四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
(続)肺炎、闘病記?良くもならず悪くもならず、が。
ずるずると続き、好くない・・・。心臓の病の薬が「悪さ」もしてるんではあるが。これは呑んでないといけないという「病気」の避けては通れない「方程式」で、答えは決まっている。先々での入院、手術が必ず待っている。で、生きるか死ぬかである。もうすぐ、63歳は「憂鬱」である。

ただし、伊勢、伊勢志摩、紀伊半島を当ても無く「ぶらぶら」の「ひととき」を巡れば、しあわせなんだけれど。肺炎と診断された以上、ぶらつくわけにも行かない。さすがに自由人も。スランプの入り口に立たされている。

今年、「初」のみかんを貰った。甘い、美味い、ほのかに酸味。

明朝。調子が良ければ、午後が撮影。ただし、せっかく早く用意してくれた70−200f4を小生の事情で受け取れないでいる。すでに先月、代金はすでに支払い済みなのにである。今回のロケに使えず、タイミングは最悪・・・70−200f2・8の樽型収差の大きさでは「風景写真」で、地平、水平線のバランスを「多様」する小生の写真には完全にNGなのだ。

まあ、200−500f5・6が届くまでのつなぎが役目。こっちはあくまで、焦点距離とズーム比が、写真作りのおおきな「キモ」となる。収差やその他諸々の「能書き」は、まったく関係ない。瞬間に選んだ「アングル」決定にストレスフリーであればそれが、最高!そうゆう、写真の世界がある。そこにSB910の「力」に100%頼るんだけれど。サーチライトにLEDがサポートしてくれる。

決定的なフットワークを手に入れるに違いない!

これで、ストックフォトのバリエーションがもの凄いことになる。で、VTRとの「大車輪」で、老後の「食い扶持」を稼げれば?と、あいかわらずの「夢」を追っかけてゆく(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-10-02 23:05