四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
正月飾りを変えてみた。玄関先の年中飾るのは「千客万来」にした。で、家周り三ヶ所も形態を変えた。慣例に合わさず、
しばらく飾っておこうと思う。年末も飾る日はいつが良いとか言う日があったらしいが、こっちの都合で気分で飾る日を決行した。気候も二十四節気の風景四季彩が伊勢ではかなりの隔たりもある。独断と偏見による独自の春夏秋冬に変えたい思いも昔からある。やはり目の前の光景に無理矢理はよろしくない。

早速効果があって、先に楽しそうなワクワクするオファーを複数頂く。65歳になって誰に気を使うでもなくと言う年齢が良い。言葉だけの対等では無く心から対等と言うのがほとんど無いのが今までだった。気を遣わすのも良く無いけれど気を使うのはもっと良く無い。

今年は重要な出番が多そうだ!予感では無く実際の流れが来ている!撮影機材周りのアクセサリーも完璧に揃って来たし、使いこなせてきた感がある。笑顔がある所には笑顔が集まる。人の世の常である。

毎回安打の極上の星空との出会いが、心を豊かにして「悟り」が舞い降りる。

b0169522_08504965.jpg
星空は今。夏・秋・冬、春、夏と四つの季節が一晩で展開する。さらに夕方には三日月、北の空には彗星、明け方の空には明星!で、地上でも四季彩。で、朝日の頃が一番「眠い」と言うのは如何なものか?まあ、ええか(笑)。めでたしめでたし・・・。

当たり前のことだが。それにしても良く冷えるなあ〜!

眼鏡を丸目に変えたら、周りが円満になり、笑いが増えた!運気も好い!視覚も全周魚眼で随分激写した!内も外もどっぷりと真ん丸の生活(笑)。で、折れて抜けた歯がバッチリ修復されたのも大きい!自然と笑顔になると言うものだ。レントゲンを撮り、若干削り、その他諸々の処置をして頂き復活させて頂いた!これからは調子こいて卑しく喰らう「本能」を制御して、品良く食事出来ればなあ〜?焼き魚の頭も骨も尻尾も噛み砕き・巨峰の種も噛み砕き丸呑み・飴も舐めずに噛み砕きなどと傍目にも?が、災いした前歯の「骨折!」であった訳で・・・。

65歳、してはいけない「覚え書」を出かけの玄関のドアに張り付けて、外出したら多少の効果効用は見込めるかも知れん?ただし、若い頃からの付き合いの輩であるが、どんぶり飯が単位では無くて、炊飯ジャーをひと喰らい!酒も一升瓶が転がり、国際線貸切(出国)の折は酒が底を突き、ツマミが無いとなって「翌朝」の朝食が出された!で、バチが当たり?日程をこなして意気揚々の帰国便が台風で大きく揺れて滑走路に翼が当たるかと思うシーンの後、名古屋に降りれず!機長のアナウンスがONのままで、・・・エアポート・TOKYO ! ・・・

人として、修養するには「禅」とか「懺悔」とか?そう遠く無い「昔」、由緒ある山寺の住職に「賽の河原」の話を受けたことがある。百八つもある煩悩とどう向き合って行けるのか?65歳の新春覚え書!・・・さて、一つ目は?

日々是、好転・好天・好日。
澄み切った朝である。快晴の空を染め、風景に色彩。太陽は万物の生命の「源」にあり・・・温もりである。
月が真っ白な光を放ち、闇を浮かび上がらせ、森にいくつもの影を宿らせ、海の波を輝かせる。
星明りに影が出来る。人口灯火との融合の暖かさである。宇宙と人が出会う。

宇宙の鼓動が大気を切り裂き!生命が目覚める!そして、眠る!

2月の頭までは厳冬であると頭に言い聞かせて何十年も冬を越えて来てんだけれど。実際は天も地も春の「兆し」を送って来る。熊野では陽だまりは「春爛漫」!何かすると暑い陽射しに汗ばむ!(笑)。とにかく、三重県は読みずらい?

作品は伊勢・伊勢志摩を中心に一年分まとめて「裁きの庭」へ。で、世界発信の労をお願いしている。売れないと家族に肩身が狭い?そろそろ、去年の一年分に取り掛かりたい。未だ「RAW」のまま、ハードデスクに眠っている。まあ、利子の付かない貯金と思えば?安心感もある(笑)。著作権も益々の強化が世界規模の潮流なんで、小生なんかも所属する写真家協会に弁護士さんが控えていて、個人で動かなくても手強いサポートが存在する!

長い歳月を経て、様々なプロセスが存在して、長い長いプロフェッショナルとしての経験、体験の勝敗の繰り返しの今の目の前に「世界発信」へのマーケットの扉が大きく開いている!まずは8Kをクリアすること。「静」と「動」の画像のコンビネーションはフリーランスの身軽さがジャストミートする時代である。

瞬きの瞬間よりも速く、より美しい色彩をアートするコト。コントロール出来ない創造力に立ち向かうコトこそが自己の個性で有り唯一無二であるに違いない!









by syashinkouboutabi | 2019-01-09 08:59