四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
毎日。呪文のように同じコトを喋り、ブログにも書く(笑)。
還暦まで来るとボケ防止の意味合いが大きいと自覚。目覚まし時計の話。ホテルへ宿泊する時はスポーツのイベントやレースなので、朝が早起きなんだけれど。退院後、100%セント目覚まし時計の設定時間前に余裕を持って起きている。十二分に確認してチェックアウトできる。ただし、最近伊賀上野で忘れ物をしでかした。市役所の近くのルートインなんだけれど。最高に手厚い処理をしていただき感激。大感謝であった。なんと充電したままシェーバーを忘れた。還暦の目は視覚に動体視力も低下してんだなきっと。見渡したつもりのチェック?惨敗である、、、。

入院で学んでコトも忘れがち。歯磨きなんだけれど。入院前はホットドックのケチャップとマスタードたっぷり状態だったが、まだ簡単に身動きできなかった頃、看護師さんから手渡された歯ブラシにはちょこっと乗っているチューブの中身。最初違和感があったが、今思えばTVコマーシャルの悪影響を何十年も延々つづけて無駄をやってきたワケだ。

食生活もそうだ。昭和28年生まれは、残さず食べましょうと教育されて育った。茶碗に残ったご飯粒も丁寧に一個づつでも箸でつまみ口へ運んだ。今の人たちは先ず、やらないし残す。食べれる時は腹いっぱい食べなければならない時代背景もあった。もったいない。その食への感謝が背景にあった。食物がまだまだ少なかった時代だと記憶する。

飽食の時代の所為にはできないし、しないが、それを良しとして92Kgまで体重がなっていて、病魔と偶然か必然かでっくわして、現代の最新医療に助けられて生還。夜は80Kg台だが朝は78~9Kgを延々と推移している。もう少し、減量を企てたが進行しない。摂取カロリーがまだまだ多いんだろう。ただし、無理に持ってゆくことは無い。先ずは現状をキープ出来てからでも遅くは無い。
20日間寝たきりだったんで、低下した機能がまだまだある筈だ。

体感的には入院以前より、確実に各機能がアップしているのが分る。五体のバランスを見極めつつ撮影を続けたい。この貴重な体験で病気の前兆を見極めるコトが学習できたのが大きい。日々の体重計と血圧測定で視覚的にチェックできるし、何よりも体感機能がフレッシュな感覚をもちあわせ、問いかけてくれるのが、今の気分。今、どう感じているかが、数値よりも大事なんだとそれも学んだ。数値はもちろん大事なんだけれど。日々、一喜一憂することもない。
by syashinkouboutabi | 2012-12-05 09:16