人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
使い切れていない「パソコン」。もったいない
「話」なんだけれど、必要なコトが出来ていれば好いと、居直ることにした。物欲はとどまるコトは無く、マッキントッシュの27を年内に「もう、一台」と、「喉」から「手」が出ている訳で・・・デジカメのD?の画素数によっては、さらに「様々」なアイテムに影響大となり、その他のアッセンブル&ラインナップも大きく修正しなければならなくなる。2015-2016は、まさに「天下分け目」になるに違いない!

すべてが、近年の機材一般は、オーバースペックなんだけれど。プロフェッショナルの現場が、単純では無くて、画角、画質もクロップをフル稼働させて、クライアントの要求にリアルタイムで、答えなければ、デジタルの意味、価値は無く。撮影した「瞬間」に画像の共有こそが、デジカメ最前線なんで有る。

これから「ライフワーク」の四季彩も秋たけなわになり、郷土料理の「旬」もテーマに加えようかと企んでいる。本音は喰いたいからである(笑)。

年内まで3ヶ月あるんで、じっくりと「すべて」を「補強」したい。

この間、手に入れたレッドデータブックが、ことのほか、面白くて。大半が、文字なんだけれど。それが、かえって、想像を掻き立てる!この年齢になってこそ「つながる」コトも随分ある。文字の奥に見えてくる「真実」をデジタルフォトが「答え」に導く。で、撮影テーマをノートに書き留める。凄まじい数になってゆく。で、広辞苑よりも一回りも大きいので、持ってゆくのが大変だなどと思っていたら、タオルケットをぐるりと捲くと、なんと。「仮眠」の枕になる(笑)。

これが、夢ごごちに「脳」へ「知識」となって、染み込んでくる!本当、だってば。

年明けからは「ごっそり」と世間に究極の画像をリリースできるに違いない。
by syashinkouboutabi | 2015-09-13 00:39