四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
本日は昼過ぎまで、とんでもない「快晴」ながら、
納品の仕上げに四苦八苦、、、。で、暗くなってから「年度末」対応「請求書」の仕上げに四苦八苦、、、。で、郵送は4月1日第二便から、消費税アップ料金になる。で、何があるか分からないんで、切手をかなり「余分」に貼った。それこそ「戻ってきたり」「クライアント」に迷惑がかかってはと「余分」に貼った。過去になんやかんやと様々な対応で、いろんな切手が余っている。ただし、ジャストミートのセッティングが無くて。まあ、多い分には文句は貰わない(笑)。

それにしても。倒れずにやれたのが不思議な「行程」だった。文句のひとつもいわずに付き合ってくれた「クサレエン」諸兄におさめて、感謝したい!ただ、現在「脳みそ」の思考回路が途切れ途切れである。ぼけ老人のリハーサルにはなる。ただし、現実が近い実感で、笑うに笑えず、笑い話にもならない「年齢」に悲しいモノがある。

この先「ミス」やら「モノ忘れ」が多くなるんだろうけれど?あってはならんコトだけに「引き際」の見極めも重要になる。それが還暦を越えた「人間」の分岐点になるんだろうなあ、、、。

定年、リタイアと云う、エリア真っ只中に違いない。

さて、最終の郵便物を仕上げた。明日から、作品作りに戻れるんだろうか?神のみぞ知る「運命」に翻弄されるのか?安泰はもどるのか?とりあえず、明日は普通に朝食が食べられそうで?え~と、今年の桜が非常に良さそうで、各地で嬉しい「予感」をがっつり感じている。桜の風景の採用率がデジタルになってから非常に悪くて、滝も含めて、リベンジの春となる!?

とにかく。
先ずは、
寝る。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-31 23:58
何かが狂って「時計」の針まで、ぐるぐる廻り続けて、
収集が付かないまま、本日。なんとか?キーボードの書き込みに辿りつき?小生にとってのエポックメイキングは人生最大の危機も到来!納品の大半をFTPに変更せざるを得ない状況も強制的に体験。最初は大容量をいかに「効率よく」FTPに乗せられるのかで?四苦八苦、禁断の徹夜が連日続き、それでも「物理的」要因もあって、納期の刻限でも延々とFTPが作動していて、さらに「次」の納期もかぶさり、睡眠を削るしか「術」はなく。それでも追いつかず、さらに週末に突入!

DVDを作成しなくなったんで、唯一「通信」に使っているパソコンが空かず、気分転換に書き込みすら、出来ずの日々に。マッキントッシュを通信可能にしてなかったんで、窮地に追い込まれた。もう、悪夢はごめんだ。DVD作成を複数台でこなしていたのを「止めて」FTP複数台に移行する。

やっと。FTPにしたんだね。と、名古屋のフォトグラファーにいじられ、笑われた。今はこんな、高速で、確実で、便利なんだと。時間短縮、経費削減。たっぷりと体感!

で、ずっとインドアだったのに。最後の日曜日は残雪と山岳のガスに大雨、ときに強風!春山の天気をたっぷり味わう「アウトドア」での撮影。某峠に暗いうちから出かけ、昼過ぎまで。

で、それを仕上げて、夜明けごろ、「無事?」FTP完走、完走した!それで?やっと?普通?の生活に戻れたみたい???、、、。

で、朝から延々、週末の「残業」を残しながら、今に至る。で、週末は栄誉ある「代表撮影」もおおせつかり、一睡もしないまま、礼服に着替え、普段はカメラすら入れない、いや撮影不可の場所で、多分この先、一生ないであろうミッションを無事完了!本日、(祝!)納品。

仕事にインターバルを取っていたが、しょっぱなが「想定外」の激写に次ぐ、激写で3連投!!!これがたたって、今に至る。一生懸命撮影すればするほど。後に響くのが「デジタル」最前線(笑)。ただし、この激写こそがやりがいで、生きてる悦び!

夕方。この納品にも多大なるアシストをしてもらった「知人」がやってきて、NikonD4sをゲットしたと報告に来た?お~デジタル最前線のプロフェッショナルクオリティーがハイレベルで、それが、スタンダードになると言うことはどんどん撮り続けて入れ替えないと、世間から置いてゆかれる!

また、新たなるオファーをいただいているが、入試?がある。機材のアッセンブルがまったく違う「ジャンル」が近代スポーツフォトであり、報道を含む現場である。

で、なんとか?3月が過ぎてゆく?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-31 19:32
移動も含めると「延べ」5日間の出稼ぎから、帰還???
相変わらず、東名阪はデンジャラスで、日曜などの高速道路はさらに流れを無視した車が混じり、渋滞に拍車をかける。話は昼間に戻る。撮影の現場はXかD4sでないと収まりが付かないレベルで。その機種でも連写で機材が熱を帯びる。スポーツ最前線は過酷で、緊張感が半端じゃない!!!

今週末も早い展開になりそうで、激写の「はしご」になりそう、、、。

現場はスーツから、ラフなユニフォームまで幅もひろい。スーツは結婚式ではない。念のため(笑)。それは、へんな意味ではなくて、結婚式は小生には合わない。あの手の写真は苦手で、あるので、熱いオファーをいろんなところからいただいているが、うん年前でやめた。ひとにはそのひとにあった「社会貢献」がある。で、この年齢になると信じて疑わないコトよりも出来るか出来ないかとなる。ボケ老人にはオールマイティーに選択肢は無くて、出来るコトは少ない。

ただし、口は本当にくどいほどに出せる。これは困ったものだ。分かっているが、愚かな「言動」で自ら、自分を落としていることに気づかず(泣)。

瞬間の闘いが好きだ。そこでその日に完結させる撮影は最高に楽しい。全てがシャッターを切る「人間」に委ねられる。今週は風景写真を入れるスケジュールが空かない。これは体にもこころにも良くない。良くないけれど。仕方がない。仕方がないは「小生」の生き方に反するので、来週はマイペースに戻そう。マイペースに戻ると何故か「貧乏」になる(笑)。

冬眠から目覚めた、野性を求めて「旅」をする。紀伊山系はこれも最高だ。大杉谷も開通したようで、デジタル画像が皆無に等しいと言うので、激写して「世」に問う、ミッションをおおせつかった。これも泊り込みだな。大台ケ原を何日か「往復」の行となるだろう。動植物の宝庫であり、楽園である。山小屋は近頃「個室」もある。

で、そこまで。デスクトップを担ぎ上げて、作品を創造する。あくまで、それが理想。

日付を越えて、起きてるなんぞ「愚の骨頂」なんだけれど。名古屋から、渋滞をかいくぐれずに致し方なく。それは最悪なんだけれど。撮影現場と人間関係は。まあ、フォトグラファー名古屋組に混ぜてもらってんだけれど。まあ、ワークフローを含めたデジタル最前線は毎回「参考」になる。これも最高で、すばらしいがつく。

で、寝るか?おとなりの名古屋からのドライブは「毎回」疲労困憊になる。いまごろ、眠さが襲ってきた、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-24 01:06
激写激闘!凄まじい数の画像とのコミュニケーションは
昨晩では終わらず?徹夜するよりも早起きで、やっつけた方が「得策」というのは、小生の年齢では、心身に良い。効率も良い。若いときからそーしたらもっと「良い」仕事が出来たに違いない。まわりのカン違いした大人のそれが「かっこよさ」と本当にカン違いして、夜通し仕事・して、深酒。あげくは翌日のだるさをそれも、この業界はなんて。言語道断のきわみ。で、終焉した。それを見て育った青年も今は昔。還暦を過ぎて、気ままにやれるところが救いか?

ギャラもいまにして思えば「破格」。一攫千金の時代もとおの昔に終焉。

頭を切り替えて、仕事に励む「きょうこのごろ」。

で。

腹が空いてきた。健康によろしい、環境で仕事している実感。なんで、あるが、働けど働けど。う~んな日本。それもあれも「夢」だったんだよ。バブル、、、。体にしみついたままで、切り替えが出来てない大勢の老人が、彷徨っている。

で、朝風呂。仕事中なんで、贅沢も許される。朝風呂、クライアント持ち(笑)。

プロフェッショナルの完璧も「客」のニーズと合わなければ?ただの屑。自己満足におちいりやすいのが「写真」の業界。プロフェッショナルの常識と非常識にこれから、本日も挑戦!

さて、どーなることやら???
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-22 07:58
腹をいつも見てるつもりだったが、久々におきな鏡に
自分の体を横から何気に映っているのを見て、愕然(がくぜん)、、、。油断してるとこれだ。どーにも横幅を越えてしまうコトなんぞ人間の体でありえん話なんだけど現実はあった。遥かなサイズオーバーに泣くに泣けん。とほほ、、、。

安くなるのかどうかは変更してみないとなんとも言えないが。我が家、節約できるモノは100%トライにアタックしないといけない事情はあって、頑張っている。で、光電話にチェンジすることに。はたして、安くなるかは一年後に分かる。

東名阪が飽和している。渋滞の連鎖は相変わらずで、事故も絶えない。事故もタイミングが悪ければ、すべて人事ではなくなり。明日は我が身。人災も天災も結果が同じならば、元凶をなんとかして欲しい。

春分の日。

日付が変わる前に寝るか(笑)。これだからなあ~。規則正しい生活に明日こそ、戻ろう、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-21 00:02
試練はつづく。延長裏複数得点のビハインドで、2アウト。
ランナー無し。あきらめたら、ジエンド。さりとて、策も何も無く。時間がうまく流れてくれるコトを祈る。自業自得ばかりではないにしても。理由は要らない、やはり結果が全て。教科書にはなかった回答に直面して、喘ぐ。これも、人生。水族館でシャッターを切っていた。忘れていたが、ここの大水槽には背中に「寿」なる文字があるカンパチがいる。出遭いました!いわゆる出世魚であるが、いまさら「出世」という年齢でもなく。ただし、なにかにあやかりたいとCFカードに収めた。

朝の五十鈴川に華麗な舞を見せる鷺が二羽。本当に舞うように頭上を通過した。春の空、春の空気はひねもす海のなんとかなんだけれど。汚染された大気のせいで、こうなってるんだと思うと日本の冬去り際の春到来は、体に好いはずも無く。花粉のセイだけにして、インドアのダストまで、持ち出し。あげくは汚染物質のセイだと、手遅れ的なタイミングで公表されてもなあ。

平和ぼけは相変わらずで、いかがなものか。

それでも生きてゆくと言うことは、シャッターを切り続けると言うことで、負けてはおれん。バカヤローなことも良しとして、前進あるのみ。で、なにやら「妨害」めいた動きが多くて、いや「人間相手」は大変だ(笑)。まあ、長く生きてれば、そうゆう出会いは多くなるのは必然。

b0169522_2213289.jpg
b0169522_22131147.jpg
b0169522_22132275.jpg


ひところ。人の居ない遠くへ旅に憧れた時代があった。青春である。結局、人と出会う為の旅で、はかなくせつなくときめき、それも。過ぎて、さらに還暦を越えて。で、BGMは岬めぐり、山本こうたろうとウイークエンド。小生のイメージは北海道。青春時代真っ只中の歌は、出会いと別れ。

午後。東紀州行きに便乗。なんと現在、高速をつなぎ、2時間で三重県の端に居た。何かが変わる、変えなくてはならない。久しく撮影に脚を運んでいなかった「新鮮さ」が心地好い。いままで、忘れていた東紀州の風景の四季彩を激写するイマジネーションと出遭う。ここでもデジカメの描写がアーティスチックになったおかげがCFカードのカンバスに広がる。見たことの無いアングルとの出会い。アングルはあったが、四季彩を乗せられなかっただけの話。そう書くともともこも無い(笑)。

春休みなんで、平日もスポーツフォトが続く。3月エンドはプレッシャーだ。それでも空いた日は風景写真を撮りに出かける。で、いかなる天候もドラマチックに描写するデジカメの重さを日々「痛感」しながら、くいしばる「歯」も年齢相応に無く、本日の相棒は目がウトクナッタト嘆き、ただし。どーやら「まだまだ」出番があるようで、2時間で熊野へ出勤できるコトが判明したんで、泊まりでやっつけるか?くまの道と焼印された「杖」¥700を真剣に考えたが、杖よりもモスバーガーでがっつり、カロリーを蓄えた。いや、ゴチになって、熊野旅は明るい内に帰還した。

b0169522_22422399.jpg
b0169522_22423389.jpg


と、ゆ~ことで。

明日は天気が崩れそう、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-19 22:45
人生、いろんなめぐり合わせの結果。運命は、59歳で、
9回裏2アウトまで言ったが、何点差かは定かではないが、人の助けがあって、どうにか「同点」延長戦に入って、2年目の春。体の痛みは別件の不注意で招いた「膝」からのときおりの激痛。怪我や病気の理由など、何の意味があろうかと思うようになった。痛み事態が代わることなどありえないんだからと「悟る」。しからば、何事につけてもすぐ「言い訳」を並べて正当化しようとしてきた「人生」は一体なんだったのか。

デジカメの画像が形容もしがたいほどに「描写」する風景をここのところ「暇さえ」あれば「処理」しつづけている。習うより慣れろ。まさにそれ以外の道は無く。人間の能力のすばらしさを体感しつづけている。仕事もつまりに詰まってきた。ここいらで、密かに「逆転、グランドスラム」をたくらんでいる。スクイズがセオリーではあるが、実は意外と危険で、リスクも高い。相手を圧倒する攻撃姿勢こそ継続し続ければ、それが一番脅威なのだ。

とにかく。確認確認の作業の繰り返しで、画像を仕上げてゆく。もう、フィルムだったらと思うことが100%無くなった。とにかく「全速力、前進」で激写することに専念できる環境になった。今シーズンはその「分岐点」になると呼んだ。

内臓や心肺機能は今が、どこかで歯車が組み合ってイナクテ。まあ、食事などが入院時のレベルで維持できない現状もあるけれど。何とか、安定させたい。今はただ、身から出たサビをなんとか落としつつ、類は類を呼ばないようで、そっちも頑張っている。昨シーズンの撮影はローラー作戦だったが、今年はなんとかピンポイントでジャストミートさせている。ヒントを有無出会いも完璧に近く、太陽の光が常に助けてくれる。写真の「いのち」は質感である。

で、満塁にして、思いっ切り3回、ど真ん中に「的」を絞ってフルスイングだな(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-18 23:43
XPのサポートが切れる4月9日が迫っている!?
1台だけ10数年を越えようかと言う仕様暦のウインドウズが正真正銘「化石」になる。ネット環境のみに特化して、大活躍で、幕切れが迫る。仕事柄、印刷関係からパソコンに突撃したんで、処理を要する仕事はすべて、マッキントッシュで現在進行形!?で、ウインドウズ「ゼロ」の日を境になにかしらのパニックが発生する気がしてならない。それは「内外」にいえることであるに違いない。印刷環境がウインドウズでOKになった革命期もマッキントッシュオンリーで、進めてきた。

現在もごく最近、画像の処理系等は時間が4分の1に短縮された。唯一、DVDの仕上げが相変わらずレコーダーに依存する。多少の時間差はあるにせよ「爆発的」な時間短縮は望めない。業界がすでにこのメディアをトップランナーとして扱っていないと言う現状もあり、致し方無し。

作業速度、時間、共有制、コストパフォーマンスなど。どれをとってもコンパクトHDの利便性にはまったく及ばないけれど。DVDは慣れ親しんだ捨てがたい画像送付アイテムに違いない。まあ時代の流れの中で永遠はないんで、バックアップを考えるにHDもなにやら先行きは不安だしいかなるバックアップもメディアも完成形は皆無である。それが今の時代。

まあこの先はhttpの電送はゆずるとして、撮影のポテンシャルを最強最速にセットアップ、アッセンブルしたいと日々模索がつづく。財布の中身にこればかりは依存度100%なんで、やる気があってもいかんともしがたい。

そうこうしてるうちに完全に山も雪解けとなって、残雪は残るにしても、冬眠の終わる季節をいちはやく察知した動物が寝ぼけている間に撮影したい。日増しに危険度がます「獣」と化すまでに。すでにこちとらは還暦を越えて、格闘能力はゼロいや、マイナスだ。どんなにまかり間違っても勝ち目は皆無。それでも「運」が良ければ「胃袋」におさめてやろうという「気」と「食欲」だけは人一倍あるにはある。

で、撮影がすんだ「いきものたち」で、でっかいのからゆくと「鯨」「ヒグマ」「鹿」「いのしし」、、、。それらは胃袋にも収めた。食ってないのが「ツキノワグマ」なのである。まさに喰うか喰われるか!?

この「仕事」冷静に考えると?割りにあわない、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-17 22:47
週末はスポーツフォト最前線!1DXvsD4sは3月はじめから、
始まっており、本日もその「図」。9:00過ぎから始まった撮影が18:00前に終わり、プレスルームで写真談義で、D4sを持ったら、一回り重いことに気づく。C社ユーザーまで、重くなって増すねえと「言葉」に出したんで、やはり「相当」重くなっている。VTRも高性能になって「共存」させて、リリースされてきたんで、致し方無し。四の五言っては笑われる。事実、笑われて、さらにいわく。三脚につけてるからわかんねえよ。なるほど。今までのプレスエリアでは考えられん。そ~言えば。いろんな物事がご法度の「日本」のプレスエリア。

インターナショナルになって、久しく年月が経過して、ようやく「日本」の不文律が砕けてきた。まだまだ、多すぎてうんざり来る。撮影現場で、不文律の最先端が、三脚。雲台の文化革命が、例のギクシャクしながら、天地水平を睨みながら、四苦八苦する時代はとおの昔にどこへやら。

で、なんでもかんでも「形」にはめて「管理」したがるカン違い世代の終焉で、臨機応変世代が「政権」を取ったようで。じつに快適になってきた。スポーツフォトご法度の二番手が傘。これもラグビーのトップリーグへ出かけたら、OKになっていて、パラソルアダプターなるアイテムが機材として売られていて、実用化されてるのが、またまた嬉しい。

去り行く「仕事」の終焉を押しのけて、デジタルな時代の仕事が、ひとを救い上げようと、次から次へと熟成されて、世に問う時代。デジカメ環境が明記されないと先に進まない。当然だが。トランスミッターを使ったことがあるか?なんて項目が必然と明記されてくる「契約」当たり前な時代。そりゃなんじゃ?そう思ったら浦島太郎を自覚せねばならない。その他のジャンルへも流用されて、間に合わんカメラマンの代役を文句の一つも出さずに粛々と成し遂げる。

コマーシャルフォトでも意思疎通の悪いアシスタントはトランスミッターの足元にも及ばない。現実は厳しい。定点撮影には鬼に金棒である。まあ、そんな話は他人に強いるコトではないんで、やめる。ただついつい、書きたくなってくる。

で、もうひとくされ(笑)。時代は先の雲台に長玉をくっつけて、超AFにピントをお任せした、右片手でシャッターまで持って行き。左手には後のカメラのシャッターを切る「リモコン」。小生のように「脳みそ」で深く考えることの無い「支離滅裂派」にはもってこい。

使える画像が増えるとゆ~コトは?のちのち自分が楽になる!すぐ、それって「ギャラ」が倍になるのか?って、頭の人はその時点で、このシステムは辞めたほうが無難。もっともっとレベルの高い次元を見据えているのだから。

スポーツシーズンたけなわで、ますます佳境に入るスポーツフォト!面白楽しく「超」苦痛!セイモコンモツカレハテ、ドロノヨウニネムルノガ、カイカン!(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-16 22:23
ジャンルと言うよりも撮影フィールドがここまで、多彩だと、
現場への移動の車のバリエーションも必須条件になってきた。パジェロは万能であったが、いかんせん車重2tというのはいろんな意味で、リスクが大きく、まあ今後は都会での撮影はそうゆう車で行くことはない。問題はアウトドアだ。もっともっとスペシャルに仕上げないと撮影に集中できない。某社ISO25600がスタンダードになり、きめ細やかに色再現も色彩の階調も別次元の描写!まったく別世界を映し出す!で、今。現在進行形の「いきものたち」フォトの夜間照明下のライティングもしかり、撮影のディスタンスもまったく変わって来る。

照明器具も最近、革命的に進化して、家電で安価。

さきほど。日付変更線の前で、春山雪の作品を全て、仕上げた。後は最終検査と平行して、エクセルデータを作成して完了!じつに好いペースで進行している。+最新撮影に一年前の撮影の仕上げが納品遅れ?で追跡しながらの激務。で、これに最高に楽しくて、寝る時間も遅れ気味。まあ、以前はこれに暴飲暴食暴◎◎◎が付随してたけど。すべて、皆無になった。で、現在は寝る時間が遅れれば、起床時間と昼寝で充電する。気が付けば?半年遅れまで、短縮されてきた「納期遅れ」。もう、全てのジャンルの仕事も出来ないものは、出来ませんと答えることにした。良かれと思って動いたり声をかけるとプロフェッショナルの現場ではもはや「通用」しない「レベル」にあって、デジカメのスペシャリストはそう、多くは居ない現実をまざまざと見せ付けられた。今後は他人に頼まず、頼らずをモットーに進める。

体に悪いことは極力避ける???

ただし、週末だけはいかなる「条件」でも踏ん張り、頑張るときめた。ビジネスとは受け止めない。受けた仕事は全て、ミッションとして、敢行する!

さあ、風呂して。明日に備えてねるばい。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-16 00:22