人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
F-1日本GP鈴鹿サーキット国際レーシングコース、日本晴れ!
秋晴れの鈴鹿へ、F-1フリークが、続々と集う。鈴鹿サーキットは渋滞が無いのが良い。木曜と金曜が、通勤の時間帯で、それでも「信号交差点」2回待ち程度。で、週末の本番「日曜日」の朝は、AM8時入りで、全くの渋滞無しで、パーキングエリアへ。しかもシャトルバスへ「徒歩」30秒の場所へ誘導される。鈴鹿市と鈴鹿サーキットのコントロールはすばらしい!

で、MEDIA用シャトルバスに乗り込むこと3分で、パドックだ。これも快適。で、ここからは徒歩で、別世界への「門」を潜る。そのパスチェックで顔が映し出される。人相が怖い(笑)

そこから「徒歩」2分で、フォトグラファーズエリア。小生のデスクは、入り口を入った、一番最初の席で、大画面のモニタが、真横にあるVIP?席。さあ、頑張るぞ!

b0169522_8241765.jpg

b0169522_8255442.jpg


イベントを撮影してたら、レーシングコースを颯爽と、ロードレーサーが「かっこ良く」流してゆくのに出会った。F-1パイロットたちである。コースチェックを兼ねて、一汗流し、体調もコントロールしている。と、ゆーよりも楽しんでいる。ハブ ア ナイスデイ!

b0169522_8342987.jpg

                               Photo by H.Yamamura


で、5日間の「超」過酷勤務であった。その中でも、さらに「極めた」のは日曜日の決勝日で、ヘリでの空撮有り、地上勤務ありで、時間との闘いの移動は常に走る。機材の量も半端ではなくて、まさに「行」、、、。

ただし、F-1マシンの激走を逆バンクイン側では、ガードレールが、あるにせよ、およそ2メートルの至近距離で、撮影できる(笑)。耳栓をしてても、内耳が反応し、体に超振動が、伝わる!大気を切り裂き、甲高い官能的な爆音と共に、瞬間にして、飛び去るマシーンを追って、ドラやフォーンや大歓声が、コースサイドを移動してゆく!

F-1日本GP,鈴鹿ステージは、まさに「夢のまた、夢」の世界に違いない。59歳の誕生日に神様は最高のプレゼントをくれたのだ。(感謝)

さて、現実は?昨日(月曜日)まで、F-1日本GPのアフターイベントがあり、睡眠時間1時間で、望む。自宅からは連日、片道90分の通勤。

で、〆は「カムイ」とキッズのトークショー。最後に参加者へのプレゼント用の記念集合写真のミッションが小生にあって、ギャグを連発してたら、カムイがひとこと。小生を指差して「おっちゃん、まぶしい~!」これで、一気に盛り上がり、カムイが、これ使えるでしょ(笑)これで、通算3回。カムイにいじられている(笑)

気取らない、飾らない、気さくな関西人の若者は、良い奴だ。




                        
                    (  文と写真   たかだけんじ  )
by syashinkouboutabi | 2011-10-11 09:18