四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2014年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
時間のかかる「仕事」がもう、ひとつ・・・?
なにやらすると、一日で決まらず、二日目のパソコンとにらめっこになる場合もしょっちゅうで。雑誌やオフィシャルカメラだと「既に」確保された、至近距離へ潜り込める。それ以外は、なんともきつい。会場近隣で、確保は至難の業である。仕事なんで、予算の上限はこれも、厳しい・・・。となると、なおさら限られた中での「お宿」探しと相成る。

閑話休題?

減塩ということが当たり前に囁かれてきたが、あにはからんや「熱中症」がここまで、猛威(伝染病ではないが)をふるってくると減塩なる行為、効果は「真逆」の推奨、提唱と。小生などのように「心臓」に前科のある老人には、いったいぜんたいって、ことになる。仕事も時に究極の体力に人的ストレス100%なんてえのも「しょっちゅう」ではないにしろ、ある。

本日は何事も無い、平穏な日のはずなのに。昼前に調子が悪くなり始め、少々「焦る!」。完全に熱中症の予兆が来て、やばかった。とにかく、冷やすしかなく。さらに血流の確保、さいわい「食欲」は相変わらずで、朝のパスタがっつりのエネルギーが効いていて、ぎりぎり「間一髪」セーフの巻きと、笑って「先に」進めた。悪運、強運もそろそろ、使い切ってくる「年齢」だろうと、転ばぬ先の杖ならぬ、メモを持って、給水、補給をきっちりと、時間割をつくって、目でも頭でも認識させて、ついついを無くさないと本当に取り返しがきかぬ「事態」が想定できた。

さて、天気予報であるが、えんえん、気温30数度を予報している。いよいよ、猛暑、盛夏、酷暑、真夏日真っ只中の「8月」となる。

思考回路、思考能力は撮影で、とっくに使いきっている。真夏は立って歩いているだけでも「至難」の業である。で、残暑というやっかいな「暑さ」の9月のコトまで、考える。気が遠くなる・・・。

それでも、気がつけば?何事もなかったかのように、時は過ぎてゆく・・・。

で、ようやく?週末を含めた「酷暑」4日間の「感動」を詰め込んだ「仕事」のDVDが9枚、完成する「頃合い」となる。普通の時間帯に寝れそうである・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-30 22:03
「夕風」「夜風」が、何故か・・・涼しい!
多少「湿気」はあるものの、まったく苦痛ではなくて、夕刻「そぞろ歩いて」・・・野暮用を片付けた。週末を含めて、4日間のミッションの画像を明日の「くろねこ便」に乗せれるように頑張っている。日中の暑さからの解放が嬉しい!夏は夜中も放射熱で、寝苦しいのが「盛夏」だったはずが、今年の夏はこのパターンで、・・・あるはずないよなあ~。

「鰻」を焼く臭いがたまらん!暖簾をくぐる前に、財布と相談して、やめた。残った「二台」のD3も「何時」止まるやも知れん?ゴーヨンも風前の・と・も・し・び・?テレコンもエラーが、出始めた。乱暴な扱いにマウントが、ゆがんだのだろう?

週末の「仕事」だけ、がんがん「重なる」・・・。ギャラの好い順に受けられれば?愚だ愚だユウことも無いんだけれど。現実は「い・ろ・い・ろ」と厳しい?で、先ほどの電話では、来年の話になって、これも「有り難い」話なんだけれど、さらに難しい?

昔は「上手く」回っていた。今は「平気」で、ぶつけてくる!?ひとつ、来年からは「腹」をくくって、スケジュールを決定したい。「本気」である。老い先短いので、納得できる「仕事」に全力で、立ち向かいたい!

さて、作品創りにも「平日」は時間をたっぷりとかけたい。こっちも相変わらず、遅々として進まない。サボっている訳ではないが、若い頃の集中力、持続力、なりふりかまわず突っ走る、エネルギー、全てが、失せた・・・。

決める前に「転がり落ちた」昔が、うらめしい・・・。

さて、それでも「前」へ進む「気」は十分にあって、往生際悪く、微速前進できているのが、有り難い。今週末は「インドア」なんで、倒れることは、先ず「無い」・・・だろう。

肘通も治りかけている。しばらく先も「一脚」に長玉を乗せて、ぐらぐら撮ることになる。今週末はインドアなんで、三脚を使えるかもしれないので、ちょこ二週間の静養を出来る。かかと、膝、肩、手首・・・。が、ガタガタで、幸い「腰」が元気なので、これも助かっている。サーキットの巨匠達は全員「腰」に来ていて、見た目に「悲惨」だ。明日は、我が身、、、。

週明けの食事は、麺類に糖分、ドリンクは野菜、果物、スポーツドリンク、まめに「水」を摂っている。がんばれ、還暦一年生!(つづく)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-29 21:06
「初物」の弱いのは、生まれつき?ブログのフォーマットが、
新規バージョンになり、困惑、錯綜???

で、書き込み画像アップが「あっぷあっぷ」で、パソコンにむかって「妄想」「想像」もまったく、出来ない日々が続き、県外出稼ぎ「お泊り」も延々と、、、。仕上げは鈴鹿サーキット8時間耐久ロードレースで、この夏、最高気温を連日記録更新して、予選セッションの朝にはなんと湿度98%を記録して、日中の路面温度が60℃に迫り、こりゃあ「死ぬぞ」と「本気」で思った!

睡眠時間も日々、短くなり。連日の日付、変更線を越え、、、。

レースは感動の連続で、すばらしい「鈴鹿サーキット」であった!「聖地」は人間にさまざまなドラマを演出させた。ゴールのスタンドは観客がF-1以上に埋まり、熱狂が半端ではなく、感動感激で、涙が出た!

違う、涙も出た?仕事は過酷で、撮影が滝のような「汗」に「シューズ」の甲が太陽の直射で、痛みを覚え、後頭部はキャップの下にひらひらとバンダナを垂らして、脳を守った。メディアセンターへ戻れば、ぐんぐんと冷やされ、汗が冷たくなり、やがて「乾く」と次に「快適」とは言いがたいが、屋外よりは遥かに天国で、画像処理のマウスを持ったまま「記憶」が「飛び」、いわゆる「堕ちる」こと、数え切れず?当日、納品を繰り返す、、、。

それもずうっと「昔」の日々のように。

「涼しさ」を越えた「寒い」夜を快適に「夜風」が運んでくれる「神都」伊勢の自宅で、外へは出ずに疲労回復に時間をまったりと使っている。

本日から、整理分をできるだけ「迅速」に納品する作業に追われている、、、。で、もう、夜(とほほ)、、、。

機材はNikonD4を駆使したが、結局。決勝はD3に戻した。長年の酷使で、創り上げたレスポンスが、小生にはビンゴしている。今回来鈴鹿のプロサービスのスタッフ氏が東京のスタッフ氏の伝言で、「たかださん、まだ、D3使ってる?」って、伝言を承りまして(笑)。ラスト、2台が「延々」と今回もビッグミッションをクリアしまして、絶賛をいただいておりますので。

今回の比率は、サンニッパが大活躍!14-24の出番はエリアの制約で引きの無い、集合写真のみ。変わって、24-70が大活躍、このレンズはズームの「域」を超えた、描写である。14-24は14と24の単玉に大きく描写を譲るので、近頃が荷物が多くなるが責任ある仕事は「単玉」に譲っている。

次に来る「ヨンニッパ」がゴーヨンと重量が変わらなくなるので、早期導入と考えている。今、肘を痛めてるんで、手持ち厳禁なんだけれど、ナイトセッションで、ゴーヨンを振り回してしまった。

メディアセンターはインターナショナルで、フランス語、英語が飛び交い、時々?巻き込まれる?外語会話教室となり、生の会話に勝るもの無し!残業をしてるとメディアセンターからパーキングまでのシャトルバスが、22:00で終了。徒歩となる(とほほ)。直前、「ボンソワール!」「サバー?」「ノン・・・」(笑)。

いつの間にか、顔見知りになっている。

話題は何故か、ツールドフランス。小生の機材には何故か、レアな自転車関係のステッカーだ貼ってある。若い頃は選手だったんだよって言うと。「スモウレスラー?」「ノー!」。

どこまでも「ジョーク」の国の奴らは疲れるよなあ~。まあ、ただし、奴らはタフで、エネルギッシュで、写真も上手い!で、日本の味、「柿の種」をプレゼントした、口から「ファイヤー!」で、、、。そのジェスチャーがユーモアで(笑)。

お後が、ヨロシイヨウデ?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-28 22:38
九州で梅雨が明けた?らしい?真夏日を何日か「体感?」
して、すこしは「真夏」への準備が出来た。撮影のテーマが、無限!まさに無限!作品の仕上げも根気に気合を入れて、立ち向かってはいるが。これが案外、撮影よりも大変なんだと知る。パソコンが順番に貰(もら)われてゆく。画像処理には、ローポテンシャルになっても「世間一般」では、最高最速を+5年は十二分に、全うしているみたいで、ある。本日も「ひとり」催促に遊びに来た。OSは10.61をそろそろ、手放す。使い切ってるんで、もちろん「無料」である。ソフトもCSなんじゃらからNX2、オフィスなんじゃらかんじゃら、などなど。ほかにも、現在進行形で、十二分な「仕事」をこなしているソフトが満載。モニタも27で、F-1GPのメディアセンターで、そりゃ反則だよ!って、云われたのがこれで、去年の話。

ただし、デジタル処理が、一昔の「感」は否めない。明日は、NikonD810とご対面の日!これで、さらにパソコンのレベルを上げないと、迅速な「仕事」をこなせない。と、云うか。そこいら辺にプロフェッショナルとしての「最低限」のまずは、責任を感じる。これはあくまでも「序章」で、本命のプロ機が、出番をてぐすね引いて、待っている(笑)。妄想族の間では?D-5と呼んでいる!

そんな、マニアック?な話は、マニアに任せて。現在の作品をガンガン叩き出すのが、先決!機材の話をあ~だ、こうだは。この年齢にやってるレベルの話では無く、情けない(笑)。仕事が機材を選ぶのである。ただし、まずは「さきだつもの」との、要、相談の話。それが、何を差し置いて、一番重要、大事なトコロ。

保存食での、食糧や水、補給食を買い出して、とりあえず7月、8月、盆前までの期間を、撮影に専念できる環境に本日、した。なんとか、こっちも乗り切っている!ぎりぎりのところではあるが。伊勢志摩、三重、紀伊山系は「現地調達」の四季折々の「味覚」に恵まれている!感謝感激である。これが、小生の「創作」の源になっている。

ときめきの「四季自然、風景」が存在する。太陽、水、光。海、山、川である。まさに「生命感」そのものが、あきらかに「存在」するのである、写真の中に。新しくリリースされてくるデジカメの潜在能力をさまざまなサポートが、さらに見たことの無い「領域」へ誘(いざな)ってくれる!

梅雨が明けると。新たなる挑戦が始まる!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-16 23:53
「諦めて」「居直って」、蒸し暑さに灼熱の陽射しに
立ち向かったら?2日目にして、筋肉痛と疲労困憊の「気味」が、失せた!?攻撃は最大の防御が「持論」。へなへなとエアコンの部屋で、じっとしてる「体」ではなかった。元々が、ご幼少の折から、太陽の「童」だったワケで、ちょっとやそっとじゃあ、一気に老人で、撃沈するワケが「無い」と調子コイテイル。やっぱ、生粋の「馬鹿」であった。

一眼レフ、VTRからの「編集」で、TVで、オンエアされる一報が届く。この「見映え」イカンでは、一気のこっちのジャンルも加速させ、暴走する(笑)。すでに、数年前から、大きな「局」からのオファーもあったが、機材が「絞れないまま」、ここまで「来た」。先月、とある「ミッション」で、コラボした「これとは」別件があって、それも「まだ」見てない。

時代は確実に「過去」の「踏襲」では無くて、未来への「扉」を広げて、時代を切り開けと、囁き、手招きしている!おもしろいコトになってきた。機材はすでに、時代の最先端!三脚雲台も一本で、兼用できる優れものが、近年、登場!スチールとVTRの切り替えも「ほぼ」瞬時!

NikonD810が「その」答えだ!

未編集の「素材VTR」のオファーもあって、そっちが「かなり」ありがたい!こっちのジャンルも「かなり」伸びそうである!命拾いして、2年目の夏の「お中元?」は意外な「形」で、世間なら、還暦定年で、抜け殻の精神状態であろうが、生き返ってきた「すさまじい」「エネルギー」は、しょぼくれていることを「選択」させては、くれない。

ときめきのある「人生」は、すばらしい!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-15 20:58
「ひととおり」納品(電送)が、完了した。後、宅急便に
書類を乗せたら、すべて「完了!」。で、徒歩、10分のところの事務所(くろねこ)へ「いつもなら」散歩がてら、行くのだが。朝からのこの「蒸し暑さ」にめげた。0120で、集荷をおねがいする「ていたらく」しかも、着払い!

陽が傾いた「夕刻」になっても「蒸し暑い」んだろうと「想像」するだけでも、今日「一日」は憂鬱である。こんな時は、朝「暗い」内から、源流、山岳へ「エスケープ」が、一番なんだけれど。熊出没中の「一報」に二の足を踏んでいる(情けない)。

地図を広げて、次の旅を模索する。東と西で、多重クラッシュの一報も、出足を挫く。

沖縄、南西諸島も「デジカメ画像」が手薄で、ただし。今回、行くからには「一ト月」は最低、かけたいと「妄想」している。もう、ついでに「日本一周」なんてえ「旅」でも好い。今の「時代」。「旅先」で、作品に仕上げ、納品も出来るから、現地で雰囲気にどっぷり浸り、やるのも「一手」ではある。好い時代になったもんだ。

夏にやけ、秋の色がつく前に。一週間は最低、「泊まり」で、行きたいところがある。四季彩をうたってるんで、春夏秋冬の「色」が、まんべんに並ばないと作品とは云いがたい。ひとつひとつ「埋めては」「足してゆく」「旅」の「途中」、、、。

結局の「処」、デジカメの難点?画像処理の時間を創作とみるか?嫌々こなす作業?とみるかで、「一枚」の価値、写真の生命力が、一変する。で、つねに「こころ」がぐらぐらで、ここが、キモである。ワカッテ、イルようで、ワカッテ、無い、、、。(笑)、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-15 11:01
蒸し暑さに「へとへと」で、「閉口」してたら、
京都からと言う人と「話」になったら、京都は「今」こんなもんじゃあない!「一刀両断」された。想像はつくけれど?想像するだけでも「嫌」になるんで、想像もしたくない。「こころ」で、叫んだけれど。京都にも出稼ぎに行く身なので、「口」からは、同情する言葉が出た、、、。

夏、本番になる!とにかく「ヤバ」そうな「実感」を「すで」に体感して、気が滅入っている。足の甲に汗疹(あせも)が出来て、痒くて痒くて「たまらん」、、、(泣)。高齢になってから、この手の「皮膚」のやわさが出てきて、やばいなって感じたら、朝「出かけ」に軟膏を塗って、予防すると軽減、うまくするとセーフになるんだけれど。サボったら?やってもうた!まだ、どこかが「痒く」なるという「シグナル」が体から「ここだぞ」って、いってくるんで、助かっている。

ところが、元来の無精者で、まっ、ええか。で、後に苦痛の餌食に見舞われる。学習と言う、文字に行動に「昔」から、縁が皆無。今でも、よくぞ「学校」を卒業できた「モノ」だと感心する。ただし、「最終学歴」になろうかという時に、学友を巻き込んで、卒業式には出席出来てない。なんと、徹マンをやってて、痛くて「目」が開けられなくなり、病院送りになって、みんなも「付き合って」くれた。

それに懲りずに「実業団」時代もよく徹夜でマージャンをした。もっての「不届き」である。「引退」した、その後も、懲りずに続け、朝から、3時間をドライブして、「ホビーレース」で、とはいってもホストチームには、全日本のチャンピオンジャージや国体選手がいて、さすがに「全日本」選手には、軽く、あしらわれたけれど。そいつが、短距離専門だったので、チームも個人も総合優勝して、帰還したことがある。武勇伝も「そこまで」。

いまは、まったくもって「無理」が効かず、好いコトが「目の前」に来ても、あっても。「前」には、絶対「進まない」、<いや>、「進めない!」笑、、、。

晴天の「空」が、夕焼けに。明日も、暑くなりそうなんで、週末の日焼けを「冷ましつつ」、「疲労回復」を図りたい、などと。ゆっくり?出来るワケないよなあ~。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-14 20:31
「週明け」の朝のルーティン?まず、右足、左足、右手、
の順で「動かし」、ゆっくりベッドから、体を起こし、両足でじゅうたんを確かめて、どっかにつかまり、起床?する。本日は、左上半身を中心に「筋肉痛」が残り、全身に疲労困憊の気味、、、。還暦日記の最初はこんな感じかな?ブレッ苦ファーストは。鶏肉、夏野菜、パスタ。牛乳、ミルク珈琲に「錠剤6錠」。薬を飲むために「そこそこ」規則正しく、生活を送る。送るには送ってはいるが、週末の「危険」は回避できないコトもあり、そのケアと回復に「週明け」は費やされる。

AM8:00までにたっぷり、ゆっくり?適切に「朝食」は。ホテル宿泊時以外には、けっこう、ままならない。ホテル宿泊は他にもメリットがある。洗濯はランドリーで、チェックインと同時に済ませ、生乾きっぽいんだけれど。「翌日」も、車の車内に「日よけ」もかねて、広げて干しておく。洗剤の柔軟剤の「香ほり」が、車内を快適にしてくれる。就寝前まで、パソコン作業はいまや、必須スケジュール(笑)。

就寝まえに「さらに」、「薬」が、ひとつ「増えた」。

話は朝に戻る。けだるさと「心身」が、なかよく闘っている!?

これを取り去らないと「集中力」欠如で。怪我の元の「撮影現場」なんで、手を抜いたり、無理は禁物。部屋に戻ると気が緩み、贅沢にも「エアコン」のリモコンを手に心も手もいってしまう。真夏日?一般人になっているので、スポーツドリンクは摂り過ぎないように「注意」はするものの、ついついは、人の弱さで。体内のバランスが崩れるほどに呑んでしまう。ベストは「水」に「麦茶」&旬の果物に錠剤で、ビタミンなどと計画するが、「本能」のオモムクママニ「おろか」な行動に終始する。

だいたい、クーラーボックスの中は過剰に詰め込まれた「それらの」子供のお菓子箱そのもので。大抵が、水、お茶がボトルで「口」をつけずに残っている。機材+だから、相当な重量を運んでいるのに?で、歩いた分、走った分に「足首」に「その」負担が、蓄積されて、終りまじかは「脚」を引きずり、朝は「節々」を確かめながら?起床するのが、先の話の内容と結論となる。

で、仕事もろくろく「捗って」無いのに?もう、すでに。ランチタイムに入っている。腹が引っ込まないのは、その辺にも「ある」。言い訳がましいが、これでも「十二分」に、納品、納期には「たっぷり」と余裕はある。スポーツフォトは優等生では、あるが?四季自然風景写真に至っては、本気で焦れ!ってくらい「時間」が足りない、「時間」がかかる「生活」が、延々、続いて「現在進行形!?」。

あれっ???、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-14 12:26
「自覚」も無いままに「体」が「熱中症」と闘っていた!
今から思えば、恐ろしいことであった。朝のスコールで、冷やされたと思い込んでいた。台風の置き土産、連日の高湿度は異常を越えていた。じわりと効いてきた「頃合い」にコースサイドでランチタイムとなった。薄日なんだけれど「確実」にそれが真夏日!エアコンの効いたプレスセンターへ戻っていれば、たとえ15分でも冷やされて、換気された空気は、屋外とは雲泥の差。戻る気が失せていたのが、ダメージをくらっていた証(あかし)。判断力が奪われて「それも」失せていた。

それでも撮影を敢行できたのは「クーラーボックス」の飲料、食糧にあって、冷たさが喉から、脳を呼び覚まし、起していた。予選、決勝で10ヒートもの撮影。毎回、超過酷なミッションに違いない。今回はクーラーボックスが「もう、ひとつ」疲労を軽減させた。10ヒートのインターバルで、撮影ポイントを変えたりの「移動」時間に充てるが、5分程度「余裕」が生まれる「ひととき」が巡る。通常は起ちっぱなしなんだけれど、クーラーボックスに腰掛けて、目を閉じた。

これが、じつに「効果的」に体調の維持を手助けした。起ちっぱなしで居たらと、今、思うと「ぞっと」する。正直、完全に熱中症で「アウト」だったと。撮影中に肘が痛くなったり、眠くなったりといままでに「経験」の無いコトが連続でしかも、ゆっくりとじわりと「意識」を「過剰」に感じさせたり、遠のかせたりを繰り返した。ふっと「記憶」が飛びそうになったりもした。

台風8号は、風も無く、雨も無く、音も無く「去って」。肩透かしで、人の目を心を欺いた!で、実は「生きるか」「死ぬかの」トラップをあっちこっちにばら撒いて、あざ笑っているに違いない。

まあ、とにかく?二日間、悪夢の週末を乗り切って、伊勢に生還できたコトを喜びたい!もう、ひとつ。クライアントの担当さんが、交通費の経費とホテル宿泊に差がないんで、宿泊しても良いですよ。と、メールが送られてきていたのも、命拾いのひとつ!エアコン、クーラーガンガンで、心身を冷やし、ケアできた!伊勢~鈴鹿間。夕方、2時間。早朝、2時間のドライブが免除されたのは大きい!(感謝!)である。その時間で、画像をバックアップして、新聞を読んで、TVを見て、ゆっくり横になり、誰にも束縛されるコトの無い、時間を満喫した!

仕事に携わる人々のひとつひとつの「気配り」の「積み重ね」に活かされて、仕事できた「週末」に違いない(ありがとう!)、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-13 22:18
乗り切れたかに見えた!甘かった!路面温度と言うのが、
サーキットにはある。F-1中継などで、聞くあれだ。体温を遥かに越える「領域」がある。そのコースサイドで撮影しているのが、小生たちフォトグラファーである。過酷を極めるところへ「一気」に灼熱、高湿度、高温の大気真っ只中となった。いきなり、真夏、盛夏を「静かな」台風8号が、置いていった。幸い、曇ったりのひとときも有り、夕方には凌げる季候にもなったにはなったが、時「すでに」遅し、、、。体力の再生能力は限界を超えていて、思考能力から判断力やら、人の物差しは完全に狂ったままで、そこに「気」がつかないでいて、どーも「おかしい」「休憩」を取らなきゃと「本能」がつぶやいた。休憩は少し取るけど、撮影を中止は出来ない。休めるワケが無い。

そこが、プロフェッショナルの現場!よくぞ、選んだよなあ(笑)。この仕事をさっ(笑)。

閑話休題?

それで、好しとなる「状態」ではなくて、完全にダウン寸前のところ「運」には見放されては居らず、ダメージは終息。明日のリバウンドは予測できないが、今晩は眠れるところまで来た。

明日の天気予報は、午後から「崩れる」らしいから、ひとまず「命拾い」の図、、、。に、成る予定?なって欲しい、、、。水分を補給したり、塩飴で、補充したりは、ある程度までは「気休め」で、通用するが、異常気象が、通常の日々で、普通になっている昨今では、屋外で「働く」などは、もはや「自殺行為」なのである。日本は温帯にあらず、熱帯よりも「始末」に悪い「夏」を受け入れ、理解しなくては「犠牲者」がこの先、どーなるコトやら?

思うに。

この先、日本の夏に「スポーツ」いや、ましてや競技などは、7月、8月、9月は「禁止」した方が好い。本気で、そう「思った」。となれば、完全失業だな(泣)。

還暦を過ぎてから、この先を考えるなんぞ?まあ、そーゆーコトだな?頑張れ?ぐわんばれ?ファイトッ?バックアップ、充電、清掃、完了!

消灯!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-07-12 23:31