人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
Nikon のハイポテンシャルに「助け」られて!
週末だけが好天の天気のインターバルに「これも」助けられて。ミッション完了!現在、最強のD4sもちかじか、更なるニューカマーが投入される。さらに「最強!」「強靭!」「最速!」がアップデートされてくる。レンズもしかり、超進化!描写、高速AFなど。すべてが、異次元の高性能になる。しかも、これも思っている以上に早くリリースされそうで、嬉しい!

しかし、重量級の機材もろもろを担いでのサーキット「巡礼」、「行」、はまさに「究極」の知力、体力が要求される。瞬間を切り撮る、デジタルカメラ最前線に立つ。で、おまけが小生にはあって、メタボという、宿命の「自業自得」「不摂生」のおおきなツケが。およそ、15kgほど。体重と言うセクションに余分にあって、膝、足首、筋肉・・・に負担されている(泣)・・・

b0169522_11521024.jpg


撮影なんだけれど。レンズにはさらに2倍のテレコンバーターを装着して、アングルはさらに「クロップ」機能も駆使して。激写する(笑)。見たことも無い、常識を覆す?ニューアングルに挑んでいる。それをサポートしてくれるのが、サーキットの巨匠から。プロデュースされた「一言」でいうなれば。「頑丈」「小物」の収納、出し入れがストレスフリーの究極のフォトグラファーベスト!しかも、生地は今までに類を見ない上質。

最高レベルのカメラバックを羽織っていると言って良い。

で、D3系も現役を張っているが。一押しで、2カットの感覚でシャッターを切っているが。その感覚で、D4sを使用すると。なんと、押し続けてもいない感覚なのだが?瞬間に6カットも切れるのだ!言い換えるならば。D3系ではピントを見ながら、シャッターを切っているが、D4sでは目に見えない領域さえも「結果」写し出してくれている!

画質、フィーリング・・・すべてが雲泥の「差」と言う、現実。日々、驚きの現場で。プロフェッショナルという、スタンスで「仕事」に立ち向かっている。しあわせなコトである。生きてる、悦び!がある。



b0169522_12241429.jpg


揺れる大気を切り裂き、時速300kmのマシーンを目の前のごとく、引き寄せる「超超望遠」の世界の展開の1000分の1秒の「超瞬間」との闘い!・・・が、ある。
by syashinkouboutabi | 2015-04-20 12:30