人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
近年、まれにみる「大雪」の様相となった。風景写真的には、
願ったり、かなったりで、「運」を持っている。ただし、スポーツフォトの現場では「一番」厄介かもしれない。朝にはウインドウの雪が、凍って「お湯を」かけて溶かして、暖気運転して、おっと、その前に凍りついた「ドア」をあけるのにも一苦労する。出発時間はすくなくとも、30分はロスする。ときに「素人」なんで、スタッドレスにチェーンも巻く。で、4WDで、がりがりやって、ケツをふりふり、フロントを流し、ツイスト(古~! )しながら、ホフクゼンシンする時も。で、本音は?けっこう楽しんでいる。実は「スコップ」を携行している(笑)。JAFも入れないような「山岳?」で、スタッグして、説教をクライナガラ、コーヒーを飲ませていただいたあげく。次の週には、知り合いのカメラマンが、コースアウトして、小生と同じ、某四駆を全損。同じ、峠だったので、同じJAFを呼んで、説教をクラッタ(笑)。冬になると「毎年」エンドレスで思い出す(笑)。笑えないのはJAFで、出動しても、レスキューできなければ、請求が「我々」に出せないらしくて?怒りは当然か。ごめんなさい、、、(反省!)。

真冬のイベントで、県外出稼ぎは、愛知、岐阜、福井、石川、富山、群馬とあって、日本海へ抜けるのは、至難の業である。ただし、この季節。魚介類の「味覚」が、伊勢志摩には無い「魅力」がある。

ただし。スポットで沖縄のオファーも頂いてるんで。まあ、その「温度差」はエキサイティングには違いない。ただし、沖縄なんだけれど。昼間は晴れれば、汗ばむくらいで、短パン、Tシャツで、「正装?」してても良いが、夜は東シナ海の「季節風」で、伊勢より寒くなる。

で、同じような「コト」を「日々」連綿と繰り返し、おなじようなコトを繰り返し「書いて」人生を重ねている(笑)。日常の中で、大きな変化は「からす」の大群が、押し寄せていて、しらさぎの姿が、五十鈴川から失せた。原因は見えないが、カラスの集まる「人的」要因があるはずだ。

例年ならば、神の森、五十鈴川沿いの紅葉と「白い鳥」が、優雅に飛翔する「コントラスト」は、まさに「日本の旅」の晩秋の陽光の心地好さを覚える「ひととき」であった。

反対に大型野生動物などとの距離が、あまりにも近くなりすぎて、キケンである。まあ、人間の方が後から、住みついたんで、勝手な話なんだけれど。良く出会う「順番」から言うと、鹿、猿、たぬき、いのしし、りす、いたち、むささび、はくびしん、あらいぐま、てん、熊となる。北海道だと、ヒグマ、蝦夷しか、きたきつねが三位一体で、出会う。で、春、夏、秋はもっともやっかいな「毒」を持った「生物」が、加わる。

ただし、もっともデンジャラスなのが「海」である。伊勢志摩もサメがうじゃうじゃ居て、不気味だし、陸地のように、兆候を読めない。なんせ、波打ち際から、深海へ直結していて、人間の嗅覚や触覚では、キケンを察知できる筈も無く。

後、空からの「猛禽類」もやっかいだ。音も無く、攻撃が完了する。日本では胴体は人間よりも小さいくせに、パワーはすさまじい。あたられ所が悪ければ、骨折させられるくらいのパワーがあって、目を攻撃されれば、いっかんの終わりである。

風景写真かも「楽」じゃあない、、、。

それもまた、日本の四季自然なのではあるが、、、。
by syashinkouboutabi | 2011-12-25 17:41