四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
リハビリの日々は薬物療法、食事療法、運動療法。
すべてやらずに済めばそれがベスト。薬も定められた量を服用してれば良いんだけれど。ベストではなくて検査の毎に適正をドクターが判断する。ただし、ある程度。規則正しく決まった時間に実行は可能。で、正直言うと小生のこの業界はかなりおかしくて、基本的な3度の食事時間を平気で無視できる。不健康極まりない不文律で、人が動く。で、それも個々の人間に依存してて、それで良いのかって言う要注意人物が多い。

不規則極まりなかった小生が言うのもなんなんだけど(笑)食後の薬の服用という事で、かなりよろしくない。70歳くらいまでは写真家をやってたいんで、矛盾する話だが、不規則がわかっている人物からのオファーは断るしかない。まあ。世間では定年の年齢なんで、それもありだな。

で、食事療法もよろしくない。カロリー制限がむずかしい。わかっていても多くなってしまう。これは自己との葛藤である。ただし、半信半疑だったコトが確信にかわって来た。体重のコントロールという数値になって表われる。実は入院で最大20kg落ちて、内心はかなり不安になっていた。あまり落ちすぎるとやばいんじゃないかと勘ぐる。

ただし、これも日々、食事の内容に真剣に取り組んでいる内に答えが見えてきた。内容と食べ方、食べる順番。最後にカロリー。最大の基本は食事時間帯。朝、昼、晩。07:30、12:00、18:00を外さないようにすること。だから、仕事も選ぶことになる。いままで受けた順番だったけれど。これからはギャラの順番といかにやりがいがあるか、社会的貢献ができるのかで、決定する。

運動療法は専門分野なんで、これはやり過ぎないように注意する。ついつい、限界を感じたいし、見たくなってくるので、今は本当に要注意。薬も食事も少しずつの努力なんだけれど。甘くなれば、真剣さを欠けば、基本的なコトを間違えば、今度病院送りになったら確実に死が待っている。

24時間フルタイムフルコミュ二ケーションの生活に違いない。

で、お散歩なんだけれど。

機材フルセットで、野鳥も撮るんで、長玉も。ドクターのおっしゃる「普通の生活」ならと言う、範疇に入っているとは思えないんだけれど。家族も小生を延命するかしないのか言う書類を書いた。

双方が多かれ少なかれ、どう感じたかは別にして。カメラを持ってて倒れたら、ある意味。本望である。

閑話休題?

子供たちのためにもう少し長生きしろとキツイお達しを受けた。その子供からは全員の結婚式に出ろと。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-11-24 09:35