四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
XPのサポートが切れる4月9日が迫っている!?
1台だけ10数年を越えようかと言う仕様暦のウインドウズが正真正銘「化石」になる。ネット環境のみに特化して、大活躍で、幕切れが迫る。仕事柄、印刷関係からパソコンに突撃したんで、処理を要する仕事はすべて、マッキントッシュで現在進行形!?で、ウインドウズ「ゼロ」の日を境になにかしらのパニックが発生する気がしてならない。それは「内外」にいえることであるに違いない。印刷環境がウインドウズでOKになった革命期もマッキントッシュオンリーで、進めてきた。

現在もごく最近、画像の処理系等は時間が4分の1に短縮された。唯一、DVDの仕上げが相変わらずレコーダーに依存する。多少の時間差はあるにせよ「爆発的」な時間短縮は望めない。業界がすでにこのメディアをトップランナーとして扱っていないと言う現状もあり、致し方無し。

作業速度、時間、共有制、コストパフォーマンスなど。どれをとってもコンパクトHDの利便性にはまったく及ばないけれど。DVDは慣れ親しんだ捨てがたい画像送付アイテムに違いない。まあ時代の流れの中で永遠はないんで、バックアップを考えるにHDもなにやら先行きは不安だしいかなるバックアップもメディアも完成形は皆無である。それが今の時代。

まあこの先はhttpの電送はゆずるとして、撮影のポテンシャルを最強最速にセットアップ、アッセンブルしたいと日々模索がつづく。財布の中身にこればかりは依存度100%なんで、やる気があってもいかんともしがたい。

そうこうしてるうちに完全に山も雪解けとなって、残雪は残るにしても、冬眠の終わる季節をいちはやく察知した動物が寝ぼけている間に撮影したい。日増しに危険度がます「獣」と化すまでに。すでにこちとらは還暦を越えて、格闘能力はゼロいや、マイナスだ。どんなにまかり間違っても勝ち目は皆無。それでも「運」が良ければ「胃袋」におさめてやろうという「気」と「食欲」だけは人一倍あるにはある。

で、撮影がすんだ「いきものたち」で、でっかいのからゆくと「鯨」「ヒグマ」「鹿」「いのしし」、、、。それらは胃袋にも収めた。食ってないのが「ツキノワグマ」なのである。まさに喰うか喰われるか!?

この「仕事」冷静に考えると?割りにあわない、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2014-03-17 22:47