四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
この冬は二十四節気の文言にほぼ、ふさわしい「風景」「光景」「四季彩」が展開されていて、季節感が
良い感じで撮れている!で、移動なんだけれど白い季節の現場の「徒歩」がやばい!足元おぼつかないところへ「スリップ」の恐怖が半端じゃない!そんな中、ドライブは快適快調そのもので、BSのスタッドレスのハイポテンシャルに守られて、無敵である!山岳のアイスバーン&積雪を物ともせずに走破!いろんな方向からストレスが車に行くんで、普段かからないストレスなんで、車の心配をしないといけないようで、それがおかしい・・・。

まだ、しばらくは最低気温が継続のようで?このタイミングの積雪の「旬」にジャストミート出来ればと24Hフルタイム超過勤務の談である。勝負をかけている!(笑)。

出かける先で本当に親切に地元の方に声(旬の撮影情報)をかけていただくんで楽しい「結果」の連続である。感謝!

出掛けの初めの庭先で、南天の実を啄む野鳥と鉢合わせ!いつもカメラを持って歩いてるんで、向こうもこっちも「普段」であり「日常」なもんで、距離は200−500の撮影最短距離!ホバリングかと思えば枝に止まり、陽だまり風裏へ移動しては種を吐き出す。その繰り返し・・・南天の実が黄色で、これが美味いらしい?結構な数を食っている。

この「生き物たち」との素晴らしい関係は実に楽しくて嬉しい「ひととき」を過ごせている。

水道。凍りませんように!(消灯)・・・。













[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-01-28 02:50