四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2017年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
夏至ど真ん中が「荒天」「薄日」「小雨」・・・で、連日の病院通いを挟んで
夜更かしの談。人海戦術が「好」を喫して、みんなで撮影を楽しんでいる。野生の鹿の季節季節の行動パターンも読めてきた。雌雄による行動パターンと習性みたいなものまで。若いオスは今、群れている。角は美しい「袋角」で、じきに剥がれ落ちるだろう。



b0169522_00523175.jpg



小さな瓜坊たちが斜面を駆け下りられるず「右往左往」の光景に出会う。なぜか?寄ってくる?ただし、近くには刺客となった「親イノシシ」が攻撃モードで間合いを詰めてきた!



b0169522_00553656.jpg
b0169522_00554389.jpg



まあ、今の森は楽しい!今年のお天気はカラカラで、クリアな大気の日が続いていて「夏至ど真ん中」だけ、たっぷりの雨で。次の高気圧で、同じように晴れ間が来たら?またまた、超睡眠不足の日々になるだろう?ただし、世に問う「作品群」が無数に生まれてくれるので、大歓迎である!森の仲間たちはすでに小生の車の音を許容してくれていて。嬉しい距離感になっている!中には囀り出したり、覗きにもやってくる!この間は黒いリスが現れた!

これで、狐が目の前に出てくれたら?まさしく「森の住人」として認められた証拠になる!















[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-22 01:05
満天の星空は天の川も昇り、漆黒の闇の水辺からは蛍の光の饗宴!
b0169522_23130057.jpg



この夜勤の次が、睡眠2時間足らずで、早出!それが、先の富士山と朝陽の饗宴!で、本日は「歯医者」を午前中にスケジュールに挟み。日勤はサンコウチョウやらアオバズクやらで。近くで鳴く、アカショウビンには目もくれず?夕方以降のムササビとホタルで。24Hが「一周」した(笑)。



b0169522_23175138.jpg
b0169522_23175952.jpg



沢山の頭数と沢山の目と耳からは?次々と「情報」が挙げられてきて。収拾が付かなくなってきた!(笑)。クマタカ、ふくろう、ヤイロチョウをどう仕上げるかであるが。ガツガツやることもない来年もあるし・・・。それにして素晴らしい環境である(笑)。



で、超眠たいので。本日は「早め」に切り上げた?









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-20 23:25
絶景!日本の四季、麗しき「夏至」のひととき!伊勢志摩スカイラインから!
ぼんやりと薄雲の中に暁の月に明星・・・。伊勢志摩スカイラインのゲートオープンから2〜3分おいて、渋滞を避けてクリアなワインディングロードをぶっ飛ばす!(笑)。で、人手の山頂も避けて貸切のパーキングでゆっくりと三脚をセットして。夜明けの風景に絶句した!



b0169522_11313428.jpg



朱に染まる地平に浮かぶのは富士山からアルプスの稜線までがくっきり!中央構造線が伊勢湾に沈む風景があって、鳥羽離島から伊良湖の先に続く。伊勢湾口、遠州灘、熊野灘はまさに海に浮かぶ「雲海」をたたえていた!人生で初めて見る光景でもある。



b0169522_11363864.jpg
b0169522_11364873.jpg



富士山の方に朝陽がかかり、昇り始めた!



b0169522_11382164.jpg
b0169522_11382977.jpg



この位置でしか見ることのできない「伊勢志摩オンリーワン」の霊峰富士の容姿、その絶景!伊勢志摩スカイラインの早朝特別オープンに感謝である。



b0169522_11405469.jpg



標高500mの朝熊山からの対峙である。朝の光が大気に乱舞する絶景である。Nikon D5 にチェンジしてから「幸運」が「とめどなく」舞い降りている!Nikon のスタッフにも感謝である。

すべてに「ありがとう!」・・・








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-20 11:46
名古屋を超えて、東京方面の仕事へ向かうときは「伊勢湾フェリー」が快適!
伊勢道、東名阪自動車道、湾岸、東名の高速料金とガソリン代金&ドライブの危険と疲労を考慮しても?お得感いっぱい!フェリーは伊良湖、R42 or R259 、または R23 バイパスで東名には浜松ICで、ジョイントする。フェリーの航路で行くと風光明媚な伊勢湾周辺を観れるので、これも最高であるしそこから感覚的にも東京に近くて。前回は平日だったが、その東京からの帰路に新東名を経由してのETCが超お得だった!

で、先週末も伊勢湾フェリーで出かけたんだけれど。往復の帰路で、5分差で一本遅れ。さらに最終便の時間帯だったんで、フェリーターミナルの営業も目の前で。The END !!!トイレに行ったら、短パンのジッパーが壊れ!社会の窓が解放!ウエストバックでどう見てもアンバランスな位置にして売店で軽食を購入して車へ戻った・・・。車に戻り、座るとさらに社会の窓が開放になる!(笑)。

二十四節気、夏至!

伊勢志摩の山からの日の出に早朝暗いうちに起床して「朝陽」を見る!富士山は見えなかったけれど。ヤイロチョウにサンコウチョウの声が森から湧き出してきた!伊勢から登山往復五時間のコースである。で、野鳥のゴールデンタイムをプラス二時間と見る。ここでも道端にふくろうがちょこんと座る姿を見る。

四季絶景!星降る夜の満天の星は星座がわからないほどいっぱいで。東北に伊勢湾が広がり、太平洋も遠望する!南西は伊勢神宮林で、その先に熊野灘、東紀州、大台ケ原を望む!



b0169522_16344417.jpg


この地は八百万の神々と仏が集う、日本の大自然を凝縮している「地」に違いない!










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-19 16:38
アオゲラを追っかけすぎて、重なっていた「ふくろう」の「旬」を逃してしまった。
樹上高くに小さな声で鳴く「ふくろうの雛」の声と姿を視覚に聴覚に捉えたが、一瞬の差でAFが追いつかず撮影できなかった。近くで親鳥の声・・・。その後も声すれど姿をチェックメイト出来ず・・・。ただし、今年も雛が誕生したことに喜びを感じる。ふくろうチェイスのパターンが読めてきた。足元には本当に小さな瓜坊が四つ転がるように親の後を追う。ふくろうは3カ所で親が鳴く。

天空には満天の星!悠久の森の漆黒の闇とシルエットに浮かぶ「蛍」の光跡。そこへふくろうの親と雛の声(笑)。それを瞬時にロックオンするにはまだまだ撮影機材のセッティングやビルドアップも必須。さらにさらに撮影者のスキルアップとまだまだ、楽しみにつながるやることが山積み。



b0169522_00233888.jpg


蛍の光が「乱舞」する頃には梅雨の雨で、星は無しか・・・。何かの幸運が重なって、天の川に蛍の光のタイミングは来ないかなあ〜。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-17 00:27
最高に心地よい、伊勢湾の風は。潮の香が好い!
良く、晴れた!


b0169522_13021688.jpg
b0169522_13022421.jpg
b0169522_13023077.jpg



穏やかな日の穏やかな風景が至福の「ひととき」と知る。もうすぐ、夏至である。人気のまるでない場所で静かにのんびりと平穏な「旅」の途中で、富士山と朝陽が年に一度ツーショットとなる。

で、朝飯?昼飯?は。しらす丼、桜海老に熱い海鮮味噌汁が誠に「美味絶賛」なんである。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-16 13:10
梅雨入りとアナウンスされてから?連日連夜の「快晴!」で、
しかも「森」は涼しさを通り越したこれも連日の乾燥した冷たい風が吹く!これは着込めば事足りるし、ヒルの脅威からも少なからず逃れられる?ただし、害虫はたっぷりの森である(泣)。

で、漆黒の闇に「目の光」を浮かび上がらせ、追う!



b0169522_09474995.jpg
b0169522_09480034.jpg
b0169522_09480961.jpg


夜の森の頭の上の風景は全くの別世界である!緑の絨毯模様の普段見ることのない世界の扉の先を魅せてくれる!

デジタルな撮影機材の新時代にカメラを持たせてくれている「森の神様」に感謝の気持ちを持って、漆黒の闇に立つ。

深夜、不気味なほどの明るさで、月光も森を照らし出す!24時間フルタイムで、森の生命感は半端なく躍動しているその「音」に「気配」に出会う!















[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-16 09:59
豊かな森の子沢山!今年の森は乾燥していて、寒い風も吹き。
b0169522_09072708.jpg



初夏の森の緑に溶け込むような美しい野鳥の巣立ちを見た!



b0169522_09090436.jpg
b0169522_09092035.jpg



b0169522_09110151.jpg
b0169522_09111308.jpg
b0169522_09112969.jpg
b0169522_09114274.jpg




独特の巣立ちだった!親鳥が巣穴に来て、餌で誘導して巣穴から出す!ただし、5羽目は失敗して?夕刻を迎えてしまった?



b0169522_09143813.jpg
b0169522_09144916.jpg



で、左右の手を駆使して?撮影機材を操り?4K VTR とスチール撮影で欲張ったんだけれど。63歳の運動神経は連動してくれず?なかなか、シャッターがシュートジャストミートしてくれず?集中力も決定的瞬間にまで継続出来ず・・・。

虫に食われて、手首、ひざ下が痒くて痒くて。早出、日勤、夜勤の連日にバッテリーのチャージも追いつかず。

本日は疲労困憊の睡眠不足で「無断欠勤?」している、、、。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-16 09:22
山から帰還すると「先ず」シャワーである。軽く汗を流してからシャワータオルで、
入念に石鹸で泡立てて、身体中をゴシゴシしつこいくらいにこする!ヒル、ダニなどを洗い流す(笑)。野生圏の夜の道は鹿、猪の道である。その手の「四つ足」は凄まじいばかりのダニをくっつけている!奴らは足元だけでなく、空からも降ってくる!


夜は「ムササビ」がメインである。後は成り行きの出会いでの「ふろく」みたいなもんである。



b0169522_00454627.jpg
b0169522_00460605.jpg
b0169522_00462498.jpg
b0169522_00464143.jpg



樹洞の小ささからは想像のつかない「大きい」のが現れる!穴から小さな顔が覗いて、いかにも可愛い〜!ただし、全身が現れるとこれである!



b0169522_00495496.jpg



ムササビは森の樹上を渡る「忍者」である!こいつをロックオンするのは並大抵では行かない至難の技である。車のバッテリーから変換器を使い、投光器で森を浮び上らす大掛かりな照明にプラス機材に搭載するLEDはフィッシングようで、最高の明るさのモノで、仕上げはクリップオンストロボにエネループの光源である。

で、朝出、日勤、夜勤であるので。充電が追いつかない!そろそろ、心身バラバラである・・・。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-13 00:58
どっかで見たことあるなあ?って「顔」でこっちを見てる(笑)。
 
b0169522_07424358.jpg



Nikon D3X の頃に出会った「瓜坊」が随分と大きくなって。ただし、その頃と素振りがそっくりで。いわゆる目鼻立がそのままで。こっちにかなり近づいて(撮影最短距離)から反転した。子供の頃も人懐っこくて、この顔がカメラの前で食事をしていた。アイコンタクトは十二分に取れた。この種とはかなり、親密に友達になれるらしい・・・。

さて。今年の夏は睡眠不足をもっともっと「楽しもう!」。

ワイルドライフの「作品」が「毎晩」彩られてゆく!仲間が三人になったんで、知恵も効く。



b0169522_07591758.jpg



伊勢悠久の森、漆黒の闇には「無数の目」が光って、こっちを見ている!見に行っているとばっかり思っていたのだが、実は。見られていたのだと知る「野生圏」の「今日此頃」・・・(笑)。














[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-06-12 08:02