人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
実はジャンルによっては2017年12月撮影分の仕上げが出来ておらずに。と言う事は?2018年も丸々残っており、
2019年も8月となり、次々と「新作」が撮影され、本日も買い物散歩がてらのスナップショットがバックアップされた!想い出すのは?図体がデカイが実は「巣立ち雛」だったと言うのがある。親鳥のように機敏かつ余裕が無くて「どっちへ?どっちへ行こう飛ぼう!?」と言う感じで、小生の気配から中々、遠ざかれない(笑)。秋に様々な猛禽類が伊勢湾を越えて来て伊勢悠久の森を通過しながら休んで行くのがルートの一つとされているが。留鳥になる場合もある!ハチクマ・サシバ・クマタカ・トビなど次々と営巣である!今の季節。オオコノハズク ・アオバズクが子育て真っ只中!この地は何と「生物多様性」の核にあるに違いない!

b0169522_23225245.jpg
自宅を出るとトンネルがあって、抜けると公園でここが時に野鳥のいわゆる珍鳥ポイントでもある。そこを抜けると五十鈴川の橋を渡る。水田を中心に畑や柿の木や花畑にウシガエルの池と多彩な里山となり、五十鈴川は中流域の景観である。地道の土手やら畦道と片道小一時間ほど散歩の散策件で某ショッピンセンターで日用品を買いだす名目で歩く。二十四節気の画像は大抵ここいら辺で賄っている(笑)。

で、反対方向へ五十鈴川を遡上する旧五ヶ所街道を剣峠へ向かう道がワイルドライフ24H!であり、越えてR260を南伊勢町の信号交差点を左折で豊饒の海を巡る伊勢志摩半島の各地へ。右折で星空風景のメッカ熊野灘沿いの紀伊山系を目指す。今年の真夏の天の川は特別に美しい!台風の風が運ぶ「大気」の影響であろうか?「火の鳥」アカショウビンの巣立ちは晴れ間が訪れた2日目の一気の太陽光線が眩しい森で4羽の雛が巣立ったが、丸々1日をかけて変則な時間を費やしたのも悪天候が延々と続いたせいかも知れない?それにしても10年ぶりの快挙の報でもある。生き物たちの楽園は伊勢志摩最高峰、朝熊山から伊勢悠久の森の類稀な食物連鎖に守られて生命を連綿と繋いで行く・・・。

b0169522_23335314.jpg
好物のアイスクリームや冷凍食品は流石に買うわけにはゆかないが、寿司などはリュックに入れてユッサユッサと持ち帰ると並びが崩れ片寄ってこんなに少ないんだといつも思う。今日も良く晴れて太陽は熱射!一日中暑かったけれど。風が結構吹いていて、多少汗ばむ程度で心地好いくらいだから2時間カメラを持ってリュックを背負い、ショルダーバックを肩に掛けのいでたちでも「腹」がへっこむほどの運動にはなってない(泣)。アイスボトルのドリンクも一口も口を付けなかった!

b0169522_23425262.jpg
部屋の中だと当たり前だが「風」は吹かない。田舎なんで窓を開けてると近頃はメインがヤモリ・ムカデ・蜘蛛・ハチ・蚊・ブヨなど枚挙いとまない「出入り」が確認される。で、扇風機とエアコンの出番なんであるが「快適」なはずの電化が実は不快この上ない!?エアコンのパワーが屋内に篭った暑さを処理出来ない近頃の夏であるのだ。この夏は灼熱の高気温ではあるが汗を流し風に吹かれている方がよほど快適で健康なんである。エアコンは喉にも宜しくない。電気代も跳ね上がるしなあー(泣)ここが一番健康に悪いかも知れん(笑)。

デジカメの容量にパソコンが悲鳴を上げる!RAWからの展開で16bitTIFFで多少好みに仕上げてから8bit-jpegと1カット3パターンの画像を展開させて行くんだけれど。サクサク作動してくれるのはmac pro しかない。ジャンル別にラインナップとなればベストなんだけれどなあー。この夏からNikon D850 もフィッシュアイ8-15と強力タッグを組んで星空風景をガンガンアートしてくれる。先のアカショウビンの巣立ちでは4K動画も最高のクウォリティーでゲット!この先に予定するタイムラプスや天体写真の合成では群を抜くアートを展開させる予感である。で、更なる高画素のミラーレス機への切り替えは急務なんで。更にパソコンのパフォーマンスに依存する訳だからこの先が悩ましい!そのミラーレス機の Nikon Z7 は春先。早咲きの桜前線を追って「激写!?」した。不思議な感覚の連続で、機材のフォルムも相まって「第四世代」と人の言う。間違いなく「次の」時代、世代を担うレスポンス・ハイクウォリティを予感させ「使う」喜びを感じさせる「道具」に違いない!

b0169522_23431039.jpg
夕方雲が出たが、今。上限過ぎの月が煌々と照り、快晴の空となる。月が沈んだら、夜明けまでペルセウス座流星群を全周魚眼で待ち受ける!で、午前中は泥のように眠り、元気が戻れば!ランチタイムをと思う。で、そこで疲労困憊なら更に昼寝の追加を貪るんで、電話が繋がらないとお叱りを受けながら?なんとかマイペースの談である。

調子をこいてると痛い目にあうかも知れないが?最初のカテーテルアブレーションから7年目の秋が近くに当たり、世間一般論であるが当に「山場」は過ぎてんだろうなあ?ただし、時折「やばい!」は体感する。かと言ってこのまあ「老衰」までおとなしくと言うのも癪に触るではないか?折角、生命を繋いで頂いた「救急車スタッフ」「医局の方々」「家族」「知人友人」の皆様にアイツやるやないかと!?足跡をここいらで一つ、二つ記憶に残せるもならと目論んでいる(笑)。それがいわゆる助けて活かされ頂いていることへのささやかな恩返しなのかな?と・・・。

残った手立ては人生で飽きもせず、半世紀以上に渡って取り組んで来た「写真」しか小生には表現のしようが無いと言うか絶対的自信である(笑)。立って歩ける内は?(続)たかだけんじのフォトエッセイ!


(       文と写真   たかだけんじ       )

by syashinkouboutabi | 2019-08-08 23:51