四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
内服薬の大きな袋が3っつ。寝る前の日課はここから、朝と夕に
服用する薬をセッティングする。このルーティンで、自分は病気なんだと自覚する。で、夕方専用の袋に2種類3錠。朝夕両方に2種類3錠。朝専用に一袋と5錠。簡単なんだけど錯角する事がけっこうあって、ボケ老人になった日には思いやられる。

退院から2ヶ月目の最初の週に2回目の検査がある。通院は近くのバス停から直通がある。ここまでは良い。

元旦の撮影があって、鈴鹿まで。この移動が一年でもっとも過酷。大晦日から宿泊するか?元旦は移動出来たもんではない。まあ、一月あるんで最前策を考えるとして?

もうひとつ日課がある。指先に肌荒れ用のクリームをすりこむ。2種類あってひとつは薬品。もうひとつは化粧品。軍配は化粧品。ニベアなんだけれど。じっくり効く。もうひとつは薬局推薦なんだけど効き目が無い。化粧品侮りがたし!

冬季のアウトドアの撮影で、普通には手袋をはいてシャッターを切るが、マニュアルで手動することも多くて、凍てついた中での撮影での素手はときに指の皮がくっついてしまうほど。信じられない現象にみまわれることも。シャッターとの瞬間の勝負は素手の指先に優るものは無い。レリーズを使用しても素手が一番。全神経が指先からシャッターに伝わるからだ。そして、シャッターを切った感覚が指先から瞬時に五感に伝わる。良いのが撮れたか?失敗か?

どんなに機材が進化しようがこの部分だけは人間の能力に依存する。フォトグラファーの意思を瞬時にコミュニケーションできるからだ。

撮りたい時にシャッターを切る。人間のこころでアートする。写真とは指先の芸術に違いない。まずAF、フレーミング、露光、絞り、セッティングなど。ダイレクトな素手の感覚に優るモノは無い。

23時、就寝ならば?ぎりぎりセーフと云う事で、、、。
by syashinkouboutabi | 2012-12-03 23:01