人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
昨日、気圧配置は真冬ならば「快晴」を約束するも「春」は全てをランダムにする。太陽が顔を出して、
汗ばむので、Tシャツ・フリース・ヤッケ・カメラマンベストの春バージョンの衣を一枚、二枚と脱ごうと思いながら「強風が吹く」の予報にためらったまま「午後」は吹きっさらしのフィールドへ出たら、雲が出て、風が出て、氷雨が舞った!冬支度ではないウエアーの所へ冬に逆戻りで泣いて震えて凍えんだ!(最低)

まさに三寒四温の洗礼を受けた!途中、スマホに松阪は「雨!」の情報が入り、半信半疑で鈴鹿の空を見上げて笑いで返した・・・現場の最新情報をなめたら「あかん」と深く反省!スマホ情報は運命を左右するとようやくスマホの利便性の恩恵?を理解し始めた今日この頃です(笑)。

画像のバックアップ、セレクト、伝送(納品)&ジャンルによっては作品、ストックフォト用の画像処理が多種多様。フィルムの時代にもあった合成処理。嘘を創り上げる合成では無く本物をより良く見せる為の合成の話。パソコンで仕上げるので、明るい部屋で何度でもやり直しが効いてテクニックは寸分もらさず記憶出来るのが売りである。すごい時代である!

若い頃、天井まで届く大きな引き伸ばし機を据えた暗室を家を新築するタイミングでデザインした。撮影ーフィルム現像ープリント引き伸ばしープラス原稿添付。今思えば、まさにテクニックと自身の感性を信じ、駆使して「夢」を追った!40歳代で、革命が起きた!印刷から始まったデジタルへのウエーブは遅れて撮影機材を嫌が上でも巻き込んだ!業界最前線のみんなの頭の中だけが遅れていた。ごく一部の人達を除いて・・・。

運良くその「一部」に誘われて今がある!(感謝)。日本最速でデジカメ( Nikon D-1 )だけを手にして他はスキルも知識も経験も何も無かった(笑)。使いたいと言う思いだけが突っ走っていた!そこへ「夢のような」電話が名古屋から入った。この話はその頃書いたので省略(笑)。

で、時代がどんどん進化して、人の繋がりも最高で求めていた夢の先に辿り着くことも万に一つかも知れないが手に届き、それが人に求められるようになり。喜びを共有できるようになるとこれは65歳の小生にとっては正に生き甲斐であるに違いない(笑)。

そこへさらなる高みの領域で進化を続ける人達との出会いがあって、人生最高のひとときに余命を面白く楽しみシャッターを切り、マウスを押している(笑)。目標は75歳まで「現役」と思っているが思いの外、心臓、足腰、眼、頭も老化と痛みは悪い方に加速度的に向かっている実感があって、まあ、其れも。人生だから嘆かず、焦らず、諦めず、最後まで往生際悪くマイペースでゆこうかな(笑)。

伊勢志摩にも二十四節気「啓蟄」の候。で、太陽輝く!二日過ぎて、撮影時の正装「短パン」をデビューと相成った(笑)流石に65歳でいきなりはヤバイかなとパタゴニアのアンダータイツ(濡れてもOK)と重ね履き!上半身はアンダー・ジャージ・フリース・ヤッケ(笑)。で、頭はニット帽と言うアンバランス?出かける先でこんなのが欲しいと言う「リクエスト」が風景写真には有って、最初が熊野、その次が意外や伊勢志摩!で、仕事に掛かったのが30数年前で、現在進行形!

そのなぜ?を直接聴いているのでそのアドバンテージが大きい。カメラとレンズが最高のマッチングでパソコンのセッティングも世界基準を満たしており、最上級の仕上がりに自信に揺らぎが無くようやく作家を自負出来る。次なるステージへ進もう!

で、いよいよ。三月十日(日)午後より、写真教室&トークなど。伊勢志摩国立公園・横山ビジターセンターで講演。生憎の天気は小生の行いの悪さかな(笑)。写真の展示は三月一日(金)から開始していて、その後。二期に分け、五月十二日(日)までの予定。詳細は伊勢志摩経済新聞さんの取材記事に掲載中。ご一読を・・・。



b0169522_23585740.jpg
( C ) 泊正徳  by 伊勢志摩経済新聞
伊勢志摩経済新聞記事の詳細は、
https://iseshima.keizai.biz/headline/3175/
で、ご覧頂けます。


伊勢・伊勢志摩・四季自然四季彩・伊勢悠久の森・ワイルドライフ・二十四節気。美し国・伊勢志摩の美しき二十四の季節の素晴らしさを!












by syashinkouboutabi | 2019-03-08 06:38