四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2014年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
「もう、」一年の半分が!?と、ゆーよりも、「やっと」
と、ゆうべきか。どっちだろうか?どっちもだ。6月最後の日、節目、変わり目、旬の交代、テーマのそして、衣替え。わくわくどきどきの「X」デーもファイナルカウントダウン?空は朝から、梅雨らしい?ふっと30歳代前半が「ふい」に思い起こされた。そのころ、感じてはいたが、当たり前みたいに思って、勘違いして「沢山」の人に「多大」な辛苦と迷惑をかけ続け、感謝の言葉すら、本心から「かけて」無かったのではないかと。「いまさら」「いまごろ」思い当たる「節」が出て、省みるも、手遅れ?

「言葉」を掛けられれば「好し」ではけっして、ないが。ようは「気持ち」を伝えられるのかどうか。なんだけれど、伝わったからと言って、それもそれで、好しではなく。

梅雨空のような「鬱」な朝だ。

風景写真の撮影時間が圧倒的に多くをかける「きょうこのごろ」。人間相手の仕事が、こうも「愚かさ」「探りあい」「いい加減」の「流れ」の中だったのかと、これも「分かって」いた風を装って、自分だけは正当化を当たり前として、無駄な時間をなんと「多く」、浪費してきたことか?

人生の無駄は必須ではあるが、それを「余裕」とカン違いしては、来なかったか?なんか、哲学的迷走のエリア「X」に突入したかな(笑)。

睡眠不足の「頭」が、いけない。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-30 07:10
人の撮れない「写真」と云う、フレーズが脳裏を
駆け巡り、<甘い>お誘いに乗っかって「昼前」に暴走??? ただし、嫌な「予感」がして、長居はせずに「すたこらさっさ」とエスケープ(笑)。実際は笑いごとでは「多分」すまない話。いや~実に好い経験、体感をした。スリルの向こうの壁を越え、見た「世界」は格別。

さて。日本語は難しい?相手が「エゴ」の塊だとなおさら、紆余曲折。もともとが、そうゆう「素質」の人間なんだろうけれど、ええ大人になっても「曲がった」ままとか、斜め「そのものの」人相をしてたりと、分かってるんだけれど。少し、下出に出て、言葉を選ぶと、決まって「斜め」よろしくない「結果」になって、こっちが悪者にされる。

そうゆう人間に限って、あっちの都合で声がかかると「猫なで声」に。胸が悪くなる(笑)。

まあ、還暦を刻んでるんで、言葉を選んで、付き合うことも無いので。きっぱり、この際、縁が切れれば、ラッキーこの上ない「按配」(笑)。

で、7月に入れば、多分「灼熱」「地獄」の「炎天下」の撮影になって、チーム名古屋の若手の中へ、放りこまれて、いじられ<乾いた>雑巾を絞るがごとき、会話の中で、激写が進行するにちがいなく。ここ、ずっと「マイナスイオン」充満の涼しき「現場」で、シャッターを切り続けているワケで、真夏の太陽「直射」のトレーニングが「ひととき」も無くて、心臓を患って、夏、冬は「避けて」通りたい「気持ち」はあるが、長期予報では、梅雨がぐずぐず、7月いっぱいまで、続く「予報」もあって、

今のところ。極端に30℃を越える日々も、無く。そろり、そろりと参ろうか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-29 21:08
つづき。  「他人事(ひとごと)」ではなかった!?
「今朝(けさ)」起きて、好い感じに晴れた空を見ながら、朝食を済ませつつ、ヒルに吸われた「傷口」の血を絞り出しと、消毒していて「目」が「点」になった。ヒルはふくらはぎの上なんで、膝裏になるので「普段」はそう、覗き込まなくては見ないところ。で、よくよく見ると小さなぶつぶつの赤い点!?小生もたっぷりと喰われていたワケで。おぞましい、、、。

普段、町では見ない「小さな」、蚊、ブヨの類は無数に居て、図鑑にもネットにも見ない「やつ」で、これが、なかなか  手ごわい。

まあ、「性根(しょうね)」の腐った「人間」を相手にしてるよりは、ずっと「精神衛生上」よろしい(笑)。で、アウトドアから「帰還」したら、即「衣類」は洗濯し、頭のてっぺんから足の先まで、シャワーで流し、湯船に潜る。

デジカメの購入のアドバイスをと、ときおり「声」がかかる。この間のもD800の中古と云うてみえたが、次(後継機?)が出るよと、話をしてたのが、1ト月、2ト月前で。あっと云う間にD810がリリースされて来て、中古を進めなくて好かった(笑)。デジカメの中古は極力進めないのが、小生のスタンスではあるが。間一髪?こっちは「セーフ」の話。そっちは人間関係が友好で、アウトドアの情報(特別エリア)をよく提供いただく関係。

もう、ひとり。旧知の御仁が居られて、こっちも「貴重な」情報をいただき、すばらしい撮影が出来て、来シーズンも狂喜乱舞になること、ウケアイダ(大感謝!)。そっちも写真をやる。昨日は、情報を「ひとつ」お返しできた(笑)。

日々、是。   好日_ 。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-29 10:05
日々、是。  「安泰」な日は無くて、
相棒氏は昨日「蚊」にヤラレタと「脚」の毛穴がすべて、点々と真っ赤で!是が、ダニだったら?一貫の終りの「冗談」も効かない?見ただけで、いかにも「痒げ」な「メタボ」な、脚を「短パン」から「はみ」出して。見たくも無い、、、。で、小生はうかつにも「ヒル」にやられた。一匹であると、決め込んだのが敗因。その一匹も踏み付けはしたが、そいつの最後(とどめ)は見ていない。そのまま、「靴底」にくっつけての逆襲された「話」なら、馬鹿丸出しで、ど~も それくさい。山で、サンダルでは喰われたコトは皆無なのに。なまじ、長靴で、被害にあう、「この」皮肉さはいったいなんなんだ?

で、懲りずに「連日、レンチャン」の、本日はレインアイテムにパラソルの脚立に腰掛けての撮影。雨の情景もまた、好い。とは?負け惜しみである。本日もブヨ、蚊、ヒル、蛇、すずめばちの天下の気候、天候にあって、空から、地面から。なんで?わざわざの「図」なんだけれど、先客が2名「すでに」長玉装備で、やっておられた。小生はポジションを決めていたら、力士の土俵入りよろしく、先客から、ありがたくも。たっぷりの「塩撒き」をやっていただき、感謝!

これも「日々」。相当な「塩水」、「固形」の塩撒きがなされているにも「かかわらず」自然界はしたたかで、しぶとい。

撮影も終盤に入った頃、轟音が大気を緊張させた。相当な異変である。帰路に入って「判った」。2~3kmは走ったであろう、道のど真ん中に「巨木」が倒れていた!これもタイミングがビンゴならば?車ごと「ミンチ」間違い無しの「光景」に笑うしかなく。今頃?相棒がフェイスブックにアップしてる、筈。

この先、一体?何事が待っているのか?日、月と普通の世間の仕事を済ませて、後。考える、、、。今宵は、大分県の「乾燥しいたけ」で、炊き込んだ「味ごはん」。ぷらす、久々の味噌ラーメン。で、こっちもカロリーが、デンジャラスな「気」がしないでもない。

すでに「風呂」も済ませて、余裕。

すこし、休憩してから「作品」創作にアタックする、予定。寝てしまわないようにと按ずるのは、毎日のルーティン、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-28 21:23
予報どおり「雨」で、目覚める。梅雨時の日の出のころの、
四季彩、雨の情景などはまさに「日本」の四季の趣きたっぷり。暦は「梅雨」だが、らしいようならしくないような?で、撮影をかなり絞って「きのむくままに」シャッターを切ってきた。地元の「主」からは、蛍は20日で終り、と。云われていたが、昨晩まで粘る。で、ここのところ、毎夜毎夜「出勤」して、大雨に見舞われ、ゴールデンタイムに土砂降りになり、生還を繰り返してきた。けっこう、出没するも「写真的」には、季節は去ったと諭された。

見るには、まだまだ「感動的」で、

夜の山間、渓谷は寒い。日の出前の海辺はもっと寒い。懐はさらにもっともっと「寒い」。そこへ、NikonD810がリリースされてきて。相棒は3台、発注した。タイム露光やミラーアップが魅力的などと「口」にしてると「なに?」っていわれる。手ぶれ補正も被写体によってオン、オフを「うまく」使い分けられるようになった。(笑)

画像の処理が思いやられるが、こっちも「どんどん」ソフトが進化して、最新のフォトショップもろもろでは、ローデータプラグイン「オート」<など>で、さくさく「対応」する。&メーカーのソフトが、その「前」作業で、威力を発揮する場合もあるから、使いようで。こっちの「集中力」が「大問題」で、10カット片付けたら、休む「くらい」でないと、好い作品に仕上げられなくて。

それだけ、見たことの無い「画像」が生成されてくるので、感動しながら「モニタ」に釘付けになっている<きょうこのごろ>でもある。じつにデジカメの「描写力」がすばらしいか。日々、毎時、毎回「感激」に浸りながらの作業になる。で、いままで「不得意」と思っていた「表現」その「被写体」の撮影にある日「開眼」した。小生のプロフェッショナルとしての仕事の「ウイークポイント」がこれで、皆無になった。「言い訳」をできる「逃げ場」も無くなり、さらに「撮影」の「没頭」となる。

昨日、「やまびる」に血染めにされた。今、ようやく「出血」の下火で、、、。とにかく「出血」「ご法度」の身の上なのに。これがなかなか、守れなくて。出血大サービスをここのところ、繰り返しているわけで。

そんなこんなで、日の出の刻限はとっくに「過ぎた」。二度寝をして、還暦の体力回復に充てるか?ちょっと、微妙な刻限でもある。寝すぎると、世間体よろしくない「頃合い」まで、雨戸があかないとなると?田舎なんで、どーしたんだ?になりかねない。土曜日だから、好いか?

なんだかんだと言ってないで。寝たほうが「体」「心」にもよい。
<本能>の赴くままにゆこうか(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-28 06:23
パソコンの設定、作業時間などが「いままで」いかに
ランダムであったかが、露呈されて。「いまさら?」 なんて思うが、今からでも「遅くは無い」(笑)。スケジュールと言うものを考えてみた。むろん「日雇い」「出稼ぎ」クリエーターにあてはまる「ビンゴ」など皆無なんであるが、立てないよりは好いと還暦を越えてから、往生際悪く、格闘を始めたわけで。

朝から、好い感じで「雨」が降って、やんだ。

本日の予定には、好都合であるが、世間は金曜日なんで、人の出も多かろう。これが、唯一「鬼門」である。

さてモニタをあわせてから、快適で。

無数のテーマから「これも」ランダムにやっつけて「気分」と「ひらめき」で組み合わせ「納品」直前まで、こぎつけた。発送は週明けだな?なんと13テーマも仕上げた。自己新記録である!ぱちぱちぱちぱちぱち、、、。

日中、街中は蒸し暑くも。朝夕は「寒い」。これが、好い。

で、6月も去ってゆく。

いよいよ、7月は。例年、Xデーが目白押し!?ただし、撮影エリアが、奈良県境の紀伊山系の源流まで、広がっている昨今。並大抵のエネルギーと根性と執念では「消化」できない。そのご褒美が出会ったコトの無い、見たことの無い「感動」「感激」の連続なんで、それが、すばらしい!めげずに続けられる由縁がそこかしこにあり、出会う。

いよいよ、終焉「まじか」となる。
静かになる(笑)。
また、来シーズン、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-27 10:24
ここ何ヶ月か?マッキントッシュのモニタが「眩い」くて、
えらくリアルに明るすぎるのであったが「我慢」して、作業を続けていたが、さすがに「設定」を覗きに云ったら「輝度」が最高になっていた。いつそうなったのかは?だが、小生の自己検診で、眼も弱ってきて、などと「気弱」に決め込んでいた。明るすぎて、直ぐ「疲れて」中学校の授業の設定で、休憩を挟んでいた。まだ、目薬に頼るとこまで、落ち込んでなかったのが幸い。

設定を変更したら、ベルビアに偏光フィルターがエクタクロームノーマルになって、いささか「物足りない」。レタッチとプレゼンテーションで<使い分け>が出来るなと学習したワケで。

それにしても「南中」の太陽の「風景」をリアルに見ているくらい「眩しかった!」のであった。

そこまで、辛抱するなんざ「馬鹿」としか、言いようも無く(笑)。こんな、判断力の無さも「老化」のひとつに違いない。

「楽しみ」のワールドカップサッカーも「日本」が消えた。チームの力のピークが「大会本番」にあわなかったのだろう?スポーツの勝負の難しさだ。ただし、プロセスがゼッ不調でも、決勝で「絶好調」になるのが「勝者」なのである。プロフェッショナルの世界は「結果」が全てである。ただし、負けたプロセスにも勝ったプロセスにも「次」に繋がる重要なファクターが満載なのである。

それはすべてに「共通」で、写真撮影もしかり。写真も常に闘いである。

で、余分な「闘い」を越えて、たっぷりと「作品」が仕上がってきた。どの辺で、区切って「納品」するか?撮影、処理、仕上げをランダムにコナシナガラ「期」は熟した「辺り」に到達しており、ストックフォトで「老後」をのキャッチフレーズが、なにやら「現実味」を帯びてきた(嬉)。

モニタに向かう「苦痛」が失せたんで、若干「カン違い」の気味ではある(笑)。先はまだまだ、遠いと見る方が、賢明で。さて、そろそろ「老人」が起きている時間帯ではないが、区切りまで。もうしばらく、騙し騙し「マウス」を転がし、カチカチと心地好く動くうちは?、、、。









閑話休題。

気がつけば?近頃の写真は100%「足し算」になっていることに気が付いた。「シンプル」イズ「ベスト」がセオリーではあるが、情報量、色彩、パワー、深み、エネルギーは「半端」じゃない極限のアッピールを爆発させてくれている。これは撮影素子とレンズの融合に「光と影」、「執念」と「創造力」が演出させる。究極の芸術のエリアを構築させてきた。

デジタルは過去の踏襲ではなくて、未来のオンリーワンの創造なのである。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-26 00:47
巡り合わせ_「努力」は「ひと」を<うらぎらない>。
昨晩、画像の電送をセットして、横になって「目」を閉じてたら、ドロのように眠って、今。目覚めた(笑)。ネイチャーフォトもスポーツフォトも「見たことの無い」風景、光景の「扉」の先を垣間見るチャンスが巡っている。

ところが、デジタル最前線の機材を持ってしても、描写出来ないでいる。_「何か?」が足りない。知識、経験、テクニック、機材。あんがい「こころ」であったり、する。カメラうんぬん、レンズうんぬん。たしかに「モノ」は必要ではあるが、根本的必須アイテムでは無いと近頃、思う。モノをそろえて、撮れれば「苦労」はないし、撮れなかった「日々」の長さが、それを「証明」している。

とは、云いつつも。NikonD800の次がくる。小生には絶対に「ゆずれない」「確信」がある。残念ながら、D4Sには「それ」が無い。現行、D800はストレスが付き纏う。次世代のフィーリングが「合わなければ」、写真家も「休眠」せざるをえない。

プロフェッショナルなので「絶対的」「信頼」の「絵」を叩き出さなければ、ならない。この「年齢」での「仕事」に「妥協」「ひとまね」は100%要らない。と、ストイックになりながら、心はすでに「妥協」の泥沼に落ちていて、すばらしくドラマチックな「夜明け」なのに。もう一回「ドロ」のように眠りたい「衝動」が勝っていて、

そう「毎日」。見たことの無い「エリア」を追っかけていると、疲れるだけだ(笑)。思考回路が「分裂」してきた。ん?前からだって?そうかもしれない(笑)。電送も無事完了してるんで、世間で言う、普通の朝の時間帯まで、たっぷりと「時間」がある。

ゆっくりと「ドロ」になる。今度は「消灯」して「自覚」して「睡眠」に入る(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-23 03:07
「出稼ぎ」の「あし」が伸びた!愛知、岐阜、三重の
フォトグラファー4人でコラボした「本日」は小雨で、涼しく。昨夜は久々のホテル宿泊で、上げ膳据え膳(嬉)。風呂もバスタブではあるが、夜、朝入れる。三河湾の味覚も「ぷち」楽しめた。最年長になってしまったが、若者達とのコミュニケーションは最高で、この雰囲気は三重県の諸兄では味わえない(ざんねんながら)。

TOPPO のドライブも往復天候に恵まれ、窓を空けて走れる季節は最高である。

まあ、県外の風景が、とくに「道路」がおおきく変わっており、飽きない。まあ、例によって休日なんで「本当」に困った車両が、けっこう「出現」して、流れを妨げる。この<ストレス>さえなければ、疲れも半減するんだけれど、、、。

さきほど、その「本日」の画像のファイリングも完了!今から、電送する。現場ではメディアセンターが無い場合、車でマッキントッシュのノートが大活躍をする。もちろんマックプロだ。それで、下地を作って置く。これが「きも」だ。DVDの時なら、明日までかけて、作業して。早くて、火曜日「納品<発送>」と手際が悪かったが、光ファイバー(NTT隼)で、前にも書いたが、2日間がまるまる「浮いた」。いや、本日中に「納品完了」だから、延べ「3日」のアドバンテージを持つことに。

であるから、溜まった、画像処理「別件」やら「ライフワーク」の撮影に充てられる(悦)。仕事が楽しい!さらに「気管支」のゼッ不調が峠を越えて、快眠!田舎の静かな「ホテル」で、さらに「快眠」。撮影もショートディスタンスのトライアスロンなんで、撮影の移動距離も限られる。健康的な「ひととき」に感謝!これに「ギャラ」がつく。

で、鬼門の6月が「後半」へと入るも「梅雨」の悪影響をいまだ「くらわず」。助かっている、、、。


PS

長靴の「くつずれ」の瘡蓋(かさぶた)なんだけれど。あずきがひしゃげて、かんぴんたんの図で、それがけっこう大きいんだけれど、少しずつ「はがれて」、ときおり「無理やり」剥いだ。

これも「完治」ファイナルカウントダウン。昨晩は湯船に浸かれるまでに。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-22 20:26
「出稼ぎ」_「出勤」の行。万年の「鬼門」は「津周辺」_。
「津」は行きも帰りも<ストレス>100%(泣)。クリアするには「早い」「遅い」時間帯で、中勢バイパスで、迂回するしかなく。「津市」ど真ん中を進もうものなら、渋滞+デンジャラス。白子の一部もじわりと「渋滞」の連鎖にはまる。四日市付近で、ルート1からの大型車両が合流する。これも流れを見て、注視してないとデンジャラスな展開になる。ただし、相手は「プロドライバー」なので、巧く、ペースがあえば、最高のクルージングになる。

名古屋へ入れば、けっこう流れる。交通行政が、機能している。「すばらしい」。

で、本日。+ルート23バイバスに乗って、蒲郡へ入ったんだけれど。知立バイパス、岡崎バイパスは「信号無き」ノンストップロードで、高速で「流れ」、バイパス前の区間も「グレー」エリアで、最高速度が表示無く、バイパスで60kmの表示が出た。これらが、ひじょうに好い、流れを生んでいた。

以前は、伊勢道、東名阪、湾岸、知多と高速をつなぎ、ルート248で、蒲郡か。東名からオレンジで降りた。結局、「下道」と所要時間に<大差>が無く、時間に余裕があるんであれば、高速の<メリット>は失せた。とにかく、絶対渋滞エリアが高速にもあって、事故が絡めば、迂回不可能になる。仕事は現場に時間通り「立つ」ことが、当たり前。

ここんところ、<下道>通勤にはまっている。交通費クライアント持ちだからと「高速>移動を当たり前にやってる時代でもない。時間に余裕があるのであれば、経費節減に気を配るのも、プロフェッショナルの流儀となろう。

本題ではないが、下道には「道の駅」がある。地元の「産」を使った「美味い」「安い」「旬」がある。

さて。

よりによって「明日」だけ、雨、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-06-21 20:04