四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
眠らない「夜」が明けてくる!雲が染まり、朝陽を受けて山が瞬間「燃える!」ーーー。
夜行性の声が失せ、野鳥が目覚める!昨晩は「狐」に化かされた?狐が一匹〜狐が二匹〜狐が五匹と出逢った!この季節に山では「初」であった。その数もーーーそこにはウリ坊を連れた巨大灰色イノシシのシルエットが浮かび、超デンジャラスでカメラを携えての追跡は流石に止めて「逃して」「見送って」ーーー。

峠の樹洞では「出たり入ったり」のムササビにアオバズクは餌を運び、こっちも樹間を目にも留まらぬ速さで右に左に滑空、飛翔して行くので飽きない。ムササビは鳴き声をあげて移動するのでわかりやすいが、アオバズクは音も皆無である。ただし、番いには「何か?」のシグナルの交換がわかっていて、時折。二羽で森の漆黒の闇を飛翔する「ひととき」も巡る!餌の虫、蛾の類が無数に闇に湧く「食物連鎖」の楽園であった。



b0169522_05345027.jpg



里山の水田にはこれも番いで「蝶」が二つ、風に舞う!伊勢、二十四節気。梅雨入りから夏至への営みを観る!



b0169522_05373061.jpg



b0169522_05382651.jpg



伊勢悠久の森の豊かさが多くの「いきものたち」の「生命」を育む。それは梅雨の豊満な水の循環が「五十鈴川流域」を潤し、流れているからに他ならない。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-06-12 05:47