四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
再びの雨に翻弄され、何度でも「雲海」の回りに。ただし、快晴の帯が新たに九州、山陰と降りてきて。
紀伊半島に伸びてきて、寒波が戻る気配と見た。先ほど、ジッツオの手入れをして塗装も二重の施しで、速乾性を歌っていて20分の筈が、二時間経っても。手に付着する始末で乾かず腹立たしいと思いを巡らすも。使用期限を何年も過ぎたスプレー缶に腹を立てていた。で、指をペンキだらけにしてステッカーを張り巡らせて「所有権」をアッピールした後に長玉をセットして、満面の笑みである!

右肩、左肘、その他もろもろが。60肩やら、関節痛やら筋肉痛やらとオンパレードでは?いかにも「先」が辛い。超重量級のジッツオの参加で、「機材運」で腰痛まで持っての撮影は、まさに「如何なものか?」。体がもったもんでは無いんで「ここらで」機動力の売りは「売り切れ!」にした。ただし、さすがにジッツオである!ビタっと決まる(笑)。好い写真の撮れる予感が、ふつふつと湧いてきて、さらに「ニンマリ」で、傍目「一目」気持ちが悪いであろう。脚は好みの高さに「既に」伸ばしておくと云う「手際の良さ!」。

どんどん、晴れてきた!

今からでも。スタンバイしたい気分で、高揚してきた!「いかん」睡眠を取らねば・・・。それにしても「勝負どころ」が多すぎる!この手応え、いつまで?続くんだろうか?このジッツオ、かのモネとかその時代の巨匠たちを撮ったであろう。で、ヨーロッパと日本をなん度も往復している筈?で。4X5が乗っかんていたんだろうけれど。廃墟の埃にまみれていたのを「復刻」させた後。跡形もなく、レストアした(笑)。見るも無残といった方が善い。風格は物の見事に失せた!

で、今度は小生がこのジッツオで傑作を仕上げて、作品が「海」を渡るんだ!

それにしても。アルティザンが仕上げたプロフェッショナルの「道具」は素晴らしい!ブラッボーである!雲台は機関銃の台座を彷彿させ、脚はがっしりと大地に止める。好い写真が撮れない訳が無い!

ハイテンションは続く!


















[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-01-30 14:57