四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2017年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧
嘘のように「鼻水」が止まった!ランチタイム「王将」で昼食。夕飯、王将で「テイクアウト」の餃子!
きっとこれだ!Nikon D5 も64GBレキサーで武装した!世間ではXQDの速さを絶賛してはいるが、速さだけの話題で「中身」が無い?(笑)。要は自信をたっぷり持って世の中に「傑作」を何枚リリース出来たかの方が断然重要である。撮影時の速さは小生に取って「意味」を持たない。確実にじっくりと、となると信頼の持てるCFで、勝負は十二分に出来ている!

風景の中から、ベストアングルを拾い出すのに速さは邪魔でさえある場合がある。ただし、パソコン上の作業では「速さ」が絶対であるところが「矛盾」の最たる悩ましさで。う〜ん答えられねえ〜(笑)。で、ストックフォトのワークフローを全開で突っ走る為に4TBの外付けHDを2連装で組んだ!これでも足りないのは判ってはいるが。独り身なんで、作業はこれくらいの方がと「限界」を感じている・・・。

で、桜桜と騒いでいたが。新世界の風景と出会い!桜は毎年咲くからと。それに強力ライトを新調して、遥か「先」を満月の明るさ以上で「照射」する「武器」を手にして。LEDライティング3連装になり「大自然界」をスタジオライティングでアート出来るまでになった!600 F4 手持ち撮影の「妙」が見たこともないこれも「新世界」を叩き出す!

何十年も使ってきた500はアングル的に物足りなさも感じ始めていた。で、「飽きた?」・・・。200−500があるんで断然こっちの方がアングルのバリエーションは多彩だ!それもこれもNikon D5 のなせる技のおかげである(感謝!)。で、70-200 F4 が「超軽量」で「超描写!」であり、スナップの守護神となった!最短撮影距離に不満があった F 2.8 のウイークポイントを一蹴させたと言って良い。

風景写真はこれに「超広角レンズ」のコラボレーションで「二十四節気」が「完結」に向かって歩む・・・。

ただし、週末は「鈴鹿サーキット」で「瞬間」の「描写」の「技」を磨く!








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-31 22:25
抜歯の影響か?歯茎顎に少々のダメージ・・・。体のメンテナンスは悩ましい・・・。
かなり、小康状態になったが?鼻水、くしゃみの「責め」が現在進行形・・・。ストックの「原画」は相変わらずの「こっちも」山積み!仕上げが追いつかないままに「撮影」は順調すぎるハイペースである。これは本来、喜ぶべきではあるが「プロフェッショナル」は「世に送り出してなんぼの世界」(笑)。世の中、そうそうは楽をさせてはくれない?近道厳禁のプロフェッショナルの世界は勘違いの言動に沈み、死す。で、人の道も踏み外してはいかん。

先に。これも「山済み」になってしまった「ティッシュ」を片付ける・・・(泣)。

仕事は「大きな」山を越して、安堵のひととき。で、すぐ「週末」である。で、4月である。ローテーションは早い!受注仕事が桜満開と重ならなければ良いが?と、今は「目先」に目が行く。あ〜眠たいなあ〜(笑)。

小生の仕事。様々な天候下で「撮影」をして、四季彩を表現描写する「二十四節気」がテーマである。テーマは素晴らしき日本365日でもある。手っ取り早く「近場」で済ませていたが?やはり、北海道から沖縄、南西諸島まで。従来の「旅」の続きをすることに。「夢」の続きでもある。医学の進歩が心身を治癒させてくれた。リハビリはやっぱり、野に伏し、山に伏し、海に川に浮かびが。

小生の生き方にもあっている(笑)。







[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-31 01:47
虫歯の治療の「次に」。もう、使い物にならなくなった「歯の根っこ」を抜いた。
朝夕、血液をサラサラにする「薬」を服用する身には「なんとも」「不安」ではあるが。抜歯後もすぐ「出血」は止まっているみたいで。「止まってるね」とドクター。念のため歯茎に綿(10分ほどそのままで)を噛み、痛み止めを2錠いただき。「痛くなったら飲んでください、二回目は2時間以上開けてください」とナース。麻酔の効いた唇は危険極まりない!その昔。たかをくくっていて、噛んで切れて出血の憂き目に遭っている。性懲りも無く、何度も繰り返す。で、今回は帰還して。ベッドに横になった。で、一眠り中。綿(わた)を噛んで、寝た(笑)。麻酔の切れる前に「痛み止め」を服用した。これは年の功である。痛み出してからだと無駄な時間を費やすからなあ・・・。

プラス。相変わらずの「鼻水」との闘いで心身疲弊状態で。朝夕の食事は体力アップにとパスタフルコース。入浴、飲酒、辛いもの熱い食事飲み物、激しい運動。水でのうがい、などなど。ご法度の項目が印刷された「紙」を渡され「いったい」いつになったら?解放されるのか?・・・。

これは戒めであろう。ちょっと調子が良いと若い頃のように「激写」に突っ走ってゆくので「神様」が「間合い」をとりなさいとおっしゃってくださっているに違いない。それにしても。日照時間が加速度的に増えている!撮影の感覚が追いつかない!












[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-30 20:27
涙目をぬぐい、鼻に栓をしてから「早朝勤務」をこなしている・・・(泣)。
集中力は失せ、不快でもある。朗報もある!クロサギの年中「居座って」いる場所を教えていただく。(感謝!)桜開花も佳境の頃合い。こっちも撮影は24Hフルタイム!コンビニである。(良い意味で)伝家の宝刀、Nikon D5 を極限までぶん回している!三日間で、6万カットを記録した「仕事」もある。耐久テストである!小生の仕事はハイブリッドの燃費走行では無い。レーシングカーの領域と言ったらわかりやすい。容赦も妥協も一切、許されない「現場」の最前線に立っている。

耐久性も街の市民マラソンと国際マラソンぐらいの「差」である。たとえが、悪い?ごめんなさい(笑)。

鼻水で、身体中の「水分」が失せてゆく?補給をまめに?そこへ、思い出したかのように。くしゃみと涙である・・・。もう、ええ加減にして欲しい・・・。

で、桜開花であるが。桜だらけの伊勢ー度会ー伊勢志摩ー南島ー東紀州である!櫛田、宮川水系も河岸段丘の妙で、風景に趣がある。撮れた撮れないは「時の雲」である。片っ端から?トレースしてゆく。で、桜の花見と言えば?焼肉ホルモンである!これは絶対に外せない!(笑)。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-30 07:25
歯の治療も順調で。と。書いたまでは良かったのに?ここ、二日間は「起きがけ」のくしゃみ連発に始まり。
鼻水垂れ流しの「刑」の責めの日々である(泣)。山に入れば、すでに気候よろしき日々で、ダニの餌食に遭っている!痒くてたまらん!で、鼻の穴にはティッシュを詰めても「直ぐに」水浸しで、泣けてくる・・・。デスク作業の傍らにティッシュの山が、これが目を疑うほどに「標高」を増してゆく!出張出稼ぎの疲れを癒せぬまま「桜開花」である。今年は河津桜を絶妙に仕留めた「間合い」に習って、あちらこちらを「散策」したい。

久しぶりに吉野も行ってみるか?

となると。4月中旬まで「桜三昧」である。心臓の薬を服用してるんで「酒」ご法度で「人生」の楽しみも「半分」である。

伸び放題の無精髭をさすりながら、さて。明日は「歯医者」である。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-29 21:56
(続)歯の治療の話。
今まで、遠い過去の記憶にも無かった「歯」の噛み合わせが、治療の度に「復活」を遂げて、何かの「踏ん張りどころ」で、歯を食いしばれるコトが出来て。精神統一とまでは大げさな話になるが、そうゆう「失っていた」コンセントレーションを確保できるというコトは。何かと「集中力」を要し、判断を迫られる「職業」に強いている自分には本当に心のそこから「有り難い!」。これはドクターとの相性もある(感謝)。

で、今までにない体験が。治療の後の歯の掃除である。これは「気分」もすっきりする。自分での歯ブラシだけではどうにも出来ないし、ましてや。毎回「口」の中のチェックも出来るわけもなくの「次元」の話。ここは、専門家に任すに限る。歯の理想的な磨き方も教わった。これも「初体験」である。

さて、これで。どんどん、撮影に集中できて「有り難い!」。虫歯が最初に痛み出した時には。眠れないからと、東紀州に車を走らせていた。底冷えの夜の撮影で、シャッターを切っている「間」は少しは痛みも薄らいだ(笑)。明けて、陽も昇り「暖かく」なり、睡魔に襲われて、車中「爆睡」となるはずが。「痛み倍増の極限」で眠れず・・・どうなるんだろうかと「恐怖」さえ覚えて、ついに「腹」をくくって。歯医者に電話を入れたら?

木曜日は休診と言われ。さらに本日を含めて「二日間」の超激痛は、脈を打つ毎に「例の」ズキンズキンが頭にいっぱいまで響いて・・・。地獄の行だった・・・。

で、レントゲンで?虫歯と神経がドッキングしてますねえ。の、話は「前」に書いた。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-27 23:23
歯の治療が「着々」と進行!ありがたい。歯の治療が一番苦手な「印象」だった記憶とは、全くの「別物?」に
なった「治療」になっている。やってることは同じなのだろうが、何かが違う。快適に等しいと言ったら?そりゃ、言い過ぎだろう。くらいだ・・・。先週末まで、ずっと「北陸」で。拠点は金沢!伊勢では「見ない」ものの「連続」で。ひととき、雪も舞った!(笑)。ホテルのシステムにも慣れないことが多いが、近頃は「頭」もなんとか対応しようと頑張れる!(笑)。

道中に「熊出没」の看板。残雪の間を縫ってのドライブ。雪、みぞれ、あられの突発的気象に対応するよう「促す」看板。高速道路では「人立ち入り」の注意喚起!朝夕、立山の雪景色が「染まる!。山麓までは小一時間に宿泊している。日本海の夕陽も「絶景!」である。味覚も最高!

で、最も刺激的だったのは。金沢駅のポスターとか観光案内所の規模と資料の多さに。入りびたった(笑)。インスピレーションの沸き上りが止まらず、アドレナリン出まくりの「超刺激的空間」はまさに目を見張るモノばかりで。撮影へのモチベーションが異常に高まった!伊勢、三重県には「居ない」フォトグラファーとの出会いも良かった!

これも、あれも「撮りたい!」・・・。

それでも?夜中に目覚め。サッカーW杯の中継を見たり。朝、4時に目覚めた「日」には。画像処理をしたりと、ホテル暮らしも良いもんだ(笑)。

ただし。軽四TOPPOでのロングドライブの「つけ?」が、出てきて?気だるい「1日」を送っている・・・。良い感じの晴れ方の空と風吹く音に誘われてさて、何処へ?撮影に行こうかなと。

で、桜咲く「便り」も待っている。北陸、よかったなあ〜。











[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-27 16:48
レンズのラインナップが大きく変わった!スナップの中心だった70−200が「失せ」
80−400や200−500がメインになった。プラス28ーからの高倍率ズームもまた、デジカメの性能アップで「活路」が広がった!で、単焦点レンズのコラボレーションが究極の「作品」を叩き出すのが「今」である。様々なジャンルでのアングルもまた「ニューアングル」を創造させるコトになる。今まで、撮らなかった被写体に目が向き、撮れなかった被写体にレンズが向き「心」が向かい合う!新世界へと未知なる光との遭遇を楽しめる。

ニューアングルは物理的にも広範囲をカバーできるアイテムの登場により、視覚的にも驚愕の「新世界」となって、瞬間的に感動をシャッターが捉える!センス、スピード、スピリット!テクニックという「旧態依然」の表現は死語であろう。使いきれる「達人」がデジタル最前線を走り続けられるに違いない!

さて。走りに行こうか?(笑)・・・。











[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-23 08:37
最後の最後まで「例年に無く」粘った、名残の冬も。物理的に撮影不可能なシチエーションを迎え、タイムアップ!
名残惜しいが、桜の開花に集中しなさいと云うコトであろうか?さて、桜なんであるが「例年」出たとこ勝負の「八方美人」に撃沈するんで、今年はピンポイントに絞って、徹底交戦と決めた。どこまで、徹底できるだろうか?(笑)。おいしそうな「情報」に翻弄されなければ?良いが?己の信念の希薄さを呪う・・・。ただし、今年は全く違う「武器」を携えてるんで。シャッターさえ切れば?人並み以上の「作品」が自分自身の意思に関係なく生まれる「結果」に。このアドバンテージを活かさない手はない(笑)。機材の革命的進化で写真家人生が「延命」され続けている!

立って歩けさえすれば?作品を創造できるのは有り難い!

で、足腰足元「おぼつかなくなった分」焦った「言動」もここまでくると逆に失せ、いわゆる悟りの自然体に近頃は居る。これが好結果を生んでいる。余分な言動はこの世界では、逆効果であったと知る。還暦を越えてからは、あらゆる経験体験の実務が様々なバリエーションを瞬時に閃かせてくれる「現場」に立てている。人脈の財産は絶対的だ!

この「宝物」が写真家でいさせてもらえる最高最大の「支え」ともなっている。

桜咲く、桃源郷へいざ。ファイナルカウントダウンである・・・。







[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-22 07:15
歯の治療も順調に「日」を重ねている。長くかかるけれどの「前置き」はあるが、未来は?明るい。
医術の進歩もまた、格別の違いを体感、実感している。良い時代に入(い)る。納品もひと段落で、遅れはなく「押しても」いない。これも順調である。で、春の雰囲気に呑まれて、のんびりムードは致し方ない。どこかで「気」を抜かなければ?また、病院送りになりかねない。まあ、それはそれで「たっぷり」の「休養」にはなるが。病室は異次元の別世界であるから。昼間は良いが、深夜草木も眠る丑三つ時にもなろうものなら「修羅」の「世界」と化す!

睡眠不足の心配もあるにはあるが。眠くなったら「眠り」、三食決まった時間に運ばれてくるんで「その」楽しみを今か今かと待ってるうちに「日」が立ってゆく・・・。

その「休養?」もなければ、人生長くは続かない?かな・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-03-21 11:15