人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
伊勢悠久の森の稜線に「三日月」が上がる。追いかける様に谷筋に湧いた「雲」が重なる「月夜」だが、
天頂は満点の星がさざめき美しい!
伊勢悠久の森の稜線に「三日月」が上がる。追いかける様に谷筋に湧いた「雲」が重なる「月夜」だが、_b0169522_05061103.jpg
伊勢悠久の森の稜線に「三日月」が上がる。追いかける様に谷筋に湧いた「雲」が重なる「月夜」だが、_b0169522_05061796.jpg
伊勢悠久の森の稜線に「三日月」が上がる。追いかける様に谷筋に湧いた「雲」が重なる「月夜」だが、_b0169522_05062390.jpg
冷え込んだ日もあったが、ここのところは心地好い日が続く。微かな月明かりに夜目が森の木々の葉にじっとりと落ちた「夜露」の輝きを拾う「幻想的な」朝に向かう!

月齢26、7の「地球照」を見る・・・。



(       文と写真     たかだけんじ       )






# by syashinkouboutabi | 2020-10-14 05:11
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、
心地良い「四季彩」と「味覚」を楽しんでいたが・・・台風で有る。月明かりが日々、遠のき、ふと「漆黒の闇」に寒さを覚え「そろそろ」Tシャツ・短パンの正装もいかがなものか?
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03162135.jpg
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03162707.jpg
子供の頃は「不気味」に思っていた「彼岸花」「曼珠沙華」もこの頃は「秋の花」のメインの「旬」を心より楽しむ「四季彩」のど真ん中に咲く!
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03184745.jpg
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03185092.jpg
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03185420.jpg
「いろんな」色を魅せる花でも有る。この秋は「桃色」に出会った!その先に流れる川が伊勢・五十鈴川で有る。水辺の宝石「カワセミ」は峠から里、河口まで生息して居て「人々」との出会いで癒しを振りまいて居る!
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03232027.jpg
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03231796.jpg
季節が足早に過ぎて行く!今年は「彼岸花」のお花持ちが良い!十五夜・中秋の名月と来て、_b0169522_03234237.jpg
コロナ禍真っ只中を忘れる「伊勢」で有る。




(       文と写真     たかだけんじ       )







# by syashinkouboutabi | 2020-10-08 03:25
秋がどんどん加速して「更に」今宵は強風に波浪警報級の大波が海岸線を襲う!恐怖を覚える程の波頭が、
足元の磯に押し寄せ砕けた!但し、風向きが陸から海へと吹いたために「塩混じり」の風は皆無でこれは長い人生でも「初体験」の二見ヶ浦となった。通常は海からの塩気の風でネバネバのベトベトに撃沈するのだ(泣)。
秋がどんどん加速して「更に」今宵は強風に波浪警報級の大波が海岸線を襲う!恐怖を覚える程の波頭が、_b0169522_22510741.jpg
月が変わって「初日」が「十五夜」である。故に今宵もそこそこの大きい月の月光が風景を照らして浮かび上がらせてくれている。潮の満ち引きとのタイミングで「星空風景写真」の絶景となった!正に「四季彩!」との願ったり叶ったりの「一期一会」である。



(       文と写真     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-09-28 22:56
昨日「ひととき」豪雨が見舞った!大陸からの前線が下りるも「今朝」の夜明けは快晴!
台風10号は当初の予報よりも遥かに「のろく」太平洋にある。静けさの不気味さの中で「天と地」の月光浴の「四季彩」を堪能する。某所からは雲海のたなびく上に「富士山」のシルエットを魅せる「朝」でもあった。月はまだまだ、満月に近く「光量」はたっぷりで有る!獣道の生き物たちが至る所で睨み合う!生き物たちのフォルムがくっきりと浮かぶ。大きくなった狸とニホン穴熊の子供が至近距離で見合ったまま固まっている(笑)。

季節が進み、台風の風が「木の実」を大量に「地表」に落とせば「月明かり」の星空の下で「生き物たち」の宴会の宴はたけなわとなる。レンズワークを駆使するにはデジカメボディーが何台あっても足りない!時代は 4K動画から8K動画へと動き、高精細な描写の世界へ誘う「別世界」「新世界」を創造させてくれる!
昨日「ひととき」豪雨が見舞った!大陸からの前線が下りるも「今朝」の夜明けは快晴!_b0169522_05473568.jpg
まだまだ、暫く。月明かりの恩恵を受ける「撮影」が続く。それは日没が早くなり、朝陽が遅く昇るようになり、益々「夜の野生圏」&「星空風景写真」が楽しめると云うコトになる。熱中症が唯一「心配の種」だったのに?風邪をひかないようにが、今の季節の変わり目の命題になっている(笑)。


(       写真と文     たかだけんじ       )



# by syashinkouboutabi | 2020-09-05 05:53
二十四節季「白露」へ向かう。台風9号の影響かな?と思われる「風雨」を夜半辺り感じたけれど?
治った・・・?炎天下は回避して「夜な夜な」のチャンスを伺う。日中は雲と空の入り乱れた強烈なコントラストを垣間見て、次の台風10号は相当「脅し」文言が踊る。これをうまくやり過ごせれば?台風一過の「絶景」を拾えると踏んでいるが、相当「ヤバイ」だろうからどうにか無事にと祈る。

十二分に余裕を取ったスケジュールが「ヤバイ!」。インターバルを一日入れて、余裕を取ったところへ「直前」に関連のミッションが入って来て、数珠繋ぎである!世間はコロナと闘っているのである!「三密」もなんのその「現場」があちらこちらで「展開」する!ただし、春先から初夏の「感染拡大」の頃とは世間のスタンスが歴然と大変革されて「予防線」は確実に進化した!

我が家も各部屋のアルコール消毒のスプレー完備!トイレも以前は「臭って」来たら、便座の清掃だったけれど。今、使用毎に便座をアルコールティッシュで拭いている!うがいは「イソジン」で、これはコロナの前から洗面台にセットされていた!マスクは日に日にストックが増えていて「挨拶がわり」に「箱」が届く!撮影機材もアルコール消毒なんだけれど。Nikon のセンサー清掃セットは無水エタノールと云う偶然でこれも「コロナ前」からボトルでキープされていて、結果オーライの消毒をしていた訳だ!ついでに眼鏡もクリーニングしてたんで、一石二鳥である(笑)。

仕事そのモノのスタンスが画期的に変貌を遂げた!カメラのシャッターを切ることはなんら変わるコトはないけれど。いわゆる「ソーシャルディスタンス」はもう、詰まるコトは無いだろう。ただし「今」、今月は「通院」が3っつある。これが悩ましいー!

二十四節季「白露」へ向かう。台風9号の影響かな?と思われる「風雨」を夜半辺り感じたけれど?_b0169522_08113681.jpg
二十四節季「白露」へ向かう。台風9号の影響かな?と思われる「風雨」を夜半辺り感じたけれど?_b0169522_08114395.jpg
伊勢志摩国立公園「星空風景写真シリーズ」英虞湾・天地創造のひととき!



(       写真と文     たかだけんじ       )








# by syashinkouboutabi | 2020-09-03 00:28
三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」本日、解除された!かと言って行動は何も変わらない「変えれない」・・・
ノーテンキな言動は永遠に封印で有る。ノー密な時間帯・人気の無さが我が「撮影現場」であるが、真夜中車の往来も皆無な道で、オレンジに灯る「緊急警戒宣言」のシグナルに出会った時にはさすがに思うところもあり。一切の懸念・危険要素を排除した。で「月末」を迎えた「210日」も「暦」では要注意の季語であるが、知り合いの「稲田」は何処も豊年万作の収穫の喜びに湧いた!豪雨をもたらすであろう「台風」も襲来は無かったが、次のが沖縄に掛かってきて気掛かりではある。

この季節の「テーマ」がいくつかあるが。何事も無く「季節」が巡ってくれて撮影に向かえる。

# by syashinkouboutabi | 2020-08-31 18:58
三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」下の三重県!8月31日までとなっていたが、この先は?
などと「文言」に関係なく最大の警戒と対策は「延々」と頭の中に残るだろうし実行されて行くんだろう。感染リスクと感染蔓延は当たり前の前提で生活がある。そうゆう時代を「既に」半年間ではあるがしっかりと意識して空気を吸っている。暦は「210日」を記し、台風も迫る。雲間の青空の透き通る濃い「青」が見たことも無い「青」が半端ない!で、一週間も満たないが「緊急警戒宣言」を自分なりに解釈して「行動」を自粛した。撮影に出ずっぱりだと余程自分から意識しないと情報は皆無となり危うい。と実感した感覚が残ったのが大きい。ただし、周りの世間は「コロナ」と向き合って生きて行く決断を進めて行く様だ。勿論「中止」と言う選択肢は含まれる。

日中のえげつない猛暑・酷暑・炎天下・盛夏・灼熱のピークはなんとか「回避」出来たから。この先の「一ト月」の「残暑」を気合を入れて十二分に心して切り抜ければ?取り敢えずコロナより先の熱中症対策が本音の話となる。インフルエンザ・巨大地震と避けれない・・・。

で、偶然か?去年「熱中症」寸前を体感した9月が同じ様なサイクルとスケジュールで巡って来る!腹を括って覚悟を決めて自分を高める!

# by syashinkouboutabi | 2020-08-31 05:42
冷房の効いた部屋で「デスクワーク」よりも炎天下のドライブが気持ち良い気候になって来た!
市内は「灼熱地獄」だけれど。山道に入ったら「即」涼となった。五十鈴川沿線はサンコウチョウ の囀りが剣峠まで続く!どんな生態か見て見たいが、盛夏の木々の成長し切った「四季彩」は好きじゃ無くて、初夏の頃の野鳥の美しさは今は無いからと勝手なコトがレンズを向けない理由。峠を下りて、「当てのないドライブを敢行する」目的地は先ずは南島大橋。前後の風景が好きで、逆光順光の写真撮影が楽しめる。
冷房の効いた部屋で「デスクワーク」よりも炎天下のドライブが気持ち良い気候になって来た!_b0169522_15384902.jpg
次に鵜倉園地に向かう。人気が皆無、気配の消えた観光スポットは奇妙な空気感である。撮影には最適なんだけれど。本来の姿では無い「観光業」も大変である。一気に東紀州に向かう。大泊のトンネル出口で滝のような豪雨の洗礼を受けた!やや下りの小さなカーブの先に交差点がある。自動車道の速度から停止に入る。ポンピングの連続操作も微妙なブレーキの反応。ハイドロまでは行って無いが車間距離の大切さを実感。
冷房の効いた部屋で「デスクワーク」よりも炎天下のドライブが気持ち良い気候になって来た!_b0169522_15453322.jpg
天地創造の様な「天の晴れ間に」輝く太陽が照らし出したのは入道雲の連なり!これは豪雨が当たり前の光景だ。目的地は紀和・丸山千枚田「そのまま」この天地創造が継続して絶景をとらせて欲しいと願いながら?現地は全くかしきが違った!海辺から山ひとつで世界が激変した。豪雨の力強さの代わりに雲海の走りが出現!こっちは違う幻想的な絶景が訪れようとしていた。雲が湧くそれでも「奇跡の晴れ間」を待ってぐっしょりと濡れてくる撮影機材をタオルで拭いながら待った!

星空に浮かぶ、漆黒の闇の中に熊野古道・通り峠の坂道がある。星空は夏の大三角を従えた天の川が横たわる。これも天地創造の絶景に違いない「熊野讃歌」!
冷房の効いた部屋で「デスクワーク」よりも炎天下のドライブが気持ち良い気候になって来た!_b0169522_15553255.jpg
冷房の効いた部屋で「デスクワーク」よりも炎天下のドライブが気持ち良い気候になって来た!_b0169522_15553820.jpg
冷房の効いた部屋で「デスクワーク」よりも炎天下のドライブが気持ち良い気候になって来た!_b0169522_15554639.jpg
宇宙・山岳・棚田・稲穂。大自然の融合が色彩を魅せてくれる!熊野は美しい!



(       文と写真     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-08-25 15:58
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。
延々の一晩中でも「快適」な「涼」が継続されている!但し、止まると「汗」があー!基本的にはもう少し気温が下がらんとあかんみたいやなあー。但し、下がったら「寒さ」を覚えるだろうから「少々の汗」が健康にも良いだろうから「今」がベストかなあー?

で、夜な夜なの「行」は人気も無く。完結させて、家路に着く頃には「全く」コロナが頭に無く「いいのか?」「悪いのか?」・・・。
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13075312.jpg
突然思い立ったコトがある。今までの「生き物たち・写真館」何だけど。大抵が移動しながらの撮影だった。「数」を捕捉するには「効率」は確かに良いが、お互い「出会い頭」だから「ポーズ」も「アングル」もさほど代わり映えしない?そこで、無人カメラも考えたが、それも数やら見れない生態もキャッチ出来るからと思わなくもなかったが、この目でもじっくり見たい!その気持ちが優って「じっと」獣道で待ち受ける選択肢に至った!それと「森」の野生圏の「音色」を心身で感じ取れる素晴らしさが最高に良いんだ!
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13144999.jpg
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13145508.jpg
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13150865.jpg
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13151440.jpg
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13152603.jpg
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13153326.jpg
随分と涼しくなったなあー!と言っても「夜間」の話(笑)。_b0169522_13182189.jpg
伊勢・五十鈴川源流の森は生物多様性に満ち満ちている!二十四節季「四季彩」は「処暑」を刻み、秋が巡る!



(       写真と文     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-08-25 13:19
度会町・獅子が竹の稜線の風力発電で延々の通行止めであっったが、副産物の恩恵に預かっている!
度会町・獅子が竹の稜線の風力発電で延々の通行止めであっったが、副産物の恩恵に預かっている!_b0169522_12555668.jpg
度会町・獅子が竹の稜線の風力発電で延々の通行止めであっったが、副産物の恩恵に預かっている!_b0169522_12560259.jpg
度会町・獅子が竹の稜線の風力発電で延々の通行止めであっったが、副産物の恩恵に預かっている!_b0169522_12560896.jpg
実に快適な駐車スペースが2か所になって完備された。WCは未だ使ったコトが無い!度会町はWCが洒落ている!



(       写真と文     たかだけんじ       )


# by syashinkouboutabi | 2020-08-25 13:01
熊野道「24節季・四季彩・処暑の頃」・・・獅子岩、七里御浜から紀和、丸山千枚田「星空風景写真」の旅
寝苦しい熱帯夜が続いた昨日までと打って変わって「秋の気配!」いきなり・・・。
熊野道「24節季・四季彩・処暑の頃」・・・獅子岩、七里御浜から紀和、丸山千枚田「星空風景写真」の旅_b0169522_11151927.jpg
熊野道「24節季・四季彩・処暑の頃」・・・獅子岩、七里御浜から紀和、丸山千枚田「星空風景写真」の旅_b0169522_11153887.jpg
風に吹かれても吹かれても「涼」の夜風!暑くも無く寒くも無くの「一晩中!」・・・日中は日差しが痛い!猛暑!酷暑!盛夏!お盆過ぎの最も過酷な「残暑!」の始まり・・・。

夜に一変した!気圧配置を見れば?一目瞭然だけれど「にわかに」信じ難い?北方に高気圧があって東に低気圧、西に台風、紀伊半島沖にプチ低気圧。左回りの大気が北のレイキを運び「涼」とあいなった。



(       写真と文     髙田健司       )  




# by syashinkouboutabi | 2020-08-24 11:22
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、
なんと西に移動したではないか!抜群の気圧配置に南風が吹く!さらに月齢が絞られて行く!ただし、黒潮の回廊からの「潮風」は熱帯夜!になる・・・。
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、_b0169522_19153645.jpg
満点の星が降った「夜半」に伊勢志摩国立公園・志摩市・志摩町・和具・広の浜に立つ!潮騒が内耳に心地良い!でも、体は既に汗みどろ!さらに汗が湧いてくる!夜の浜辺でこれは無い!熱帯夜真っ只中!漆黒の闇に航路を示す「灯台」のシグナル!なうての危険エリアの海は豊穣の海!漆黒の闇の溶けて見えないが、潮かけ祭りの海である!大島・小島が日中のランドマークでもある!浜は過ぎ去りし5月「県鳥」のシロチドリが産卵・営巣する!その後「アカウミガメ」産卵に上がる「野生の楽園」生物多様性の里海を形成する!その「空」である!
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、_b0169522_19241429.jpg
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、_b0169522_19242254.jpg
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、_b0169522_19242711.jpg
我が銀河系の中心方向から、夏の大三角、アンドロメダへと続く「天空の絶景」天の川が真夏の「深夜」の夜空に横たわる!お盆の始め、ペルセウス流星群に人々は「しばし」コロナ渦を忘れるかの様に「夜空」を見上げて、狂喜乱舞した!
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、_b0169522_19295185.jpg
長梅雨の後「一気」に炎天下がやってきた!猛暑・酷暑・盛夏!積もり積もった諸条件の最大の山場は太平洋高気圧が、_b0169522_19295761.jpg
伊勢志摩の夜はもう、これ以上「更ける」コトは無い!(笑)。リアス式海岸の入江深い「英虞湾」を見下ろす丘で、今日の「旅」を終える!




(       写真と文     たかだけんじ     )




# by syashinkouboutabi | 2020-08-17 19:35
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!
で、腰に違和感を覚えたままの「夜勤」出立で、悪化?小山の夜は涼しいの「方程式」も崩れて「心身」撃墜されて、Wでダメージは来たに違いない!対策を何か?考えねば?
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!_b0169522_18281202.jpg
それにしても凄まじい「湿気」にレンズ前面に見る間に「結露」が発生して、用意した「レンズ拭き」5枚の布が、夜明け前には完売!仕方なく「夜明け」は断念した!
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!_b0169522_18301923.jpg
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!_b0169522_18302767.jpg
今宵の「星空」も超、素晴らしく!美しい!自宅から車で少しのテラスで、車のサイドで撮影機材を設営できるので、夜行性動物との接触も瞬時に回避出来るし、仮眠も自在に取れるのがありがたい!念のために地面にムカデまで出没を予防出来る「強力」な粉を散布して、塩も撒いて「下ごしらえ」を完了させる。これが、最も「大切な」作業である!後は「飛んで来る」正体不明の虫に予防線を張るんだけれど?この所の熱帯夜は一筋縄では行かない!虫避けスプレー&殺虫剤をシェイクする!それでも「強力」なのが刺しに来る!
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!_b0169522_18401798.jpg
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!_b0169522_18402349.jpg
ちょっと「草刈り」をやっただけで「腰痛」である!本当に「体力」がゲキ落ちである!_b0169522_18403343.jpg
小学校からはまった?天きちのエネルギー!衰える事なく「空」を観てると「無条件」で出かけてしまう!




(       写真と文     たかだけんじ       )  







# by syashinkouboutabi | 2020-08-15 18:44
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!
雲が出る!夜半は大丈夫!人それぞれの情報が錯綜する中、当たるも「はっけ」当たらぬも「はっけ」の心境で「地図」を眺める!週末炎天下で連続の終日太陽に熱波にさらされたダメージが大きい!回復して大丈夫の気分ではあるが、じっくり見ると「損傷」が激しい!夕方の空は抜けるように青い!GOである!
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17103839.jpg
伊勢志摩国立公園・南伊勢町・某所!8−15全種魚眼レンズで「全天」をまずカバーする!伊勢悠久の森の稜線から、早くも「いやーな」雲が湧き出し流れ始めた!ただし、星空風景写真としては「カッコイイ」形なんで良しとする(笑)。
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17141601.jpg
次に南向きに14−24町広角ズームレンズをセットした!銀河がかっきりと浮かぶ空の条件に感謝しつつも「張り出してくる」雲に少々焦るも「まずは」流れ星をゲット!
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17170831.jpg
すざまじい湿気に天候の悪化を予感して、南伊勢町は断念!雲を避けて?峠を越える!源流の森は伊勢悠久の森である!少々、稜線が高い!森の風が天空の星空を何とかキープ!「感」が冴え渡っている!(笑)。
セットして、しばらくで。大流星を捕捉!全周魚眼8ー15・超広角ズーム14−24・対角線魚眼16の3セットが綺麗に写し出す幸運に興奮のボルテージはMAX!
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17241409.jpg
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17243782.jpg
夏の大三角と天の川が入った「超」星空の絶景!
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17264074.jpg
ペルセウス座流星群「極大日」運良く辛うじて「雲」を掻い潜り?「晴れ間」の下を移動できたようだ!_b0169522_17265598.jpg
深夜、下弦の月が漆黒の闇に「月光」を差し込み!足元が「夜目」に浮かぶ!西方最大離角を迎えた「明けの明星」が東天に高く昇り、流れ星がまた「ひとつ」流れた!





(       写真と文     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-08-13 17:31
星空風景写真アングルに国際宇宙ステーション「きぼう」を予々から「思い」を強く持っていたら、
願いが叶う条件が巡った!日中の灼熱の太陽とは裏腹な「涼」の川風が吹いて気温も下がり乾いた空気になっていた!「南風」に変わった午後から時間を掛けてじっくりと大気が入れ替わった様だ・・・。
星空風景写真アングルに国際宇宙ステーション「きぼう」を予々から「思い」を強く持っていたら、_b0169522_14000802.jpg
星空風景写真アングルに国際宇宙ステーション「きぼう」を予々から「思い」を強く持っていたら、_b0169522_14001583.jpg
星空風景写真アングルに国際宇宙ステーション「きぼう」を予々から「思い」を強く持っていたら、_b0169522_14002151.jpg
星空風景写真アングルに国際宇宙ステーション「きぼう」を予々から「思い」を強く持っていたら、_b0169522_14002748.jpg
星空風景写真アングルに国際宇宙ステーション「きぼう」を予々から「思い」を強く持っていたら、_b0169522_14003398.jpg
地上の「明るさ」は伊勢市街&伊勢湾の人工灯火の影響があって、昼間の空の様だ。そこから「いきなり」現れた「きぼう」は太陽の光を受けて「輝き」はマイナス等級で美しさが際立つ!北斗七星・アークツルスを従えた天空をまずは行く!ネオワイズ彗星も同じアングルのどこかであろう。地上は濃い森のシルエットが「月読」・・・から伊勢悠久の森・神宮林へと続く「神々の回廊!」。

今の時刻と伊勢志摩国立公園最高峰の朝熊山の稜線の先に今からまさに昇ろうとする「満月」過ぎの月明かりで見えにくいが、夏の天の川が横たわる星空でもあった!天頂を飛行して全天を抜けた「きぼう」がやがて、その稜線に達する「空には」土星・木星の惑星が並び、わし座・イルカ座・や座が神話の世界へも招き入れる!

素晴らしき夕映の頃の四季彩が宇宙とコラボして「真夏の夜」へと誘う・・・。



(       写真と文     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-08-06 14:19
超長梅雨が明けて、快晴の空が久々に続くも。肝心の時刻と肝心の方向に「その」快晴が失せ・・・
超長梅雨が明けて、快晴の空が久々に続くも。肝心の時刻と肝心の方向に「その」快晴が失せ・・・_b0169522_23574936.jpg
地上は真夏になった時、夜明けの空には真冬の星座が昇り輝き!気分は「涼」を通り越し!長梅雨のせいかどうかは分からないが、日中は一気に灼熱の猛暑「盛夏」にはならず、意外な展開に「ほっと」する。
超長梅雨が明けて、快晴の空が久々に続くも。肝心の時刻と肝心の方向に「その」快晴が失せ・・・_b0169522_00004404.jpg
その盛夏!湿度は半端じゃ無くて「朝露」は雨降るが如し!
超長梅雨が明けて、快晴の空が久々に続くも。肝心の時刻と肝心の方向に「その」快晴が失せ・・・_b0169522_00024678.jpg
移動は思いもよらなかった「GOTOキャンペーン」の恩恵を受けてビックリ!コロナ感染爆発のこの時期に?と思っていたが、正直。自分が偶然にもその立場に置かれて「なんと良いコトではないか!」と感激を覚えている!

立場が変わるとこうも「ゲンキン」に変われるものかと自分の愚かさを憂う!ただし、これもまさかのコロナ渦2回目の上昇数を数えるにあたり。今度こそ本気で日本崩壊が脳裏をかける!かといって、何をどうすれば?の策も皆無?なる様にしかならん?今回の規制乱発では補償の「補」の字も皆無である。せっかく「先の」スケジュールが決定して来た矢先の「カオス」に延期・中止と来たら?

いや、そんなレベルでは無くて?人類が間引かれているのかも知れない!



(       写真と文     高田健司       )




# by syashinkouboutabi | 2020-08-04 00:21
梅雨明けが「月末」まで長引いたのは記憶に無い?ただし、記憶は良い方では無い(笑)
奇跡の晴れ間は「確かに」存在するが、近郊低山の林道もたっぷりの雨を含んで土砂崩れの予感がする?今の時期の朝焼けはそれはそれは綺麗だけれど。本日は直感と本能を信じて、出掛けを止めよう!
梅雨明けが「月末」まで長引いたのは記憶に無い?ただし、記憶は良い方では無い(笑)_b0169522_04055726.jpg

空気の匂いにも予兆がある。今、何もかもがおかしい。気温が変だ。火山とか地震とか重なれば?一巻お終わりの「場所」が撮影ポイントだったことが多い。何を今更?と言うことを言う奴がいるが、体は一つなんで「コロナ渦」で自粛という「行動」を少しは覚えた。
梅雨明けが「月末」まで長引いたのは記憶に無い?ただし、記憶は良い方では無い(笑)_b0169522_04140338.jpg
ワイルドライフは特に人間性が撮影に大きく左右する。そのフィールドの風景写真撮影で人間性回復をと気づかされる「今日この頃」。
梅雨明けが「月末」まで長引いたのは記憶に無い?ただし、記憶は良い方では無い(笑)_b0169522_04192750.jpg
良い風景と出会うと「精神」が浄化される。
梅雨明けが「月末」まで長引いたのは記憶に無い?ただし、記憶は良い方では無い(笑)_b0169522_04215402.jpg
神々の聖地に立つと「心」に悟りが生まれることもある・・・。




(       写真と文     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-07-27 04:23
モンスーン気候も「味方」になってくれる時ばかりでは無く「コト」星空風景写真にとっては、
悩ましい?今年の梅雨はこれでもかと言うくらいの「曇天」の連続で、晴れ間があっても雲が広がる「良いような悪いような」・・・。夜間から行動を起こして、朝日の頃までが「今」のテーマのルーティンなんだけれど。あれもこれもと「欲」が出て、いけない(笑)。
モンスーン気候も「味方」になってくれる時ばかりでは無く「コト」星空風景写真にとっては、_b0169522_03432020.jpg
夜の野生圏で「気の緩み」があって、瞬時に「ヒル」の餌食となった!まあ「ダニ」よりは格段にマシで、不幸中の幸いとしとこう?
モンスーン気候も「味方」になってくれる時ばかりでは無く「コト」星空風景写真にとっては、_b0169522_03450172.jpg
惑星「大集合」はゲストの「彗星」だけが顔を見せず?超が付く「湿気」に撮影機材がグショグショになり、日の出前には「蚊」とか「ブヨ」の大群に襲われ!防虫スプレーのレベルを遥かに越えた!モンスターは予想してなくて防備が甘かったと反省!殺虫剤も携行してるんだけれど「手元」に置いてなかったと云う「愚」で有るから自業自得です・・・。
モンスーン気候も「味方」になってくれる時ばかりでは無く「コト」星空風景写真にとっては、_b0169522_03502095.jpg
まあ、それでも最低限のカットは捕捉できたんで「仕事」は完了!
モンスーン気候も「味方」になってくれる時ばかりでは無く「コト」星空風景写真にとっては、_b0169522_03512943.jpg
夜明けの金星と水星。は、タイトル倒れになって、すごすごと帰還・・・。往路・復路は奇跡の出会いを信じて「剣峠」をトレースした!ここで気だな「裏切ら無いのは!」・・・。




(       写真と文     たかだけんじ       )






# by syashinkouboutabi | 2020-07-23 03:54
このところの「猛暑日」も夜になれば?涼風が吹き!空気も乾きと「摩訶不思議」な「伊勢」である?
天変地異?何事も怒らねば良いが?と、本気で憂慮する「今日この頃」・・・。
このところの「猛暑日」も夜になれば?涼風が吹き!空気も乾きと「摩訶不思議」な「伊勢」である?_b0169522_08510352.jpg
出かけた「先に」人気が無くて。寺社仏閣も異例の刻限で閉じていた!
このところの「猛暑日」も夜になれば?涼風が吹き!空気も乾きと「摩訶不思議」な「伊勢」である?_b0169522_08520396.jpg
ずうっと中学生の頃から間にしていた「光景」も多感なその時には感じた「無限」の思考とは「今」は違う?知った風なフリをして「思考」は完全にとまっている。
このところの「猛暑日」も夜になれば?涼風が吹き!空気も乾きと「摩訶不思議」な「伊勢」である?_b0169522_08542248.jpg
ふとした「ひととき」に我に返してくれるのが「自然界」の営みである。しっかり生きよと教え諭してくれるような気がする。





(       文と写真     たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2020-07-22 08:56
7月16日(木)朝からよく晴れた!長雨で大地が冷えてるから風が昼前になっても心地良い!
青空と雲がいい感じのハーモニイ〜を奏で森や山の緑が目に優しく新鮮味あり!五十鈴川の川風も淀みなく最高の四季彩!さて?家に帰還した!昼寝だな(笑)。今日から、夕方のネオワイズ彗星とレモン彗星を探訪しようかな?
7月16日(木)朝からよく晴れた!長雨で大地が冷えてるから風が昼前になっても心地良い!_b0169522_10154711.jpeg
7月16日(木)朝からよく晴れた!長雨で大地が冷えてるから風が昼前になっても心地良い!_b0169522_10155345.jpeg
昨晩「たっぷり」とカーボローディングしたんで「眠い?」多分消化に手間取ってるんだろうなあー?今夕は彗星たちをゲット出来たら?久々の焼肉に突撃する「予定?」・・・。



# by syashinkouboutabi | 2020-07-16 10:18
食欲が「窮地?」を救う!悪運と幸運が鬩ぎ合い!幸運が味方する(感謝!)
絶体絶命の窮地も何故か「幸運」に導かれて成就する!いつの時もそうだった。ただし、何時迄もそれに甘えるわけにはいけない!そろそろ?自腹の奮起も必要だろう?

食欲が「窮地?」を救う!悪運と幸運が鬩ぎ合い!幸運が味方する(感謝!)_b0169522_23271893.jpeg
ガッツリ食って「知力」「体力」をパワー全開だ!




# by syashinkouboutabi | 2020-07-15 23:28
小生が知らなかっただけなのかな?近頃の「イノシシ」は水浴びもするんだ!
五十鈴川源流の森では、夏。いろんな生き物たちの水浴びと出会う!カワセミ・オオルリ ・サンコウチョウ ・アカショウビンなどである。稀にであるの「注釈」が付くが😂森に入ると先ず、森の番人に「威嚇」される!森の空気を切り裂いて「ひと鳴き」が突き刺さる様に飛んでくる!何かすると時間差で近づいて来てやばいなこれは?と思う時もある・・・。
小生が知らなかっただけなのかな?近頃の「イノシシ」は水浴びもするんだ!_b0169522_21352936.jpg

イノシシは今、ファミリーで獣道を移動する!タイミングが悪いと「強烈」な鳴き声で「口撃」して来る!そこで引き下がらないと「本当」の攻撃に合う!人間など一貫の終わりに違いない!
小生が知らなかっただけなのかな?近頃の「イノシシ」は水浴びもするんだ!_b0169522_21381576.jpg
小生が知らなかっただけなのかな?近頃の「イノシシ」は水浴びもするんだ!_b0169522_21382198.jpg
野生圏は紛れもなく彼らの縄張りなんであるから、気に触れない様に進む(笑)。




(       写真と文     たかだけんじ       )



# by syashinkouboutabi | 2020-07-12 21:40
夏鳥「後半戦?」は撮影エリアの人間模様のカオスが精神衛生上良くないので、くりあああー!(笑)
で、気合不足で「サボり気味?」の所へ。人気が失せた頃合、出掛けてみたら?何と「アオバズク」は樹洞周辺を飛翔して、時に連続して「鳴く」パターンに巣穴へファーカスはいつものルーティンだったのだが、顔を出されたのは「デビル?」だった!この意外な「一期一会」はこれはこれで、貴重なんだけれど。ガッカリのショックは衝撃的であった!
夏鳥「後半戦?」は撮影エリアの人間模様のカオスが精神衛生上良くないので、くりあああー!(笑)_b0169522_12243732.jpg
まあ、言葉がございません・・・。アオバズク巣立ち?ゲームオーバー?の談・・・。
夏鳥「後半戦?」は撮影エリアの人間模様のカオスが精神衛生上良くないので、くりあああー!(笑)_b0169522_12274598.jpg
撮影ポイントもチェンジしてなるべく多くの記録をと頑張ったが、21:00ごろ、お出かけになられて撮影終了!




(        写真と文     たかだけんじ       )





# by syashinkouboutabi | 2020-07-12 12:30
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・
それでも何かが「閃いた」のと「やる気」と「覚悟」が根拠の無い「希望」を奮い立たせていた!で、富士山と朝陽をテーマに「夏至」を挟んで、頑張ろうと。で、メインの「ひととき」は去り、気の抜けたファイナルアンサーも既にカウントダウンはジ・エンドの筈だったが、未だ「名残り」はあろうかと諦め悪く出掛けてきた!?先ずは露光合わせのつもりで「富士山」のアングルでシャッターを切った!何と夜明け前の時間帯に「なぜか?」富士山が捕捉された!俄然元気百倍となり、いろめきだった!

梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12173754.jpg
この時間帯なんで、伊勢湾を航行する大型船舶の多さが夜景の中で際立つ!まさにラッシュアワーである!
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12190253.jpg

やがて、夜明けの空が四季彩を帯びた朝焼けが訪れ、富士山がくっきりと浮かび上がった!
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12201597.jpg
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12204067.jpg
但し、三重県の空は今にも「雨!」の気配が濃くて、悩ましい!
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12213883.jpg
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12214370.jpg
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12214864.jpg
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12215387.jpg
刻々と変化する絶景に言葉を忘れる!富士山が見えるのは情報には持ち合わせていたが、10年近くの工事通行止めと言う途方も無い歳月が「撮影行き」を永遠の流れとなって、この地から遠ざけていた!コロナ渦での「密」を避け、夏至の日の出といえば?何の疑いも無く「人生」の大半を通っていたが、ロケハンとして「前日」に出掛けたら「折しもの」緩和明けとあって「大挙」ごった返していて、人・人・人にびっくり!夏至当日は二見を回避したのが「度会町通い」サブテーマが「六日目の正直?」の本日の幸運の快挙!になった訳である。
梅雨真っ只中だし、雲もある月光もある!天気予報も気象衛星画像も「撮影」条件ではいい事は無く・・・_b0169522_12303410.jpg
伊勢・二見・鳥羽の空まで魅惑的に朝焼けた!あーあーきて良かった!




(       写真と文     たかだけんじ        )






# by syashinkouboutabi | 2020-07-03 12:32
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09293328.jpg
巣立ち雛に餌を与えたが「大き過ぎて」結局自分で食べてしまわなければいけなかった親の落胆ぶりが、4K動画に克明に記録されていた!餌が気に入らなかったのかも知れないが?子育ては何処も大変?だ・よ・な?
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09293942.jpg
両サイドの枝に親鳥が留まり、巣立ち雛の後続を待つ!時計の針が1時間単位の長期戦!お疲れさまでーす!
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09294569.jpg
様々な表情を魅せてくれる「四季彩」の中での生き物たちの営み。延々通ってるけれど、その「地」に住んでいる訳では無いんで「垣間」観させてもらっているだけで正に「一期一会」でしか無く見えているモノは少ない。日々の出会いで「発見」する少しずつの「新世界」であるが故に魅力が薄れない!
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09350296.jpg
毛繕い羽繕いを盛んにしだす時間帯もあって、こちらも和む「まったり」の時間帯!4K動画も同時撮影なんで後からの確認事項が残ってありがたい!機材セットが老体には超重労働でも有るが・・・。結果を見ると報われる!4K「動画」伊勢発!世界発信はお盆までには叶えたい!
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09350780.jpg
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09351309.jpg
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09351858.jpg
朝陽と夜の野生圏との「掛け持ちで?」で疲労困憊の思考回路「不通」の今日この頃?_b0169522_09352569.jpg
この森は不思議で満ち満ちている!




(       文と写真     たかだけんじ       )





# by syashinkouboutabi | 2020-06-30 09:37
ぶっつづけの撮影行きで心身・撮影機材・車も路銀も「くたくた」で・・・。
全てにメンテナンスの「頃合い」。ファイナルアンサーになった「朝陽&富士山」の「超」が付く絶景は来年の持ち越しとあいなった!
ぶっつづけの撮影行きで心身・撮影機材・車も路銀も「くたくた」で・・・。_b0169522_02513711.jpg
ぶっつづけの撮影行きで心身・撮影機材・車も路銀も「くたくた」で・・・。_b0169522_02514438.jpg
ぶっつづけの撮影行きで心身・撮影機材・車も路銀も「くたくた」で・・・。_b0169522_02514950.jpg
心地良い「疲労困憊」の筈が、グッタリである。お・や・し・み!




(       文と写真     たかだけんじ       )



# by syashinkouboutabi | 2020-06-30 02:54
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?
「自称」風景写真家・ワイルドライフ映像作家のアピールで有る!(笑)
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06050882.jpg
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06051637.jpg
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06052240.jpg
ダニやヒルや得体の知れないのと夜な夜な闘いながら、身体中「喰われた」「吸われた」「噛みつかれた」・・・の勲章が増え続けている!
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06065419.jpg
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06065975.jpg
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06074440.jpg
お気に入りの場所が出来て、夜から朝にかけて片付け準備も入れると2時間の工程。睡眠時間は多くても3時間?
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06095022.jpg
で、夏至を挟んで、富士山の頭を朝陽が往復する!絶景が存在するが「梅雨真っ只中」にあって「幻」に近い風景!
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06114560.jpg
レンズを向ける先が圧倒的に四季自然とあいなって、プロフィールの写真がサーキットのビブスでは嘘っぽくていけない?_b0169522_06115270.jpg
で、いつまでも「サーキット」で撮った写真も不釣り合いになって来たんで?「自称」風景写真家らしい「のに」変更!(笑)良い写真と巡り合います様に!素晴らしい旅であります様に・・・。




(       写真と文     たかだけんじ        )




# by syashinkouboutabi | 2020-06-28 06:14
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!
度会町・獅子が岳から「富士山」遠望を試みて「成さず」の副産物がこの絶景である!
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08015135.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08015784.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08020259.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08020757.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08021236.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08021706.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08022209.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08022602.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08023066.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08023411.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08023820.jpg
二十四節季「夏至」を境に急激に方向転換をして「朝陽」が東天へ移動してゆく!_b0169522_08024328.jpg
梅雨真只中だから?よほどの強運と奇跡が必須であろう!ただし、何度かの「快晴」を他の場所に費やした今年の無策を公開している!そう言い切れるほどのロケーションが獅子が岳である!まあ、来年があるさ!(笑)。



(       写真と文     たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2020-06-25 08:07
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!
ただし、梅雨の晴れ間の「出来事」がいずれも何で、悩ましいのは「時間設定」が過酷極まりなくタイトになる!ならば?せっかく出かけるんだからと「ついで」のそれがまたまた「絶景」そろい踏みとなるんで「全く持って」悩ましい!

日の出にゆくんだからと「ちょっと早起き」なんてえのも勿体無いと何かすると「前夜」からのご出勤となる!で、野鳥もこの時期「早い」のだとAM7:00には巣立ってしまうのが「サンコウチョウ !」夕刻に巣立つのが「フクロウ!」何かすると「アオゲラ」なんかは日中いっぱいはおろか複数日に跨がる場合もあった!

となると「趣味の気狂い」は24時間フルタイムにならざるを得ない「魔物」に取り憑かれることになる!コロナ渦で無職になったおかげでフルタイムで臨戦態勢の撮影が結果的に可能になって?これを仕事にしないと「バチ」が当たる!
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01172152.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01172671.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01173214.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01174598.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01175122.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01175644.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01180166.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01180739.jpg
夏至の頃の「四季彩」は「お山」と「海辺」で「旬」の被写体を迎える!_b0169522_01181293.jpg
当初?夏至の頃の富士山を朝陽とコラボレーションさせる「テーマ」で取り組んだのに「前後」時間帯の絶景の方が感動的でハマったしまった!前者は撮影ソースが限られているのでどっかで見たな?と言う絵面で、近頃?正直言うと新鮮さに欠ける「気分」は否めなく?ニューアングル探しの旅に出た!それが「度会町」獅子が岳となったが・・・。星空風景写真に感動!疲労困憊のピークでもある!



(       写真と文      たかだけんじ        )




# by syashinkouboutabi | 2020-06-25 01:24
蛍もそろそろ「旬」を越えた?フクロウをずっと見失い?アオバズクだけが「夜な夜な」、
付き合ってくれている!巣立ちのシュミレーションか?巣立つ方向を雛に享受しているような「仕草」の日々は樹洞の前の枝がお気に入りが二本?そこへ飛んでくれたら?絶好のアングルと云う按配でもある(笑)。それにしても「動き」が超迅速だから、AFは作動しても跳ねられると云う「現実」に久々のマニュアルフォーカスの置きピンで一か八かの撮影に入っている!
蛍もそろそろ「旬」を越えた?フクロウをずっと見失い?アオバズクだけが「夜な夜な」、_b0169522_02414492.jpg
飛翔の方向が色々なんで、外したら「アウト!」であるのが悩ましい!
蛍もそろそろ「旬」を越えた?フクロウをずっと見失い?アオバズクだけが「夜な夜な」、_b0169522_02423976.jpg
止まる時間も短くて躊躇っているとこれもアウトとなる!
蛍もそろそろ「旬」を越えた?フクロウをずっと見失い?アオバズクだけが「夜な夜な」、_b0169522_02431731.jpg
昨晩、アングルと撮影ポイントを変えて「横」移動したら「なんとか?」ピントは拾えたが「周り」が全く見えないので「奇跡!」の一枚である!巣立ちの撮影ポイントが決まらないまま「ファイナルカウントダウン?」に入った!
蛍もそろそろ「旬」を越えた?フクロウをずっと見失い?アオバズクだけが「夜な夜な」、_b0169522_02463738.jpg
地上の獣道には食物連鎖の最強に「危険」も至近距離である!機嫌が良い時にトレースして行ってくれたので助かったが「以前」けたたましく威嚇の雄叫びを浴びせられて凍りついた経験もある!毎晩出会うし「数」も多い!襲ってきたら?一巻の終わりである!アオバズクの撮影エリアはこの獣道のスクランブル交差点にあって「至近距離」で目が合う!この他にマムシ・ムカデ・クモ・ヒル・夜のハチ・蛾・刺してくる小さな虫と多彩である!防備したのにヘソの横の出血が今も止まらない!「山蛭」の脅威である!

地上は殺虫剤を巻いて、体には防虫液、頭から足先まで防虫スプレーをたっぷり噴射したのに掻い潜られた?足元には「塩」もたっぷり撒いたのに・・・多分?上から降って来た「ヤツ」に違いない!帽子へのスプレーが少量だったか?

ただし、あんまりやり過ぎると皮膚に悪いし、呼吸系にも害だろう!?悩ましい季節の被写体で有る!まったく・・・。




(       写真と文     たかだけんじ       )





# by syashinkouboutabi | 2020-06-23 03:02