四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
日付を越えた。昨日は、礼服にネクタイ、革靴の
久々の究極の現場でのミッションは、現行最上位機種のニコンD4Sとニッコール長玉に高倍率ズームを駆使して、シャッター音を気遣いながら(実際は云うほども気にしてないが)終えた!蝋燭の炎一本のシチエーションはISO12800~25600、一脚の世界!でも、気がつけば?手持ちで撮影をやっていた。で、VRと云う奴を未だに信じてない(と、云うより判らない)。実感が無いんである(ニコンさんごめんなさい)・・・。ただし、仕事(撮影)は、今までに無い新世界を叩き出した!

ただし、写りすぎて。非日常の「神の世界」の色合いでも色彩でも無く?電気信号に撮像された「作られた世界」なのであった。一線を越えた「超世界」なのだが、どうも、素直に喜べない。写らない、写せない「世界」が、想像出来るからこそ、かいま見えるからこそ、写真の世界は面白いのかも知れない?そこに「葛藤」が、様々な思いで、入り乱れるのであった。

なんだかんだ「言って」、小生はフィルム人間だったと知る。それは、好いことだと安心もした。デジタル最前線の時代にである。

で、11月も本日で最終日である。なんとも、あっと言う間の一年である。夕方から、最悪の下痢で。「小」の「都度」。「大」が、ついてくる、もよおしてくる・・・体力、消耗の談である、、、。思い当たる節が有る。賞味期限二日過ぎ以上のモノ色々。ふたを開封してから、数日のヨーグルトに、などなど。冷蔵庫を一掃して、最後に冷えきったみかんを搔っ込んだ・・・。8時間後に「高価覿面?」と相成った訳で。・・・(笑)。笑ってられるんで、ギリギリの状態だが、病院とまでは、大丈夫な心持ちである。まあ、良しとしとく・・・。

得の有る「人(方)」から、お話を頂戴した。人として、振り返れば?なるほど、素晴らしい!人はやっかいである。自分本位である。いつしか、基準が摺り替えり「愚痴」に始まり、最後は「人」の悪口で締めくくる?愚かなコトである、あ〜、いやだいやだ。

心臓の「病」で、酒を禁酒!やなことを「記憶の彼方」を喪失させる術が無い(笑)。これでは、ストレスをいっぱい背負っての老後となる。

カメラを手放したら?ただの「廃人」になるに違いない。ただし、じわりじわりとそっちの世界へと「カウントダウン」が、止まらないどころか、加速の気味である。果報は寝て待てと人の言う。いや、その。寝すぎると寝たきりになりかねない?笑い話で、無くなって来た現実は?いかがなモノか?さて、

その先は?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-11-30 00:36