四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
朝夕は夏らしくなく、涼しい!ときには寒い!
ちかごろ、風の吹き方が沖縄っぽい。気温は別として・・・還暦を超えた老人が日々取り組むテーマではないが。ついに撮影時間帯が、朝、昼、夕、晩、深夜、夜明け、日の出とあいなって。草木も眠る「うしみつどき」に獅子神さまの森に通っている。猪の一家も、子供がそこそこ大きくなるとこちらの存在にも寛容になって来て。ここにきて、警戒心は無く、逆に興味津々の好奇心が出てきたみたいで。

どっちが、見られてるんだい?って、距離感空気感になった。


b0169522_2014841.jpg
b0169522_20142147.jpg


親にくっついて、闇の山道を横断中の猪大家族のシンガリ。止まって興味津々で、こっちを見る目がかわいい。ただし、本当の「シンガリ」はすこし、離れて。こっちを伺っていた・・・落ち葉のじゅうたんを進む「瓜棒」の後姿が、落ち葉の道に同化する。長い時間を経て、進化する「いきものたち」の摩訶不思議を垣間見た!


b0169522_2018436.jpg
b0169522_20181717.jpg
b0169522_20183173.jpg


運良く、食事タイム?餌場を移動しながら、落ち葉を掻き分け、少しずつの移動が始まり。レンズも70-200に持ち替え、至近距離での「撮影会」になって。最後はさわれる距離まで来たが!ダニやら得たいの知れないモノもくっつぃていて・・・。しゃべりかけると耳が反応して動き、こっちに害が無いと知ると。距離感が無くなり、自由に撮影をさせてくれた。


b0169522_20432434.jpg


帰路。見上げた空は、天の川が、天空に横たわり。伊勢悠久の森が、シルエットになって浮かぶ。そのまま、朝陽・・・とは。さすがに気力体力は無く。落ちるように床に横たわり・・・。またしても?世間と「音信不通?」とあいなって・・・。それでも?この生活?最高に気に入っている(笑)。

写真が沢山、売れますように・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-07-21 20:44