四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
今年も後、3日かあ?今年もまた、年賀状に取り掛かって無い。年賀切手(お年玉くじ付き)だのインクジェット紙だの
と、準備はある。そこまでは毎年やる、そこまで用意して「手」をつけない年もある「その時」は新年早々、お叱りの電話が鳴る!で、どうあがいても「お後」3日である・・・。作品の仕上げに年末はいつになく「真面目」にパソコンに向かったせいか?いろんな面で順調ではあるが眠いのか疲労なのかわからない「気だるさやる気なさ」と延々、お付き合いの談である。寝ても覚めても「それが」とれない?で、写真がいくつか売れたときにだけ「元気」になる(笑)。毎月の楽しみがその「ひととき」の締め日のレポートに売り上げが上がっているか否か?

老人写真家の小さな小さな「夢」がそこに展開している(笑)。「歯」の全面工事の平成の大修理が年内に完成、完了したのが朗報!3月からの長丁場だった話は前にも書いた。今は味覚をたっぷりと楽しくゆったりと「心」の余裕ですらある。歯はつくづく大事だと今にして気づいた。で、情報たっぷり、ボリュームたっぷりの月刊誌「シンプル」の新刊が届くと「熟読」の日々の中で、特に歯がしっかりとしたんで「肉料理」は穴があくほどチェックする「きょうこのごろ」で、これが写真撮影のパワーの源である!今月は「特に」味覚フルコースの一冊なんで、楽しすぎる!

その年末?もうそろそろ。リストラ、引退、定年、卒業、クビ・・・だと思っていた「ジャンル」からオファーがあって、現役復帰?なんてえ「コト」も。2018年は秋に65歳である。頭の中はこうだ!すしざんまいのポイントカードを埋めるコト!(もう、少しでゴール!)、鰻フルコース完食!焼肉屋、廻り!イタリアン!中華!餃子!が「今の」優先順位である!周りのリクエストはこうだ!亀山の亀八!名古屋の手羽先!北陸の蟹!

で、ついでの「自称」風景写真家である。昨日の朝はおはらい町でレンズを向けてたら?「それ、全くの趣味ですねえ!」と嬉しそうなお顔の御仁から何度も何度も繰り返し話しかけられた!ズバリである!本音としての心境は全く悪くないどころか「快感」でさえある。もう一言、付け加えるならば「写真馬鹿」でも好い!

これって、最上級の褒め言葉であると小生は確信している!










[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-12-29 07:54