四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
今年のGWは、大渋滞にまったく関係ない日々を送っている!
撮影は四苦八苦だが、そんなにサクサク撮れたら、ぎゃくにつまらない。それと、どーしてもスケジュールがうまくないないのが、黒潮の回廊の「鯨」である。5月いっぱいが、鯨船の期限。最終チャーター便と年間契約のスケジュールがどんぴしゃ!?んーん、、、。

で、Nikonの500を手持ち撮影で、振り回してるんで、ますます上半身がパワフルになり、ぶち切れた膝もよほどのことが無い限り、違和感を感じないくらい完治に近い。人間の再生力には、あらためて感謝感激!

ちかごろは風景写真にも三脚は使わない。天体写真も地面なんかに固定して撮る。最新のデジカメのなせる業である。これもNikkorにNが付いてから、次元が激変した!色彩、解像力、コントラストなど。印刷やWEBでの色調再現能力は、まさに革命的だ!

だから、素材がたまりまくる一方で、画像セレクトも追いつかない。で、数年前のRAWを拾い出し、新作と交互に作業している現状がある。レタッチなどの外注も考えたが、責任を持って、最後までやりきりたいんで、やめた。そんなコトをいってるから、儲からん(笑)。

好きでのめりこんだ趣味なんで、最後まで、いわゆる生涯学習というコトになる。どうしても欲しいとこころから念じた自転車は小学校2年の時である。一眼レフは6年。天体望遠鏡は中学生一年。その時の情熱が、消えないまま今に至る。で、行き着く先は「喰えない」プロの道で今、もがいている(笑)。

明日。どうやって喰っていこう?で、立って歩ける内になんとかしとこう?なんくるないさ?

PS。
さっき電話があって、Kカメラマンが富士スピードウェイから帰還するらしい。で、明日。ウエディングの撮影を頼んであるんで、大丈夫?プロフェッショナルという名の責任は重い。

閑話休題!

気圧配置は快晴なんだけれど。等圧線が緩んでるんで、強風、雷雨注意報となる。新緑が、里から山へと移動する。小生のミッションは紀伊山系が、6月はメインになる。原始の風景の中で、野鳥、動植物の宝庫であり、最も四季の変化を感じさせてくれる。そこは太古からの霊場でもある。人、自然、魂の回廊であるに違いない真っ只中で、シャッターを切れる喜びを満喫する。汗をいっぱい流せてこそ、快適であると知る!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-04 20:32