四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2016年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
太陽が蒸し暑く日差しも夏の名残の「ひととき」・・・雨の予感はあったのだが。
10数分のことだからと傘も持つのも面倒と出かけたら?にわかに掻き曇り、復路すぎで豪雨が来た!汗もかいてたところだったので、濡れ鼠も以外と気持ちよくて。最初は早く帰ろうと走りもしたが。行き交う人は雨宿りに軒先を探すが、小生はずぶ濡れを楽しんだ(本当)!で、ハタと思いだす!?「やばい!」携帯電話をポケットに入れているのを思い出し大慌ても間一髪セーフで。今シーズンは「厄年」で、水没「前科3犯」の素晴らしい実績を上げている!?で、またまたやってもうたらどんな言い訳を持って、ショップヘ行けばいいんだ?あ〜危ない危ない(笑)。

で、世間はアイフォン?の時代?にいわゆる。昔ながらのシンプルな携帯電話保持者である。よって、クライアントからの撮影予定などもパソコンからPDFを書き出して、プリントを持ち歩く。年齢のせいで、以前はB5だったコピー紙のサイズが今はA4になった。メモを書くスペースが多くなり、思いついたコトもメモできるので、それはそれで重宝はしているけれど。若いカメラマン諸兄とチームを組むと時代錯誤の浦島太郎であると。何か時代から取り残されて「気」になるコトもあるが。老眼には画面の小ささがネックになって。

それと生理的に受け付けない。

で、パソコンがマッキントッシュなんで。連日、最先端のリンクが入ってくるが?連日の削除にこれでいんだろうかと「自問自答」の日々でもある。

いよいよ、9月も最終日である。台風のシーズンは続く。微妙なローテーションの位置にある。







[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-30 02:17
気象条件の「妙」が、秋を演出し始めた!真夏かと思えば?寒さを覚える?
運命の「いたずら」も絶妙なプラスの展開になって、最後は助けられている。別件で全くあきらめていたコトが、ギリギリでセーフになるし、それも自分以外の外的要素が、二つ。後押ししてくれた!人の力は大きい!またまた、感謝である。自分の言動で動かない方が、結果オーライになると判ってはいても。普通は「口」が、災いするのが、世の中の常(笑)。

それにしても。9月も下旬!熱波、直射日光から「守ってください」と祈っていたら?一(ひと)月が去り、残暑に疲弊することもなく。周りのみんなが「死亡」と思った救急車搬送から数えて、四年目の秋である。感謝である!いろんな人の繋がりに守られて、生かされている!二回目の人生も十二分に楽しませてもらっている。

彼岸花の赤い色にレンズを向ける。そこにも「生き物たち」の四季が連綿と回(めぐ)り、そして。去ってゆく・・・。

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-28 02:32
フォトショップが自由自在に光と影をコントロールしてくれて、
理想の作品作りをサポートしてくれるようにパソコンにセットできたのが8月で。ただし、スペックのほんの微見たる一部しか使っていない。というよりも小生にその能力とやる気がない。残念ながらの才能の持ち合わせがないんだけれど。偶然にもそのハイスペックの「新たな」一つと出会って、俄然「絵づくり」が楽しめるようになって、いわゆるレタッチの延々の単純作業の苦痛苦難苦行から、解放の光が射した!?

撮った時に見た出会った色彩、素晴らしさになかなか近づけられないもどかしさがデジカメ写真にはある。表現できない風景の素晴らしさはまだまだ、機材の再現力は及ばなくて、打ちのめされた絶景の記憶があるいくつもある。大判、フィルムカメラの膨大な情報量を封じ込めた記憶との比較である。それはそれでナンセンスな思考であるが、悔しい!命がけで上り詰めて「出会った」風景を再現されなかった「描写力」を呪いlくやみ!悔しがった!

知床、慶良間、屋久島の大自然の話。

どうやら、ここへ来て。随分と「心」穏やかになる「描写力」に「加へ」。フォトショップの進化である。世間では随分前からライトルームを話題にしているが、小生は未だ「猫に小判?」である。セットで契約したので、パソコンには眠っている。早、二(ふた)月、クリックしてない・・・。

で、何やら見えてきた。テーマもブレてなく、被写体も無限にある。

日本の「四季彩」の原風景の二十四節気である。

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-27 02:46
新東名が豊田にこの夏継ながったニュース話聞いていたが、初めてドライブした!
雰囲気はコーナーの少ない中央道といった感じで、伊勢からだと往路は上り坂基調で、トンネルの連続という感じ。だから、帰路が大型車両をペースメーカーにして、ドラフティング走行をすると名古屋まで快適に下り基調のオートクルージング?になる(笑)。SAも楽しい!浜松SAでは「浜松餃子」のブースに長蛇の列!小生はとにかく仕事とドライブで疲労困憊で長蛇の列に並ぶ気力なく、おでんの24Hのブースを覗いたら、大正解!おでん6ケのご飯、味噌汁で¥820!しかも味噌ダレを自由にパックして持ち帰り!車でエアコンを効かして、静かな環境で「賞味」した!最高に贅沢な「ひととき」になって、この「ご飯」が絶品で、米を販売していたのであるが、買っとけばよかった!思う、味であった。

機会はまた、あるだろう。

出稼ぎも良いが。撮影が、重なってきた!

もう少し、余裕が欲しいが?「督促」の電話も鳴る!クライアントからしてみれば?スロー&スローに見えるらしい?(笑)。それにしても「遠出」の「旅」は仕事なんだけれど。楽しい!楽しくてしょうがない!(笑)。この胸の中(うち)?如何なものか(笑)!?











[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-26 02:05
雨の続く「野生圏」は期待薄と出かけたが、マイナスイオンに
癒されるだけでも素晴らしいと云うことで。欲抜きでのドライブになって、ウシガエルは出現するは、ハクビシンの食事タイムにジャストミートして、木登りから食事して降りるまでを動画にキャッチ!締めは「おっことぬし」に遭遇して定番の鹿は、それなりに。で、作品の仕上げが、7月分まで来て、興奮はオーバーラップである。一人では見落とす「遭遇」も二人では格段にアップして、大騒ぎの談であった(笑)。

Nikon D500 をラインナップにもう一台加える話は前にも書いた。4KのVTR専属で構えることにした。ライティングもバッチリ決まったので、これからが楽しみだ!5568ピクセルでDXフォーマットのハイスペックは、生き物たちにストレスを与えない距離感を保てるのが良い。後は雲台である。スチールとの二刀流で、伊勢・伊勢志摩・東紀州をアートする。

出かける数だけ「遭遇」がある!目下?ハズレ無し!

閑話休題。

夕飯はおかげ横丁、豚捨ての牛肉をチョイスした。米は北海道産・・・で。こんにゃくが「美味い!絶品!」と大ウケで、美杉村産。アゲは京都。ネギは地元。豆腐も京都・・・などなどと振舞ってから、いざの野生圏!味付けは単純に醤油に砂糖。ただし、素材と具材が良いと味も良くなると云うことか!で、相棒は「カラオケ」へと繰り出していった。さらにデスクトップを一台持って行きおった!

4KVTR?最新マックデスクトップ?専用に最低でも一台?いるよねえ〜?

・・・消灯!?

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-25 01:57
よく降るねえー!挙句に雷がなってきた!撮影機材用の雨具で防備していても
湿気は入るし、手とレンズとファインダーには雫が付く。何かのはずみで濡れる。そんなのが続くのが光学器械にはよろしくない。ここまで長引く雨の日で、これもタイミングが悪いとカビがつく。これが最悪で、カビはコーティングもパーツも蝕む。で、元に戻らない。たっぷりの雨で、風景に雲が湧く。これが日本の原風景を醸し出す。もう一つある。快晴が続き雨が迫り湿気を呼ぶと雲が湧く。様々な光景の繰り返しの中で、全く違った日本の原風景に趣を添える。伊勢・伊勢志摩・東紀州である!

日々暮らしていると「出会う」被写体とアングルがある。幸いの腐れ縁をフル活用して、シャッターチャンスをお願いする(笑)。たまの連絡に先方も仕方なくと言ったところである。すまんのう〜。で、季節が動き出すと延々の大移動である。ターゲットを決めて「一週間ほど」住めば見えてくる。「旅」に出ると出先の出会いで好い趣味ですねえーとよく言われる。近頃、こういったお声がけがなぜか嬉しい(笑)。情報交換も楽しい方が多い。

損得抜きの出会いと対話。これが「旅」である。雨宿り・・・。

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-24 10:08
朝方、寒いくらいの日もある。ぐずついた日々の中で、県外出稼ぎもあって
どっかで「晴れ間」と偶然、出会い!太陽には最低限、照射されてるんで。皮膚からのビタミンDの生成は、かろうじてOKであろうか?で、もう一つの最低限は。作品作りであるが、ここへ来て?どうにか?毎日欠かさずの進行は守っている。時折、疲れたふりをして、サボる。サボったところで、誰の責めがある訳でも無いが、老後の保険なんで、結構シビアに焦る「ひととき」も巡る。果たして、将来。売れるんだろうか?生きてるうちにたくさん売れて、いい目がしたいと「夢」を見続けている(笑)。

7月の作品の素材はすべて。4Kから生成された画像なんで、それはそれは美しく、素晴らしい描写で。見入っている!このレッタチがすこぶる楽しいし面白いんだけれど。いかんせん、大きすぎる!時折、集中力も失せる。同じパターンの繰り返しの作業なんで、今さっきのが終わってるのかまだなのか?記憶も飛ぶ。で、ヒストリーの画面も立ち上げてあるが、それでも記憶が飛ぶ(笑)。そこが、内職と呼んでいる所以である・・・。一番時間をかけるゴミ処理はデジカメの永遠のテーマなんだろうか?

で、またまた。超広角ズームとストロボが「負傷」した。小生の撮影現場は、体も機材も怪我だらけで、辛い!幸い体は、松葉杖、車椅子のお世話になってはいるが、今のところ。立って歩けている。ただし、もうボロボロではある。機材は修理すれば直る。ダメなら、買い替えで済む。ただし、どっちも「心」のダメージの回復に時間を要する「きょうこのごろ」で、若かりし頃のタフさも失せた。

冷蔵庫に備蓄していたパスタが、底をついた。冷麦と讃岐うどん乾麺が少々となった。

次の出稼ぎのついでに買い出しもスケジュールに入れてこうかな。ルートに新東名が入っている。SAには思いがけない「掘り出し物」が結構あって。ただし、良いものは買いだめが効かないんだな、これが。このぶらり道草を兼ねた「旅」が一番の楽しみで。食欲があるうちは、すべて?大丈夫だろう(笑)?

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-24 01:20
じっくりたっぷりと「内職の夜」。持久力、集中力、根気、粘り、きめ細かく。
結局は精神力!費やすエネルギーは撮影にも匹敵する!作品作りは楽しさと辛さを同居させながら、持久走にも似ている。小生はスプリンタータイプではない。ひつこく持久戦に向いていると思うし、それが好きだ。画像をチェックしてゆく内にレンズの買い替えを悩みに悩んで600ミリに決定して大成功だったが、オールラウンドに展開させようと妥協も見えて来て。もう一本は800ミリである。これは究極のジャンルを展開させるだろう。

ただし、600ミリもそうなんだけれど。支点、力点、作用点があって、振り回す際に振り遅れが発生する。要はフォロースルーが追いつかないのである。焦点距離が短かければ短いほど簡単であるという部類の作業である。それに画角の狭い分被写体のロックオンに技術プラスセンスが要る。これは多分?天性の才能も必須であろう?それに努力と意欲、情熱も。要は気合である。

ニーズは変化し、現場が進化する。長玉、ヨンニッパ。ズーム70−200の時代はいつの間にか終わっていた。

要は小手先のバリエーションではもはや「市場」に通用しなくなったのである。プロフェッショナルに求められているものがある。感動に感激に素晴らしい記憶を付加することである。久々にじっくりの「作品作り」を進めてゆくうちにそんなことを思ったりしていたら、眠くなって来て。終了前の反省兼の日記である。

で、凄まじい画像と向き合っている!画質、トーン、色彩、深み、表現力、再現力、情報量と。どれを見ても革命的に質量が半端じゃなく素晴らしい!4K、8Kと人類の英知がさらなる未来の扉を開けてゆく時代に表現者として立ちあえる高揚感に「こころ」から幸せを感じている。人生をかけて真っ向勝負のジャンルが見えてきた!(笑)。

閑話休題。

週末の仕事が、インドアなんで。これで、もし?とんでもない「残暑?」がまかり間違って、襲来しても?直射日光の下の撮影は回避である。しかし、小生もなんと弱気になったもんだと情けない。

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-23 02:01
この年齢になると?疲労はちょっとやそっとでは「取れない」ばかりか、
蓄積される(嫌だねえー!)。ずいぶん前から。自前の「歯」もそろそろ限界で辛い。老化は一気に進むも「騙し騙し」もそろそろなあー(泣)。それでも「シトシトと」そぼ降る雨のおかげで、直射日光からは守られている。近頃、美味しいのは?北海道の「米」。気象の変動は、北海道を米処に変えた?仕事は抜群の撮影機材のおかげで、撮りすぎる(笑)。後が「超」大変なんだけれど・・・。

疲労困憊と書くと思い出す。かかりつけのドクターは小生の仕事量を減らしたほうが良いと提言された。程よい量とローテーションと適度の運動が理想なんであろうが。小生には撮影が運動である側面もある。写真が好きだから、ついつい「オーバーワーク」の気味になる。この辺が、結果?悩ましい・・・。採算度外視のカット数はフィルム時代からの「モットー」でもある(笑)。

空が、明るくなっているので「雨雲」が薄い。絶景の雨上がりになることが予想される。風景写真家としては「心ときめく」。ちょっと前までは「エネルギー」の爆発だった自然界の光景も。今はもう、秋。詩情たっぷりになる。

ただし、正装のTシャツ、短パンがいつも間にか「寒い」今日この頃?実は、撮影以外でも「この」正装は変わらなくて。寝床でも、Tシャツ、トランククスである(笑)。
で、朝方。寒さに震えて、目覚める「きょうこのごろ」となった訳で。今の所、撮影で動いていると。雨具無しの濡れ鼠でも「全く」寒くなく、ちょうど良いか?むしろ、まだ「熱く」感じることもある。これで、風が寒くなると、防寒具の優れモノ、アイテムの助けを借りる季節になる。

これで、残暑の一つでも。戻ってこようものなら、地獄になる・・・。いや、何?地獄の風景は「見てきた」記憶がある(笑)・・・。

[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-22 09:28
台風らしからぬ台風の後は?台風一過にはならず?
ぐずぐずとシトシトとまるで、梅雨の様。で、それが「終日」続いてた中での撮影で。草むらからは「蚊」の大群!ただし、元気なく。はたき落とし、叩き潰す!持参したキンチョールのスプレー缶の出番までは至らず。虫除けスプレーで、コト足りた。近々、Nikon D500 をラインナップに追加する。DXのアングルと軽やかなシャッター感覚と高度なAFに依存する(笑)。軽さの恩恵は計り知れない!

それにしても眠い!当たり前だ。睡眠不足のツケが回ってきた。ただ、神様が居て見守ってくれている!絶妙のスケジュールになって、睡眠不足の疲労困憊の「負」のスパイラルからの解放になった。夏バテも遅れて加算されて、出ようかなと云う「秋」の頃合いに「大仕事」が、免除された。ところで、本当に不気味なほどの静かな「夜」で、虫の声も無い?これはやばい「話」を思い出す。虫が少なくなって、電灯にもまるっきり寄って来ない?の話の後に。宮川の山が崩れて流れ、土石流となった!

また?大災害の「前触れか?」。嫌だなあ〜?

人災は?放っておけば良いが?天災は?そうは行かない・・・。


[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-09-21 23:46