人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
伊勢志摩国立公園「伝説の森」。平成最後の夜から令和最初の夜は「歓喜」と「失望」となる「水」の循環があって、真冬並みの寒気の後に
暖気の訪れに伴う「乾季」のち「雨期」「大雨」のアンバランスにある物は餌(ミミズ)が湧き出した森で丸々と肥えて、ある物はその水の多さが災いして「命」を落としていた!自然界は全てに「生き物たち」に決して平等では無いのだ!それが自然界の摂理であり、掟なのかも知れない?ただし、落とした命が水中で待つ「別の命」の糧となり命を救うのだ!それが食物連鎖の方程式の答えなのだ!

b0169522_06292634.jpg
b0169522_06293455.jpg

b0169522_06294601.jpg
b0169522_06360970.jpg
森もまさにゴールデンウィークで。イノシシ、たぬき、アナグマが普段の何倍もの頭数が出没してまるで動物園のように人前で餌を夢中になってほうばるのであった!
 
b0169522_06402272.jpg
かたや、モリアオガエルの水辺では連日の大雨に叩かれて溶け落ちた卵塊が・・・。

今年の森は何十年に一度の「遭遇」を期待させるに十二分な予感を彷彿させてくれている!



絶体絶命のスケジュールは自然界を相手だから現場に立つまで判らない!今朝は結果的には好判断になったものの一回スルーして荒天が続いていて「花」の「旬」を含んでいたんで「今日」がギリギリ最終日の花具合だった!星空はまだ余裕のスケジュールを残してはいたが「五月晴れ」のビンゴ!ただし、なんちゅう「寒さ!」に凍えて震えた!

モリアオガエルの卵魂も悪天候で樹上に残ったのが「ひとつ」表面が固まっていて一安心なんだけれど。次が続かない!

いよいよ、生き物たちが初夏の胎動に生き生きして来て、梅雨を挟んでますます活気付くであろう。生命が最も輝く季節到来!

で、撮影機材がいつになく「充実」した「ラインナップ」でまさに「完璧」の布陣!如何なる出会いも見逃さずシュートできる事はデジカメにチェンジしてから「初」であり被写体に立ち向かう「間合い」の瞬間の判断にも「余裕」を生んでいる!最高の結果に次から次へのプレゼンテーションも見たこともない「感動」を自信を持って送り届け続けられる「完成度」が満ち満ちて来た!既成概念や生半可な型をぶっ壊し続けた「先に」最高の型が舞い降りたのが皮肉であり面白い!(笑)まあ、また?壊し続ければ好い!それが小生の人生であり普遍である。生きてる悦こびがそこいらへんにある(笑)

名刺も印刷会社にお願いを入れて「完成形」にどうやらなって来て「世界戦略」の「型」も整い、膨大な在庫の「作品」に「生命感」を「注入」する「仕上げ」の「意欲」も「迷い無く」ふつふつと目覚めて来て、こりゃあ面白いことになるぞと一人ほくそ笑んでいる(笑)ついに来たかな?

65歳での作品創造は一人で使い切る限界のカメラボディー3台体制になりレンズは勿論、夜間には照明&ストロボも重量は馬鹿にならない!その他、電池、バッテリーの予備などとなる。場合によっては一脚、脚立、三脚3本の重量が加算される!これは趣味道楽の「粋」を超えた「行」である。で、休み無くシャッターを切れる感動のテーマがあって、そりゃあ恐ろしい容量とカット数が面白いように増えて行き「内職」が担保され続けるのである(笑)。




(   写真と文   たかだけんじ   )

by syashinkouboutabi | 2019-05-01 06:54