四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
二十四節気「大寒」の週に突入!伊勢志摩最高峰「朝熊山」の稜線に立つ!極寒の季節は伊勢湾からの
噴きあげる烈風に曝される!その先のシルエットは3000m級の日本アルプスの頂の稜線を遠望する!御嶽・乗鞍岳・南アルプス・そして霊峰富士山を見る!朝陽の頃、微かに雪を抱いた山容が染まり、浮かび上がる!夢か現か幻か?感動の「ひととき」はいくつかの瞬きの後に失せた!

b0169522_05304950.jpg
b0169522_05310774.jpg
b0169522_05312138.jpg

極悪の撮影条件の先に「極上」の「ひととき」と出会う!氷点下の大気が唸り、時に吹き飛ばされて身を屈め、冷たさの凍える先に痛みが襲い感覚が失せて行く「素手」を通してシャッターが切られて行く!その感覚も失せて無くなり、泣きそうになる心を奮い立たせ、もう一枚、もう一枚と前に進む!

そんな世界が伊勢志摩には存在する・・・。東西南北の限界線上の春夏秋冬その四季自然風景が素晴らしい光景を見せてくれる!山はもう、眺めるだけで好い。登頂などとは・・・。立って歩けるうちはの「一期一会」にしたってそりゃあ大変な荷物を携えて足元覚束ない身の上を自覚して。人より先へ先への人生をちっとは控えたい。わずかのポジションどりで向かい風と無風が同居するコトを厳冬の大自然から教えられ気が付いたのが65歳であった(笑)・・・。全く、もう・・・。

で、風景写真家&映像作家宣言 ! 2020年 新春 ! エッセイを写真に添えて、語るステージもご用意していただけると言う。運を天に任せて「まとまらない話」の続きを人前で喋ることになる。伊勢志摩「発」作家宣言の「春」が来た!

閑話休題・・・防寒着の最高のアイテムは雨合羽である。湿気を放出して尚、保温と言う「優れモノ」である。そしてスキーウィエアである。重ね着のアイテムとして他のジャンルのアノラックやらパーカーは無限の選択である。頭・手先・首元・足先の保温も気候、天候、季節できめ細かく対応できる。全てのアイテムでメーカーが確実にデータを持っており、カタログスペックでリリースしている。

心身は労わるが案外カメラを労っていない。レンズ前は仕方ないとしてもレンズボディーをできる限り外気直撃は回避したい。季節問わずにいきなり結露の限界に突入することがあり、その場でジ・エンドとなる。このジャンルもアイテムは揃っている。・・・反省。

伊勢志摩から___「旅の一枚」。鳥羽湾・伊勢湾・伊良湖水道の日の出前。富士山に薄っすらと朝陽が届き始めたかな?と云う頃合い。大気が烈風に揺れて目を開けているのがやっとの視界に絶海の離島、神島の漁港の灯りも消えかけたそのひととき。鳥羽へ出港の船である。

b0169522_02120881.jpg

伊勢志摩最高峰。神仏習合の聖地、朝熊山から「旅の一枚」が撮れた!                    ( 写真・文 たかだけんじ )




by syashinkouboutabi | 2019-01-15 05:53