四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2018年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧
夜半、猛烈なくしゃみの連続で、見る見る「涙目」になり、ドボドボの視界不良で最悪!
ドライブ中も襲われることがあり、厄介では済まされない・・・(とほほ)。2018年、これからは何年かに一回の「鼻垂れ」の当たり年か?ティッシュの消費が半端じゃないスピードでもある(泣)。苦しさ、気だるさに加えて集中力も散漫になる「撮影」も臨時休息期にしてと本気で思う今日この頃・・・。

年中突っ走っていて、疲労も相当「備蓄」されて来て、多分「基礎体力」も相当落ちてるんだろうなあ・・・。年齢にも勝てないしと「弱気の虫」に「サボり心の虫」が加勢する。

当分?車のダッシュボード、部屋の隅々、行動範囲に「ティッシュ&ロールペーパー」を完備!出血ご法度の身の上なんで、「要、鼻血注意!」の心得の「老人覚書」・・・。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-30 01:14
バッテリーも交換、考えられうるマシーンのチェックでパーツ交換も完了して、この「寒気」に備えた、偶然の
タイミングの車検が功を喫して、バッチリの仕事をこなしている。この冬こそ、冬装備を使い切った「年」も久々である。これも撮影機材に不安要素がなくなり4x5の時代に得た感覚で被写体に向き合えるデジカメの出現のおかげである。紙媒体オンリーワンの「呪縛」がなくなった「時代背景」も大きい!

ちょっとしたズレと決断力、判断力の差が大きく結果を変えてゆく時代にいる。被写体の「旬」に即行動が起こせるパワーが得られる「心構え」も必須であるが、ちょっとやそっとでは得られない積み重ねである・・・悪条件を好条件に転換させられる「人間力」と「機械力」のバランスである。

経験が大きい。真摯に向き合った「歳月」は嘘をつかない、裏切らない。

登山で言えば、まだまだ物資調達の段階で。登頂への一歩は歩み出せてない「準備」の途中であるが、夢ではなく「アクション」は起こされた!歩き出し、進み出し、登り始めれば「もっと」苦しく、我慢と向きう「闘い」になるに違いない!

生きてる悦びがそこにある!








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-29 09:18
撮影現場がずっと屁っ放り腰での積雪のアイスバーンが何日も続いて、それが「逆に」膝足腰のリハビリの
過激にも運動になっていたらしい?足腰が明らかに調子が良くて、しっかりとして来た!まさにトレーニング効果を実感している!それはあらゆる方向にも作用した「柔軟体操」でもあったようだ(笑)。車を盾にして「風雪」をカットして撮影を楽しんでいる。それでも「徒歩」が基本で、油断してると「体」の限界の紙一重の時間との闘いで「凍傷」セーフなんてえのも体験する。なまじ、我慢がいけない・・・もう、血流も血気盛んな年齢でも無い、我慢しないといけない時間帯を作らないようにが「厳冬」の撮影の肝である。

で、暦の上でも「厳冬」のピークではあるが、春が顔を覗かせる「頃」でもある。三重県は南北に長いので気候気象も同じ日でも全く違う顔を見せるから「楽しい!」。撮り逃した風景、光景がまだまだある。特に「冬」は顕著である。

仕事になるかならないかは「別にして」目の前で現れたアングルは全て撮り続ける義務があると。自称「風景写真家」の信念である!









[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-29 00:21
この冬は二十四節気の文言にほぼ、ふさわしい「風景」「光景」「四季彩」が展開されていて、季節感が
良い感じで撮れている!で、移動なんだけれど白い季節の現場の「徒歩」がやばい!足元おぼつかないところへ「スリップ」の恐怖が半端じゃない!そんな中、ドライブは快適快調そのもので、BSのスタッドレスのハイポテンシャルに守られて、無敵である!山岳のアイスバーン&積雪を物ともせずに走破!いろんな方向からストレスが車に行くんで、普段かからないストレスなんで、車の心配をしないといけないようで、それがおかしい・・・。

まだ、しばらくは最低気温が継続のようで?このタイミングの積雪の「旬」にジャストミート出来ればと24Hフルタイム超過勤務の談である。勝負をかけている!(笑)。

出かける先で本当に親切に地元の方に声(旬の撮影情報)をかけていただくんで楽しい「結果」の連続である。感謝!

出掛けの初めの庭先で、南天の実を啄む野鳥と鉢合わせ!いつもカメラを持って歩いてるんで、向こうもこっちも「普段」であり「日常」なもんで、距離は200−500の撮影最短距離!ホバリングかと思えば枝に止まり、陽だまり風裏へ移動しては種を吐き出す。その繰り返し・・・南天の実が黄色で、これが美味いらしい?結構な数を食っている。

この「生き物たち」との素晴らしい関係は実に楽しくて嬉しい「ひととき」を過ごせている。

水道。凍りませんように!(消灯)・・・。













[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-28 02:50
雪が積もる、直ぐ溶ける。で、凍る・・・様々な条件で様々な「具合」で困る!?できるだけ垂直に歩幅も
狭くの歩行も困難を極め、気を抜くとバランスを崩し、滑る!?昨夜と今朝の「行軍」である・・・。雪国ではないので、ドライからスノーの予測不能の中途半端である。どっちが良いというでもないが・・・。で、その中途半端に翻弄されている。

いつものように通勤路が「凍結」で通行止め!取り残したテーマがある。これさえ撮れれば?「厳冬」が最低限ストックされる。出稼ぎのない週末?それはそれで結構大変である。「旬」を逃すな「一期一会」を必然に(笑)、欲の深さ、往生際の悪さ、腰の重さが「言動」の顰蹙である。

自主制作なんで、誰の責めも貰わない。ただし、意外とこれが難しい!?まず、言い訳に人のせいにと出来無い。これは結構、ストレスである。何かあれば、人の悪口人のせいにして他人事を振る舞えば?これほど「楽」な逃げ道は無い(笑)。それでは人生の無駄である人として如何なものか?

もう、ひと降り「積雪?」来るかなあ〜。











[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-27 11:20
夜半にひとしきり積雪で、夜回りに行ったら「夜警」にロックオン?された・・・セキュリティーOK!の伊勢界隈!
これはありがたいことだ。機材はNikon D5 に 14 - 24 一本勝負で、クリップオンで舞う雪をと思い描いたが、お気に入りの撮影ポイントへ着いた時は雪も止み、月が顔を出し、玄関先は真っ白だったのに着いた先はうっすらで・・・。天気図では名古屋氷点下3との予報が出ていたが、伊勢は氷点下に達してない感じで、車の屋根の積雪はサラサラだったが、地面のはしゃぶしゃぶで消えかかっていた。ものの5分も経ってないのに・・・で、ハズレではないが当たりでもない「夜」は素手が痛い冷たい泣きたい・・・ゆっくり風呂で温まり、作品の仕上げを少し片付けてベッドメイキングを完了。

ドカ雪だったら、そのまま「東紀州」もありだったが、中途半端ではありきたりの雪景色であろうからと「スイッチ」が入らない。まだ、季節は十二分に残っているから、チャンスを待とう・・・。

果報は寝て待て!











[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-27 02:15
今回現在進行形の寒波。等圧線の重なるエリアがバカ広くて超冬型の気圧配置になっている!凍った世界をキャッチしたいんだが。
前回の雪で自宅前を伊勢志摩に走る道路が通行止めになるは、山に登る道もしかりで。徒歩でやっつけるには1日仕事で、爆弾抱えての体の酷使は如何なものか?まさにガチの葛藤である。ただし、チャンスは千差一隅のビッグチャンスにはある。足元の防備を整えたら「GO!」である。

ずっと住み着いているイソヒヨドリが真冬なのに図体が鳩の大きさに迫っている!自分はさておいての話にしてはいけない。腹をさすりつつ「自分」を映す。

この時間だから、ひっそりと食器を自動洗いにかけて、風呂を楽しみ、洗濯も自動にかける。これで、1日が終わり、始まる!なんてえ、生活だ!静かな夜の妄想は皆既月食へのカウントダウンにワクワクである。天気も概ね、晴れそうで、今のところ。20%との降水確率であるが、多少の雲が流れた方が風景写真的にはメルヘンチックになる。撮影ポイントが肝であるが、これも幸い。太平洋側に住んでいるんで、真冬の恩恵が受けれそう?

それよりも朝に積雪?あるかなあ?













[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-26 01:50
撮影が相変わらず、作品仕上げのペースを上回っている!これは「良いことです」なんであるが・・・
それにしても素晴らしい「天象」が続いている!特に雲が好い!ただし、この風の強さである!歳(よわい)64の我が身にはきつうございます。太陽の温もりも日々、増してくるのを実感しながら撮影できるのも好い。伊勢志摩の冬の味覚はこれもまた、最高である。写真にする前に「胃袋」に入ってしまうのが情けない・・・。最高の状態で撮るか?喰らうか?の葛藤であるが、そらあ、喰うに決まってるだろう!(笑)。

この辺の「煩悩」との葛藤も鎮まれば、いずれ「すべてを」「悟れるかもしれない?」と問答すれば、行き着く先は煩悩の渦の中(笑)。

さて。夕方に車検があがってくるタイミングで更なる寒波である?最新鋭のおニューの代車とチェンジになる(心惜しい)。人工的な道具は日進月歩であるが、人はどうか?の「今日このごろ」(笑)。

休息も十二分にとって入ると「思っているが」足りないようで、ここのところ「疲労困憊」から抜け出せない?フォトグラファーとしてパソコンに向かうのが、案外「ダメージ」であるようだ。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-24 15:36
小生の標準レンズは「今」。600ミリなんであるが、どうも短いと云う感覚になってきた?(笑)。
不思議な感覚に陥ってる理由はデジカメの描写力が異次元になったのと800ミリも手持ち撮影が可能になったのが大きい!重量とバランスとデザインが抜群のハーモニーを奏でる!人の手によって熟成された「アングル」に全くの興味が無いからで、限りなく新世界を求めている。かといって、特別な場所を求めているわけでは無い。ごくごく日常の中の違いである(笑)。

で、デジタルカメラになってからの生活は「撮影機材」のために働いてる感があって、本末転倒でもあるが「究極」の「趣味」であるから致し方なく、苦にもならず?楽しんでいる?

車検の代車がおニューの最新バージョンでGASもたっぷり入って貸し出されたが?この天気である・・・明日上がってくるんで、過激な撮影は「休息」にして。今晩もおとなしく?(笑)。それにしても数々の素晴らしい「雪景色」ゲットの談である。さらに今後も期待大で、雪景色の「この一枚!」が転がり込みそうである!

もう、一つ。生きてるうちに「オーロラ」もゲットしたい!春夏秋冬見えるということを今頃、知った(笑)。ただし、スリーシーズンはグリズリーの餌になりかねんから、やっぱり。冬にするか?でも、心臓がやばいんで、いやはや、どっちにしても「心臓」にやばい!には違いない!










[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-23 22:13
去年から気になっていたのが「南天の実」。近所に沢山実をつけて、雪の頃が楽しみと心待ち。ところが、
伊勢は早々、積もる雪はこのところ無く。実は実り、葉も赤くなり、ポツリポツリと身も失せて。の、頃合い・・・午後になって見る見るの積雪である!小一時間我慢に我慢を重ね、時を待った!積もってはいるが思い描いたのでは無い。水っぽい・・・贅沢は言ってられない!二十四節気の絶対的「一枚」である!渾身のシャッターを切る!雨合羽にコンビニの透明の傘。五十鈴川流域、伊勢界隈の雪景色を追った!降り続いてくれているのが嬉しい!

普段では見れない、全く異次元のシチエーションである。レンズは200 - 500 の一本勝負に決めた!

午前中は歯のクリーニングで、徒歩で通院。五十鈴川流域、おかげ横丁、おはらい町を散策がてらの通院である。このながら散歩のスナップフォトが売れた!で、味をしめ「出かける」時は忘れずに!のデジカメである(笑)。散歩では「夢」は敵わないであろうが?ウエスト「マイナス」 10cm 作戦!の一環である!(笑)。雪道、二時間の行軍も結構なアルバイトであった!

撮影小物の進化もいい感じのアイテムで登場してきた。いかに迅速に被写体に向き合うかも重要なファクターである。このタイミングで車検である。代車がスタッドレスを履いてなければ「すべて」はジエンドの雪景色と化す・・・なんで?このタイミング?(笑)。

徒歩。5分で「伊勢神宮」のところに住んでいる!神々の水辺、悠久の森である!











[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-23 00:03