四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2017年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
昼寝をしたけど「気だるい?」これが俗に言う「夏バテ」であろうか?地元の夏祭りの神社へ歩く。
風が心地良いが微妙な汗ばみ・・・こんなに人が多かったけ?と思うほどの「人手」である。山に囲まれ、川が流れるところに住んでいる。デスクワークも片付けて別件で電話したら、DVD納品がUSBになった。さらに言うといつもは伝送なんだけれど撮影のついでにと言ったのが仇である。やらなくていい仕事を二手間かけて「無」になった(笑)。で、夏祭りの話。福引券と直会券がそれぞれ一枚。3〜4人前で一等賞が出て、小生は五等賞!かなり、がっかり「いい大人」の欲心はいかん(笑)。

で、五等賞はお菓子の詰め合わせ。ティータイムにするか?五等賞も悪くない(笑)。

強めの風が吹く、明日は雨か・・・。8月後半、まだまだ日中は「真夏まっさかり」である。老体に気合をくれて汗を絞る肉体労働が仕事である。8月の「〆」は出稼ぎがひとつ・・・9月もまだまだ、残暑で大汗を絞られる。立って歩ける内はの「冗談」も「冗談」で無くなってきた昨今。ついつい弱気の虫が顔を出す?

それでも絶体絶命の窮地に光明が差した!コツコツと努力すれば?というほどのものでもないが。しないよりはした方が良い・・・人生は苦楽を行ったり来たりの「行」である。写真撮影も然りそうゆうことである・・・。それにしても腹の出っ張りが一向に・・・暴飲暴食は止めたんだけどなあ〜。もっと「野山」「海辺」を歩けということだな・・・。ただし、「餌」にならないようにと気配りの撮影現場に立っている(笑)。

















[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-21 20:24
この秋で、64歳になって来年が65歳で年金生活の話は前にも書いた。こんな年齢まで現役を
張っていられるのは進化し続けるデジタルカメラとフォトショップなどのおかげである。ただしファイナルカウントダウンは完全にゴール前である。で、カメラはなんとか落とし所を見つけたが、フォトショップに至っては全く使いきれてない。この魔法の箱のスペックを理解するには現場での熟練と確固たる終着点を決めてないと使おうにも使いきれない。そこへニコンD850のリリースとなればD5とのコラボレーションで鬼に金棒の談となる。

その前にちっとはソフト関係のワークフローもレベルアップしとかないと豚に真珠である。これも意味不明なんであるが、人が言ってるんで使って見た(笑)。日中の炎天下が灼熱だが夜間は気温が落ちて来て、インドアではエアコンが良く利くようになってきたので「避難」できるポジションに入れば?残暑は上手く乗り切れる・・・今日この頃。

作品作りなんだけれど実に良い進み具合で消化されてきた。ニコンD5が本能の趣くままに操れてきたのが大きい!静止画動画の切り替えもストレスフリーで、仕事になっている。で、早起きは三文の徳(得)?これも意味不明の小生であるが、深く考えなくても早起きは好い(笑)。さて?8月もあっという間に下旬の頃合い・・・。

風景写真、ワイルドライフ、秋祭り・・・。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-20 05:34
印刷原稿に仕上げた JPEG 辿ればTIFF、 RAWと相当数のフォルダがデスクトップに
並ぶ。近頃では4Kのフォルダも加わって、作業待ちなんで「激重」の画面は火を噴きそうな状態だろう!納品作業は順番どおり行かない。割り込み、飛越、飛び入りは日常茶飯事だ?最悪は効率を重視して、TIFを複数並べた時に新規バックアップだの複数画面が重なると「最悪」の処理スピードダウンにフリーズ一歩手前に陥りストレスはマックスに・・・。

で。なんと4月、5月、6月、7月、8月がその手の負のスパイラルにハマってしまい。苦悶の日々・・・で、ようやく出口が見えて来た。こつこつとランダムに整理して、少しずつバックアップへ転送させ。納品も上半期をカバーし上回る結果に!いかに地道にこつこつと仕上げてゆく難しさを現在進行形で味わっている。手を抜かず、慎重に、焦らず、丁寧に。

撮影は極限の「一枚入魂」。9月からの仕事は全く違う世界を魅せてやる!人にでは無い「自分自身」にである!










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-18 07:15
気温はさほど「高く」は無いが、の辺りが実は厄介で「湿度」が飽和状態で、風が吹いてれば良いが
止むと数値以上の不快感を覚える今日この頃。夕陽と雲の絶景の後の「蚊」の来襲の先に「鈴虫」の音色と遭遇!季節が日増しに秋色である。で、この頃になると「盛夏」「真夏」の撮り忘れが気になりだすという勝手気ままな自分がいる(笑)。岩壁に百合の花が満開でも「名は」知らない。明日はレンズを向けようと思っている。八方美人の談である。鰻を食いに行こうと誘っておいて出かけてない。6月からの話・・・(笑)。

作夏に狂気の森にずっと出かけて何事(蛇にムカデに蜘蛛に噛まれず、蜂にブヨに刺されず、漆にかぶれず・・・)も無く「蝉」を撮影した。クマゼミ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミとスタンダードなアブラゼミ。柿の木のニイニイゼミはそう言えば?撮ってない。まだ?いける・・・?春夏秋冬、四季彩。二十四節気・・・デジタルカメラがすべての被写体を多彩に表現してくれる!面白さ楽しみが尽きない!それが「仕事」だからの「道楽」だから世間体は如何なものか?は別にして。

今、最も使いたいレンズが200マクロで。早くNikon D850 リリースされないかなあ(笑)。

もちろん動画と二刀流が面白い!











[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-17 20:00
随分と日の出が遅くなってきた?気がつけば・・・「夏至の頃」は格段に寝不足になったが、「今」、
雨天ならば?5時では「暗い」中、本人も地面も足元が危ない。転ばぬ先のならぬ滑らぬ先の「靴」である。撮影には撮影機材の他に十二分な安全を確保する「必須アイテム」がいくつもあって、ケチると命取りになる。まずは集中力に判断力なんであるが。もっとも「運」「不運」の部分も自然界には大きい!スズメバチ、毒ヘビ、毒蜘蛛、ダニ、漆・・・山、川、海はいろんな意味での危険がいっぱい。知らなかったは通じない。

筆舌に尽くしがたい「光景」に出会うと一線を超えている!アイテムを装備していても「とっさ」のシャッターチャンスでは身に付けないまま「被写体」に超接近の段である。九死に一生で、偶然?生き延びて入るが、そろそろ64歳の「お歳頃」なんで、今度やらかしたら?致命傷になりかねん・・・そろそろ、事前の自重がと「肝」に銘じておかんといかん。

まだまだと思っていた「リタイア」までのカウントダウンが加速する「実感」もある。延命には唯一、体重の減量にある。25kgの余分なバーベルを背負っている!若い頃なら、トレーニングであるが。老齢の今となっては「超負担」の何物でも無く、特に「心臓」「足首」「膝」とかの部分を気にしがちだが、全身に絶対良くは無い。汗を流して、歩き。腹が減ったら「飯」を食い、喉が乾けば「水」を飲み。閃けば、シャッターを切り。眠ければ、眠り。「一期一会」を本能の趣くままの「旅」にまた、出たい・・・。

それが65歳後の「夢」である。







[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-16 07:21
両腕にたっぷりの疲労が乗っかっている目覚めの後にやっとこせ体を起床させて、頭と体が記憶を辿れば、
お盆の激務の名残であった。自宅の周辺は名うての観光地であるから、出勤の朝は県外ナンバーのラッシュアワーに遭遇して、普段ならとっくに市街を走っているはずのドライブが一つ目の信号をクリア出来て無いばかりか。全てが、止まって見える・・・。で、高速道路は諦めて「下道」をトロトロと向かう。全くの時間の浪費であるが、仕方ない・・・。

とにかく、デスクワークも含めたすべての「仕事」も捗らない。で、世間のお盆休みもフリーランスの身には関係なく「交通渋滞」のあおりをたっぷりと受けて、それでも時間が解決してくれて越えた。止めは県外出張撮影のホテルの予約でも時間をたっぷりと費やして疲労とストレスはピークだった。しかも料金が跳ね上がる!以前なら「車中泊」も楽しんでいたが?近頃ではエアコン完備の快適なベッドでテレビを見ながら、気が向けば「大浴場」通いの「湯治」である(笑)。これが実に心地よきかなの快適な生活なんである。

で、撮影機材をベッドに並べて、普段ではできない清掃点検充電などをチェックして、カメラのメンテナンスもゆっくりじっくりできるメリットがある。生活はフルタイムの上げ膳据え膳のストレスフリーが良い。ただし、パソコンん作業はほどほどに?まあ、まれに?朝までキーボードを叩いていることも・・・。日付を超えることはしょっちゅうで、なんのための宿泊なんだろうか?と思うことも・・・。

道中、稲の実りの四季彩と出会う。蒸し暑い日中の太陽の真夏の空気を感じながら、視線の先の「秋色」の訪れに。一瞬、癒されて「今はもう、秋?」。ちょっぴり、撮影機材の重くなったのを感じながら、お盆最終日は早朝から夜まで、たっぷりのデジカメ2連装の「行」を完結させて、更なる「残業」は長距離ドライブの「業」となり、「行」は続き・・・。

疲労困憊が癒えるころに。いや、癒えぬまま「次」のミッションがやってくる!








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-15 12:13
VTRの編集の入り口レベルの作業を完了させて、作品に仕上げた。と言っても、全くの素材ストックに特化であるが。
ただし、見直すと収めてデジタル一眼レフの画像の先鋭さに感嘆した!これは第三世界である!未来は明るい!センサーのゴミさえ完璧にクリアしとけば。仕事になる、絶対と確信したので最先端の現場へ修行に早く出た方が良い。身近にテーマが無限にあって、収めて「伊勢」に住んでいる有り難さを実感している。で、年金支給のグッドタイミングである(笑)。ストレスの伴う仕事を辞めて、作家活動に集中できる。

で、そろそろ。何年か振りかに名刺も作らんといかんだろうなあ(笑)。二十四節気デジタルフォト&映像作家。いや、待て?重すぎるかなあ〜(笑)。なんかもっと軽くて楽しい身分アピールはないかなあ〜。

ところで。昨年の宿題も最終章に入ってこの夏中にクリア出来そうで。今年のは3月まで完結させたんでようやくって感じだが「市場」の反応待ちである。売れてこそ、プロフェッショナルであり、継続して動いてこそ真の作家の称号を語れる。まだまだ、自称作家の自画自賛の域を超えてない(笑)。

凝り固まらず、形にはまらず、懐深く、急がず、慌てず、手を抜かず。まさしく「心」「技」「体」のバランスであり、四季自然の生命に向き合う心の「開眼」であり、すべてに「感謝」しているのか問う、人生である・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-10 03:30
激務のデスクトップがブラックアウトした!突然・・・。一瞬、データがぶっ飛んだかと思ったが。
近頃のパソコンは柔ではなかった!しっかりと復元できた!ただし、同じ轍を二度踏んでしまった。どうも、キーボードのどこかを誤作動させていたみたいで。人的ミス・・・。近頃、指先もおぼつかなくなってきたようだ。

閑話休題?

あっという間の人生の終盤。なんと「年金生活」が来年に迫り、手続きをした。紆余曲折、どうにか?人並みの談。先の問診の折、きわどい「仕事」からはリタイアかなと本気で思った。そう、真夏の炎天下は人が生活できる「場」では無い。

で、立秋。これもいつの間にか?である。

今朝。なんともドラマチックな雲を朝焼けの空に見た。満月らしいのと一緒に。月と雲をアートしようとしたが、すぐに失せた。夜勤の寝不足にペットボトルにダンボールとゴミ出しの日の朝に優先順があって。郵便も投函してと、撮影が最終になったのが「敗北」の原因・・・。それでも「名残り」はゲットした。近頃、ご同輩も似たり寄ったりのやれ病気だ怪我だと死にぞこねている「話」ばかり。

自称風景写真家と云ってきたが。「年金作家」と改名する(笑)。

休み休み、匍匐前進?のはずが。しょっちゅう、ラストスパートを四季折々やってしまう往生際の悪さである・・・。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-09 10:12
週末は金曜日に朝から、伊勢神宮風日祈宮のおまつりを撮影してから、伊勢湾フェリーで静岡に向かい。
往復割引のチケットを購入。台風5号のスピードがそのままであってくれればと日曜日最終便で伊勢湾を渡るスケジュールにかけた。名古屋周りは週末、夏休む渋滞で事故も多発のデンジャラスゾーン!時間も費用もフェリーよりかかる。東京方面への仕事は伊勢湾フェリーのおかげで快適!おまけに船上からは運が良いとスナメリや海鳥などの生き物たちと出会うことも。仕事(撮影)を終え、帰還する海沿いの風景が海からの風に潮が乱舞して、ホワイトアウト!そこに真夏の太陽が照りつける!折からの台風の余波がドラマチックに幻想的光景を連続して創造させた!思ったのは、この辺の車って、塩害が相当なんだろうなあと同情する。

で、大気不安定で。太陽の光が天地創造の世界をプレゼントしてくれて。見たこともない色彩を醸し出した!で、船上でサプライズが待っていた!ここには書けない(笑)。仕事の移動のドライブと過酷で大変だったが、最後に癒された!感謝!








[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-07 17:07
画像整理の時間が Nikon D5 & D500 になってから、全くもって「足りなくなった!」話は前にも書いた。
ここへ来ていっそう深刻になってきた。頭が飽和状態で、先に進む気合のスイッチが入らない。それでもこの夏は奮起して、「作品」第三弾を裁きの庭へプレゼンテーションする。この第三弾は結構自信作があって、どれくらいリストアップされるのか?楽しみである。本年6月までのワイルドライフも自信作で自画自賛の作品がたっぷり(笑)。命がけで乗り越えた7月下旬のサーキットのミッションの後はインドアだけれど「迷走台風」が絡みそうで、厄介である。

本日、昨晩からの涼しさは天変地異の前触れか?いやだなあ?

今の所、台風は伊勢から遠ざかっているが。移動が海路なんで、影響は必須。運行中止ならば?陸路世間は夏休み、お盆前のデンジャラスゾーンである。

これからの仕事は熱中症との戦いである。転ばぬ先の杖?十二分に分かっているつもりでもスケジュール優先の落とし穴が待っている。掛かり付けのドクターとも話したんだけれど。仕事をセーブしようかなと言ったら、ありがとうと言われた?多分、生死のボーダーライン上に「薬」で、生かされてるんだろうなあ?普通に息して立って歩いて、生きている自覚はある。

今度、病院送りになったなら?そうも言っていられないんだろうなあ?












[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-08-04 02:53