四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
Nikon D5 の真の実力を試す日が来た!雨中の
陸上競技である。激しい雨と全天候トラックに浮く雨水をスパイクが跳ね上げる飛沫がファインダーの中で乱舞する。さらに鍛えられた肉体がエキセントリックに躍動し大気を切り裂く。カラフルなユニフォームもときとして、AF を惑わす筈だ。

驚きはシャッターチャンスを100%逃さない決定力に驚愕した!タイムラグを全く感じさせない決定力と言い換えればその実力がはっきりと伝わるだろう。ちょっと遅れたかな?だめだろうなあ?と感じたシャッターを切った指先の感覚と過去の記憶、経験から感じたコトが一瞬で、覆されて。D5 を使えば時間を巻き戻したかのように視覚に感じて、シャッターを切ったそのアングルに見えたままが、モニタに映し出され、残っていた!

さらにシャッターのレスポンスである。瞬時の連写、高速連写が「全ての」イメージにシンクロされて、AF が完璧に対応して、ピントを深く突き刺したかのように被写体に食い込んで、色相い、コントラスト、際立ってシャープな解像度を魅せた!それは解放F値を駆使して、まるで絞り込んだようなピントのグラデーションさえ具現化させて、独特の濃い深みな色で、網膜を刺激した。

秒感の狙撃手、超高速シャッターは軽く触れるだけで、3コマを切る!軽やかであるが、革命の土音は凄まじいパワーで、秒間の見えなかった見たことも無い「瞬間」を描写して、写し出した!シャッターを切ってもAFが追従しないとシャッターが重く降りないストレスが、時折あったのは遠い昔の過去のコト。D5 を手にした今、もうこれ以上パワーは要らん!心からそう感じて、思った。

指先を優しくシャッターボタンに添えるように乗せるだけで、瞬間のドラマが完結するんである。まさに羊の顔をしたモンスターに違いない。思った瞬間にすべてを手に入れられると表現すれば?分かりよい(笑)。で、最新最強の究極のレンズ。600F4とのコラボレーションが未体験の領域の扉を開けた!

2000万画素の叩き出す画像は、まさに最高画質にほかならない。シャッターを切った瞬間に「魂」さえ同化させ、宿るのである。ひとつの道具であるが、まるで手足のように感覚さえ携えた機械なのである。意思をはっきりと感じ取り、伝わる「レスポンス」を言葉にするならば。「快感!」それしかない・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-06-19 23:47