境だ。

早くゆかなきゃな。高速を飛ばす!ウインドウ全開で頬に秋の陽光と風を感じ、そうそうスキンヘッドにして久しい頭にも風を受け、3倍心地好い!何処をどう見ても秋たけなわで、ところで、明日4日は小生の還暦の誕生日である。シェフに朝のうちにケーキをオーダーするのも忘れんようにな!

F-1のオフィシャルプログラムに小生の写真がけっこう採用されている。一番は料理写真!この辺りまでは書いても良い。あとはうやむや(笑)。

で、パスコントロールに入ると前に金子博巨匠!3歩下がって影を踏まず。NikonD-1の出始めに鈴鹿1Rでレクチャーさせていただいたのは、小生です。ナンテ、名乗る必要は無く、腹と腹がぶつからないようにすれ違う。パスを受け取り、たまたま見えた某ボスとメディアセンターに向かった。ついでにヘリポートまで進入しパーキング。メディアセンターで無線ルータを受け取り、打合わせと言うかだべって解散。

打ち合わせどうり、撮影はすすまんからなあ~(笑)。

ここまで、進入してふと気付く。パーキングパスを貰ってなかったのだ。よくぞ気がついた!パーキングパスがないままに最奥部まで到達できるのには理由がある。それも書くとやばい?やはり、なにごとも早めに準備万端が良い。転ばぬ先の杖?転んでからの松葉杖?

で、明日からいよいよミッションは佳境に入る。専用のデスクをもらい大型のデスクトップでアートして、Web専用のノートPCで電送を繰り返す。これが決勝日翌日の月曜日までつづく。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-10-03 22:12
デジカメのクリーニング用に薬局で無水エタノールを買った。
よくよく見れば優れもので、本来は皮膚の消毒用。小生が気に入ったのは、冷蔵庫の中のこぼれモノなどの汚れのクリーニングにも威力を発揮すると言う効用が記されていた点だ。なるほど。長年の蓄積ですっかり汚れた冷蔵庫に光明が射した。

老眼鏡にもすっかり慣れた。自然体でかけはずしができる。

いろんな作業が実にスムースで、ストレスが無くなって、心地好い。

3日の月の出は19:13分。これからの季節、伊勢志摩は季節風が吹くんで、海が荒れる。奇岩奇石と海と満月と漁船を風景として、コラボさせる。月光の長時間露光も幻想的である。朝、昼、夕、夜、夜明けと被写体にことかかない。延々、撮ってると何時寝るんだ?ってことになる。この間も寝ぼけてて、パンツ一枚のその姿で対応してはいけない方に無意識の内にドアを開け、しゃべっていた。

もーどうしようもなくて。我が家周辺ではそれが小生の正装になって認識されている。ただし、パンツを履いてるんで裸族では無いが、裸族と呼ばれて久しい。郵便の受け取り、宅配便の時間帯はほぼ100%裸族である。

ただし、本物の裸族では無いんで、季節の変わり目によく倒れる(笑)。実は今の不調は風呂上りだけのエアコンの筈が朝を向かえ、震えが止まらん寒さで目覚め?ゼッ不調に陥った。自業自得と言う感じ。読み方と自体はひとつなのに意味がいろいろあるんだなあ~。自業自得。

今年はどんぐりが不作なんで、紅葉の山里に熊が出没するだろう。三重県に美杉と云う歴史と風景のすばらしい山里があって、その峠で、撮影に没頭していたら、となりで熊が唸っていた。この地は国道沿いでもふきのとうをカモシカが喰っているのに出会ったことも。100%自然体で無視を通せれば、闘いにはならない。熊スプレーが必須アイテムなのは知床だけではない。もし、格闘になれば闘うしかないんだけれど。普通の人が2~30cmの距離で唸っている獣臭いのにスプレーで闘えるかは神のみぞ知る。

熊よりも恐ろしいのがでっかい猪。先志摩の猪は海を泳ぎ渡り、浜島まで餌を捜し求める。あの牙とスピードには人間は無力だ。鉈があれば、なんとか闘えるが、その前に銃刀法違反で逮捕される確立の方が高い(笑)。

四季自然、風景写真家の道は大変なんだぞ!?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-10-03 01:15
ロングドライブの後。ホテルにチェックインで、超困った!
目線がドライブモードでピントが無限遠から至近距離に戻らず?ペンを持ったまましばしまばたきするもどーしようも無く。近視の眼鏡を外して、裸眼で記入。受付のかわゆいおねえちゃんの顔がぼやけて見えない。残念!?なんてえのは話半分として、老眼鏡の携帯が必須と悟る。

で、体調不良もつづく。ギャラが安く拘束時間が長い仕事を減らす(半減)決心をした。それが駄目ならすべての撮影契約の解除も申し出た。一日経っても返事が来ない。

人を測る物差しに度量と言う言葉を良く使う。普段高尚な会話を交わす人物ほど。豹変して、度量が小さくなる。いわゆる小さな人間になって自分から落ちて行く。まるで子供の喧嘩(笑)。ぼさっとしてたら危うく巻き込まれるところで、こっちはまたか?ってコトで、学習してるんで、見ざる云わざる聞かざる、近付かざるを徹底。アホにかまうはよけアホやの教えを守るコトに。さわらぬ神にたたり無し。だけど、そいつはたたりをあっちこっちに振りまけるから性質が悪い(笑)。

2~3ヶ月ほどほおって置けば良い。めんどくさいのでこの際に永遠にお近づきをやめるのも得策だ(笑)。勘違いしてる大人は醜くて、愚かだ。ただし、人間は全員が多かれ少なかれ持ち合わせている。だから、人間なんだけれど。我を通せば得はなにも無く、人が離れてゆき、やがては一人ぼっちを繰り返す。

大晦日と元旦のミッションが舞い込む。お受けしたが、はて?いろいろ企画はあるものだ。お役に立てて喜ばれるのが良い。来年のカレンダーに(祝)初マーキング!  

免許の更新もゴールドのまま。自宅から伊勢警察署まで歩きで行ったら、出かけは曇天涼風だったのに直ぐに快晴になり、警察の玄関を入ったら、大汗が噴出しており、一杯引っ掛けてやってきた図。
時間にすると子一時間のウォーク。途中、行きつけの喫茶があってランチが絶品!ところが休みで、倒れそうになった。

で、帰還するルートの鯛焼き屋もたこ焼き屋も休み、、、。手元には幸い氷の入った保冷ボトルが1本。めげた心を支えていた(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-10-02 20:51
少し、曇ってたんでおはらい町のイメージから撮影に
入った。ところが晴れだして、被写体を変更?五十鈴川へとシフトする。台風の増水で少し濁っているが、青空と白い雲を映して、風景は真夏みたいで。10月1日は?季節は?どーなってんだ?

つぎつぎに花咲かせ消えてゆく彼岸花の中に白、黄色の花を見つける!話には聞いていたが、本当にあった。

小魚が乱舞し、水田に虫や蛙等がうごめき。野鳥は捕食に大忙しの図。

紀伊山系の中央構造線が海に没する鳥羽、離島。無数のサシバとあさぎまだらが上昇気流にのって海を渡る。

今宵の月は満月を少し過ぎてはいるが、すすきとのコラボで延々、観月会。もーすぐ夜が明けてしまうぜ。眠さと相変わらずの体調不良で、2日は昼まで寝るか?仕事放棄になるなこれは、間違いない。イメージ仲秋の名月は来年まで、ないんだから。ただし、本当の神宮観月会は台風で中止になった。

昨日は希望どうり、うな重を喰った。少し前の倍の値段である。6切れのを頼むとうな重のごはんが鰻で隠れる(笑)。大奮発してそれにした。甲斐あって体調がすこし戻った。

戻らないのが人間関係で、よくまあ、ちっこい人間の多いコト多いコト。それを相手にしてるんだから同類なんだけれど。体調が戻らんのはそのせいか?自業自得、自爆?人生は何時も行だ。人事を尽くして、天命を待つ。自分のまいたタネはなかなか摘み取れない(笑)。

あー眠たいよー。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-10-02 04:23