四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
昨日、壊れた「洗濯機」は、修理することにして。
補修交換ユニット待ち。洗濯物が溜まる一方なんだけれど、これから「冬」で、良かった。で、バスタブで手洗いも考えたが、躊躇する。何をするにも体が動く前に頭が、回らない。行動の後に結果が、付いて来た「強運」は、けっこう今でも健在では有るが、どうにもこうにも62歳の現実は、けっこうのろいのである。そこにベストであるとされる体重に10Kg以上のウエイトハンディーを背負ってるんで、腰、膝、踵の間接に足腰の筋肉に過剰な負担をしいている。

それで、撮影中の山の斜面で、転んだ。4年間ほど、「愛用」しているトレッキングシューズで。サーキット、町歩きのレベルでは、未だ。ハイポテンシャルであるが、山歩きには「お役御免」のボーダーラインを越えて、先ず「足」のホールドが効かない。さらに肝心のガレ場にまったくグリップが、効かなくなった「靴底」のゴム・・・。

現場(撮影)は、三重県 東紀州熊野(くまの) テーマは「巡礼の四季彩」。

カメラを4台、並べて。先ずは夜明け前の光の中で、朝食。エビの天ぷら弁当、ホルモンピリ辛弁当のふたつに牛乳。食後の心臓の薬(くすり)、6錠に水・・・。背後は漆黒の闇に「もののけ」の足音が迫り、鹿の声が、斜面を谷を「突き抜けるように」渡る。星明かりの空に下弦の月の光も混じり、夜明けの色彩も加わり、大気のうごめきが、始まり。流れ、沸き立ち、乱舞した。日の出に「現れる」龍神の到来を待った・・・。



b0169522_168404.jpg
b0169522_1681211.jpg
b0169522_1674659.jpg
b0169522_1672852.jpg
b0169522_16771.jpg
b0169522_166327.jpg
b0169522_1661599.jpg




何日か前は。伊勢の稜線に立って、遥か彼方「雲海」の先に「熊野」を見て思いを寄せていた。旅への衝動が峠を幾つも越えて、その先の。黄金色に輝く海が、黒潮の回廊「くまの灘」と云う「地」に立たせてくれていた。神と仏の天地創造の地、熊野巡礼の旅が、つづく・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-12-03 16:20