人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
名古屋から「手下」が、やってきたんで、さきほど。寿司ローへ!
なんやかんやで、今。帰還。大雨警報が発令されてる中、決行。魚貝系中心にハマグリ味噌汁。最後はマンゴーパフェ。昼の食事のリバウンドみたいな食い方になった?ん?日本語がおかしい?連休明けにNikonD4をゲットする。オリンピックイヤーのオリンピックバージョン!?

で、肝心のロンドンオリンピックのオファーは「ロ」の字も無い。ついに国際イベント「60歳」前に「定年」の引導を渡された?まあ、ええか。

本心で、四季を詠む「写真家」を今、めざしている。伊勢神宮の「せんぐう館」が、オープンした。で、うるわしき日本の二十四節気の四季彩、そのデジタル写真を担当、採用していただいた。で、爺様は第69回伊勢神宮式年遷宮で、宮大工の頭領を勤め上げている。後に小生も写真家として、撮影に。それは20年に一度「匠」が、構成に伝承されてゆく「日本のこころ」が、存在する「まぎれなき」「美」「技」「人間力」に違いない。

写真とは?思考回路を研ぎ澄ませ、全神経を集中させつつも筋力が「超リラクゼーション」したときに「最高傑作」が、誕生する。

シャッターチャンスは、あきらめることの無き、日々の努力の先に「むこうから」ある日突然やってきて、試される。たっぷりと降り注いだ「雨」が、上がる「明日」に最高のひとときが、訪れるのは間違いなく。機材をRAWにして、絞りをレンズの最高描写に。質感をゼラチンフィルターで、補足する。魂をゆさぶる「色合い」をゲットできるか否かは「神」のみぞ知る。

求めて求めえられない、伊勢神宮「神々の森」への祈り。いまだ、出会えない「風景」がそこにある。心象風景、森羅万象、天地創造、信仰心。それとも己のこころの「無」。
by syashinkouboutabi | 2012-05-02 23:14